子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 国..
by march_usagi at 16:55
話には聞いていましたが、..
by otyukun at 08:29
otyukunさま そ..
by march_usagi at 10:09
良い旅行ですね。 日程..
by otyukun at 06:56
otyukunさま 海..
by march_usagi at 09:18
歴戦の勇士よさらばですね..
by otyukun at 16:37
ター公へ とにかくうだ..
by march_usagi at 08:53
otyukunさま う..
by march_usagi at 09:23
やはり加齢が原因だと思い..
by otyukun at 23:00
otyukunさま ..
by march_usagi at 12:37
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
四千年の故宮
at 2018-04-21 00:00
のんびりするのだ、台湾旅行
at 2018-04-14 00:14
古いつきあい‥‥‥スーツケー..
at 2018-04-07 00:00
眠い!
at 2018-03-31 00:00
ちょっとだけお休み
at 2018-03-10 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幸せの二眼レフ

家を整理中の知人から、古いカメラをいただきました。

お父さまが使われていた二眼レフです。

a0278809_13505834.jpg

上のレンズでピントを合わせ、下のレンズで撮影します。

60×6060×70)サイズの、ブローニーと呼ばれる中判フィルムを使用します。

a0278809_13512925.jpg

フィルムの装填部分‥‥‥

a0278809_13515028.jpg

レバーを一回転させてフィルムを送ります。

カラーとモノクロのシャッター速度が指定されているのがおもしろい。


ピントは

a0278809_13522335.jpg

左右にレバーを振る方式になっていました。

慣れると使いやすいかもしれません。

a0278809_13524230.jpg

ファインダーの画像も思ったより鮮明で、悩むことはなさそうです。


昔のカメラらしく、

a0278809_13530466.jpg

皮のケースにはいって、

a0278809_13532753.jpg

レンズフードとフィルターもついていました。小さくてかわいい。


デジタルが隆盛となる以前、

中判カメラは、通常の35ミリとはレベルの違う、より高品質な撮影に使われていました。


わたしも娘の七五三に、中判の名機ハッセルブラッドを借りて撮影したことがあります。

a0278809_13535143.jpg

ボシャッというシャッター音とともに、小さな幸せが写しとられました。

a0278809_13541838.jpg

このカメラ、

ネットで調べたら、1955年発売の「ミノルタコード・オートマット」という機種でした。

生産台数はさほど多くないようです。


とはいえ当時最新鋭の二眼レフ‥‥‥

お父さまは、わくわくしながら幸せを写しとられたのだろうな、‥‥‥

そんな風に思いました。

a0278809_13545191.jpg


[PR]
by march_usagi | 2018-02-24 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

大漁、大漁!

ひとって思っている以上に時間にしばられているのですね。

退職して一番感じたのは曜日のしばりです。

a0278809_17210363.jpg

たとえば鳥を観にいこうと思っても、土日が雨ではあきらめるしかない。

せっかく無風の晴天でも、ウィークデイは仕事でいけない。


それがなくなりました。

a0278809_17213591.jpg

思いついたらいつでも行ける♪


早速いつものフィールドにいきました。

職場の皆さん、ごめんなさい、ウィークデイです。

a0278809_17220173.jpg

あたりまえかもしれませんが、ひとがいません。

土日、ロードレース仕様の自転車がびゅんびゅん走る川沿いの道も、今日はひっそりと静まりかえっています。


たまにあうのはお爺さん‥‥‥いかにもご隠居といった、ひまそうな方々‥‥‥

もっともむこうから見ればわたしもそうなんでしょうねぇ♪

a0278809_17223311.jpg

カワセミは、いつもどおり姿を見せてくれました。

a0278809_17225341.jpg

a0278809_17231507.jpg

アオサギやカワウのような常連さんは云わずもがな、

a0278809_17233943.jpg

モズや、

a0278809_17235965.jpg

イソヒヨドリ、

a0278809_17242260.jpg

キジなど、

ふだんあまり顔を見せてくれない鳥も現れます。

a0278809_17244319.jpg

夏に幼鳥を見かけただけだったゴイサギも、水辺でしっかり獲物をねらっていました。

そして、

a0278809_17250744.jpg

a0278809_17252615.jpg

貫録たっぷりのノスリ‥‥‥


大漁です!

一日でこんなに観られるなんて思わなかった。

a0278809_17254557.jpg

大人や少年たちのいないグラウンドを、小さな子どもたちが駆けぬけていきました。


[PR]
by march_usagi | 2018-02-17 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

目からウロコ‥‥‥『知ってはいけない』

買うときは、いわゆる「トンでも本」かな、と思いました。

a0278809_11404335.jpg

『知ってはいけない』 著者矢部宏冶 講談社


題からして、なんとなくいかがわしい。


でもすぐに、きちんと裏どりした書であることがわかりました。

いままで不思議に思っていたことが、すらすらと解ける。


たとえば米軍が犯罪や事故を起こしても、日本の警察が逮捕できない‥‥‥不思議だったんですよね。

この本によれば、これって日米合同委員会でこうした密約がかわされていたから


「裁判権放棄密約」 日本側はいちじるしく重要な事件以外は、裁判権を行使しない(19531028日)

「身柄引き渡し密約」 米軍関係者による犯罪が、公務中に行われたものかどうかわからないときは、容疑者の身柄を米軍に引き渡す(19531022日)


公務中であれば、もちろん米軍が確保します。

「わからない」という場合も、「公務中」かどうかを云えるのは米軍だけですから、結局被疑者の身柄は米軍に引き渡すことになる‥‥‥


なるほど、被疑者が日本の裁判にかけられることなく、いつのまにか帰国しちゃってるって、こういうことだったんですね!


2015年の戦争法案のとき、政府側の論拠として「砂川判決」がもちだされましたね。

なんで今ごろそんな判例もちだしたのか、よくわからなかったのですが、あれは重要だった。


砂川判決は要約すれば、

「安保条約のような重大で高度な政治性を持つ問題については、最高裁は憲法判断をしなくていい」

ということだそうでして、

つまり安保条約や、「安保条約のような」ものは、憲法を超越したものである、

戦争法も「そのような」重大で高度な政治性を持つ問題なのだから、市民は「憲法違反」だなどとつべこべ云っても意味がない、


とこういうわけだったんですね。

なるほど!


そんなこんなが、わかりやすく、コンパクトにまとめてあります。

長々とご紹介するわけにいきませんが、ずっと不思議だった日本と安保・米軍との関係がずいぶん見通しよくなりました。

a0278809_11404358.jpg


目からウロコの本であります。






[PR]
by march_usagi | 2018-02-10 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(2)

娘のスキットル

職を終えた晩に、

a0278809_16110836.jpg

娘がお祝いをくれました。

a0278809_16113148.jpg

錫のスキットルです。

お酒をいれて野外をもちあるく小型の水筒‥‥‥と云えばよいでしょうか?


何ヶ月もまえから計画して、

a0278809_16120070.jpg

花文字のイニシャルも彫りこんでくれました。

メーカー本国のマレーシアでいれてくれたのだとか‥‥‥


なにを詰めようか、ちょっと悩みます。

パーにしようか、シーヴァスにしようか、それとも奮発してジョニー・ウォーカーの青ラベルにしてみようか‥‥‥

a0278809_16122560.jpg

結局、シーヴァスにしました。

やはり気のあったやつがいいだろうな、

深いつきあいになるのだし。

a0278809_16124912.jpg

a0278809_16130575.jpg

いろんなフィールドがひろがります。


すてきな夢を、‥‥‥ありがとう♪

a0278809_16154028.jpg


[PR]
by march_usagi | 2018-02-03 00:00 | そのほか | Trackback | Comments(2)