人気ブログランキング |

子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
今晩は。 凄いショーが..
by otyukun at 23:26
otyukunさま 若..
by march_usagi at 08:58
懐かしい名前ですね。 ..
by otyukun at 21:09
otyukunさま 楽..
by march_usagi at 09:06
楽しい遠足に行かれた様で..
by otyukun at 22:00
otyukunさま お..
by march_usagi at 16:51
工房のパソコンから失礼し..
by otyukun at 15:19
現実の歴史のなかで、戦争..
by march_usagi at 09:32
世界中、歴史の中身は戦争..
by otyukun at 23:49
otyukunさま た..
by march_usagi at 09:51
最新のトラックバック
リゾルト
from リゾルト
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
チータランのときめき
at 2019-04-20 00:00
牧水と酒と父(父の三十三回忌..
at 2019-04-13 00:00
白鳥は哀しからずや
at 2019-04-06 00:00
貝のみた夢‥‥‥化石堀り体験
at 2019-03-30 00:00
おいしいじゃないか、琉球!‥..
at 2019-03-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

カテゴリ:おいしいもの好き?( 53 )

おいしいじゃないか、琉球!‥‥‥沖縄⑧ 最終編

「沖縄の食べものはおいしくない」

誰からきいたのか、そんな思いこみがありました。

a0278809_10382785.jpg

でもガイドブックには旨そうなものがならんでいる。

ここは試してみなくっちゃ♪


鼻がきかないときは、地元のひとに聞くのが一番です。

a0278809_10385227.jpg

タクシーの運転手さんに案内してもらったのがここ‥‥‥琉球の郷土料理では名のあるお店とか‥‥‥

a0278809_10391716.jpg

グルクンの一夜干し‥‥‥身が厚いわりにさっぱりとした味わいだし、刺身もいけるだろうなぁ。

a0278809_10393967.jpg

からし菜と豆腐を炒りつけたチキナーイリチーです。

チャンプルーとはちがったコクがビールを誘います。

a0278809_10400047.jpg

アイフォンなのであまり旨そうに見えませんが、豚のバラ肉を煮込んだラフテー‥‥‥脂身もろともお肉が舌に溶けていくみたいでした。

a0278809_10402462.jpg

とりわけ気にいったのが島ラッキョウ!

こんなに酒と相性いい肴はないんじゃないかなぁ。

a0278809_10405160.jpg

朝ごはんで感動したのは、「おばあのおにぎり」です。

奥間のホテルで、地元のおばあちゃんが目の前でつくってくれました。

a0278809_10411675.jpg

海苔をひろげてご飯を平にしき、真ん中から半分の側に具をのせていきます。

欠かせないのがこんがり焼いたスパムと薄めの卵焼き、味つけの油味噌です。

わたしはこれに青菜とニンジン、ツナもいれてもらいました。

海苔とご飯の片側を具のほうへぱたんとのっけて、くっくっと押さえればできあがり。


琉球風サンドイッチご飯、かな。

a0278809_10415618.jpg

試したかったのがハンバーガーでした。

わたしの地元には横須賀バーガーというものがありまして、近年なかなかの人気‥‥‥行列ができるほどでありますが、

沖縄のバーガーも負けず劣らずうまいという‥‥‥米兵の存在が大きいのでしょうね。

a0278809_10421797.jpg

評判のお店へやってきました。

こちらの看板は「氾濫バーガー」‥‥‥

a0278809_10423895.jpg

これです。

大きさの比較になるものがありませんが、身長およそ20cm

下敷きのバンのうえにチーズをすだれ状に焼いたものがのりまして、

そのうえにお肉のパティが2枚、

さらに厚さ3 cmほどの(センチですからね!)ハムを焼いたやつ、

トマトとタマネギのソースがかかり、

レタスがざっくり、

わけわからなくなりますが、ホワイトソースがでらでらのって、

とどめにお肉のパティがもう1枚、

蓋のバンがどでかいピクルスもろとも串刺しにされたところで全体がたちあがります。

a0278809_10430354.jpg

a0278809_10432024.jpg

なんぼ大きな口があったってねぇ‥‥‥


深呼吸して果敢に挑戦しましたよ。

a0278809_10434695.jpg

しかしまぁ食べても食べてもなくならない。

永遠とも無限ともあの世に往ったかとも思える狂乱のランチタイム‥‥‥ほんと氾濫していくなぁ!

完食したときには意識もうすれていくようで、


ちなみにその日はもはやなにひとつ喉をとおりませんでした。

a0278809_10440888.jpg

それにしてもこの島は、

a0278809_10442849.jpg

おいしいものであふれていました。

誰だろ、旨くないなんて云うのは‥‥‥

わたしは‥‥‥また来たいなと思います、

食べる旅に♪


by march_usagi | 2019-03-23 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(0)

こんなものあるんだ!‥‥‥桂花のカップ麺

スーパーの棚をのぞいていたら、

a0278809_12105603.jpg

こんなものを見つけました。

「桂花」のカップ麺です。


ご存じの方もいらっしゃると思うのですが、

桂花は熊本ラーメンの専門店‥‥‥

a0278809_12111728.jpg

ちょっと変わったラーメンがあるというので、新宿の桂花に行ったのは70年代のはじめ、

半世紀も前になります‥‥‥学生運動真っ最中のころでした。

二幸前‥‥‥現在のアルタから歌舞伎町にいくあたりの、今でもごちゃごちゃした一角に、

これでもかというくらい狭い店舗がひょろひょろと建っていて、

a0278809_12113914.jpg

多少あきのある二階へは、先客の頭上をのり越えていかねばなりません。


とにかく変わった食べもので、

a0278809_12120177.jpg

まずそのにおい‥‥‥「匂い」って字では足りません、あきらかに「臭い」!

煮込みに煮込んだ豚の脂の強烈な刺激臭、

はじめ、これは喰えんな、と思ったくらいです。

でもこれが慣れてくると、旨そうに思えてくるから不思議。

a0278809_12122370.jpg

a0278809_12124093.jpg

麺も個性的です。

粉っぽいというか、本来のしなやかさにかけていて、

ちゅるちゅるっとすするのは困難、くしゃくしゃ噛まねばなりません。

でもこれまた慣れてくるとほどよい食感となるのであります。

a0278809_12125810.jpg

なんといってもミョウテケレンなのがスープ!

コクをとおりこして口蓋にへばりつくようなしつこさ、

においがうっとこもって、はじめは吐きだしたくなりました。不味い、と素直に思いました。

ところがこれまた病みつきとなるのですよ。ほんと不思議。


そんなこんなで、学生時代、どれくらい通っただろう。


社会人となって新宿に行くこともなくなりましたが、

桂花はある意味学生時代の味として、古きノスタルジアをかきたててくれたのであります。

a0278809_12131965.jpg

さて件のカップ麺‥‥‥です。

結果から申しますと

1. におい‥‥‥桂花ラーメンのにおいですね。薄まってはいるけれど、確かにあの店のにおいがします。

2. 麺‥‥‥粉っぽさの面影はありますが、ここはやはりカップ麺でした。ちゅるちゅるとすすれてしまって、個性的とはいいがたい。こうした商品の限界だと思います。

3. スープ‥‥‥薄めではありますが、こちらは間違いなく桂花の味。懐かしいまずさがよみがえってまいります。店舗ではどっさり入っていた山クラゲも、カップでは申し訳程度。でもはいっている。気づいたら全部飲みほしてしまいました。

総合的には桂花ラーメンのレプリカとしてありなんじゃないかな、

また買っちゃうかもしれません。

なんてこと考えながら陳列棚見ていたら、

a0278809_12133963.jpg

今度はこんなもん見つけてしまった。

どうしよう‥‥‥


by march_usagi | 2019-01-19 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

スパムにはまる

ある日スパムに目がとまりました。

a0278809_11313493.jpg

いえ、毎日山のようにとどくSPAMメールのことではありません。

a0278809_11320236.jpg

これです。缶詰のスパムです。

あまり見かけなかったのですが、このところスーパーでも並んでいるようになりました。


わたしの家では、従来缶詰のお肉なら

a0278809_11322116.jpg

ノザキのコーンビーフと相場が決まっていて、

食卓がもの足りないときの頼りになる助っ人でした。


このコーンビーフの弟分で、

牛が豚に代わったやつだろう、あまりおいしくないだろうね、

というのがスパムへの偏見と先入観‥‥‥

米軍の携行食のイメージが強いんですね。

a0278809_11324480.jpg

でも、こんなに売っているんですよ。

ということは買うひとがいる‥‥‥ためしてみたくなりました。

a0278809_11330803.jpg

元祖スパムはかようにパカっと開けることができます。

a0278809_11332788.jpg

繊維状のコーンビーフと違って、スパムはきれいに切り分けられます。

a0278809_11334613.jpg

ほぐした卵に埋めこむようにして焼いてみました。

コーンビーフでよくやるレシピですね。

a0278809_11340638.jpg

決してまずくありません。

「旨い!」って叫ぶほどではないけれど‥‥‥お肉の旨さがほどよい塩味でつつまれていまして、

ま、こんな状態ですから歯ごたえが、てわけにはまいりませんが、

そこそこの食感もあります。

ただ気にされる方には少し脂が多いかもしれません。

a0278809_11342946.jpg

サンドウィッチにもしてみました。軽く焼いて、野菜とはさみこみます。

ま、これは想像したとおりの味でした。

朝マックと十分勝負はできると思います。


このスパム類、ランチョンミートとして沖縄では顔役のようでして、

a0278809_11345188.jpg

県の特産品としてラインナップもそろっています。

食べてみましたが、よりしっかりした食感とほどよい塩味‥‥‥アメリカのスパムよりこっちのほうが好きかな♪

a0278809_11351524.jpg

デンマークからの援軍も得ているようでありまして、土地柄からか、洗練されて食べやすい。

ふとオランダやドイツのソーセージを思いだしたのでありました。


そこで疑問‥‥‥

いわゆるランチョン・ミートとは、「香辛料をくわえたひき肉を型にいれて固め、加熱調理した食べもの」ということなんだそうです。

a0278809_11354036.jpg

してみると、こういったポークソーセージとどう違うんだろう?


丸か四角か、パック包装か缶詰か、そんな違いしかないような気も‥‥‥


だとするとちょっと高いのかな、

財布をながめて考える近ごろのわたくしであります。


by march_usagi | 2018-12-15 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

サンマの秋‥‥‥ご飯に炊く

a0278809_16483569.jpg

サンマは焼いて食うものだと思っていましたが、

友だちに「サンマご飯」を教えてもらいました。

簡単にご紹介‥‥‥


お米2合にサンマ2匹が目安です。

a0278809_16491028.jpg

まず昆布だしをとっておきます。

仕込みのときには冷めていてほしいので、ちょっと前に準備しておきます。

a0278809_16493493.jpg

活きのいい魚が手にはいったなら、

a0278809_16495497.jpg

三枚におろして、側線に沿った小骨は毛抜きでとります。

鱗を気にしなくてよいのでたいした手間じゃありません。

a0278809_16501981.jpg

軽く塩をふったら、網で34分、

あとで炊くので、表面に軽く焦げ目がつくくらいで充分。

a0278809_16504044.jpg

お米のうえに焼いたサンマのっけたら、

酒 大匙2

醤油 小匙1

塩 小匙半分

生姜千切り 少々

昆布だしを定量まで注いで炊飯器のスイッチを押すだけ。

a0278809_16510228.jpg

炊けました。

a0278809_16515802.jpg

さくさくとほぐしていただきます。


秋の香りがひろがります。

柚子こしょうなんかちょっとあるといいですね。


たぶんこのレシピ、ほかの食材でも生かせると思います。

H君、教えてくれてありがとう♪


by march_usagi | 2018-10-20 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

ゆうこさんのリンゴ

上高地、高山へぬける街道筋で、リンゴやブドウの直売所にはいりました。

信州は果物のメッカです。

a0278809_10351604.jpg

一番のおすすめはじつはスイカなのだそうですが‥‥‥

もう涼しいし、ちょっとねぇ‥‥‥。

a0278809_10353920.jpg

やはりリンゴかな?


お店のおばさんに訊いたらこのリンゴをすすめられました。

a0278809_10360165.jpg

「ゆうこ」という品種、

安曇野のあたりでつい最近開発されたとのこと、

「甘くておいしいよ!」

と太鼓判です。

a0278809_10363736.jpg

左のサンツガルと比べると小ぶりなのがめだちますが、

たしかに甘い! 

酸味はごくほのか。

a0278809_10370377.jpg

歯ごたえがしっかりあるので、丸かじりに最適です。


しかし「ゆうこ」かぁ‥‥‥なんでこの名前なんだろ、

ゆうこさんて方が開発したのかなぁ‥‥‥


前にも書いたとおり、修「職」旅行のメンバーは、小・中・高校でいっしょだった友だちです。

その小学校、中学校時代に、ひとり「ゆうこ」さんという女の子がおりました。

頭のいいきれいな娘で、たしかモンキーズが好きだった。

よくいうマドンナのひとりでありまして、わたしたちのなかにもあこがれているものがおりました。

そのゆうこさんみたいなひとがつくったのかなぁ‥‥‥みんなで夢想します。

甘いような、酸っぱいような‥‥‥うむむ


「でもさぁ」

と、ふと気がついた男がつぶやきました。

「俺たちと同い年だよなぁ」


そうだよねぇ、

わたしたちが爺さんであるならば、

彼女だっていいおばあさんのはずですよねぇ‥‥‥

a0278809_10372741.jpg

ゆうこさんのリンゴは、だまって頬を赤らめるのでありました♪


by march_usagi | 2018-09-29 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

スルメのぬか漬け

そのむかし、飲みやさんと云えばスルメがつきものでした。

居酒屋でも、パブでもバーでも、黙ってすわればスルメがでてくる‥‥‥

てことはありませんが、

「なんかないの?」ときけば、たいていスルメを焼いてくれました。

年配者にはなじみぶかいつまみです。

a0278809_12102224.jpg

ただ固いっ!


焼きたてならまだしも、ちょっと冷めると例えようもなく固くなる。

歯の丈夫なうちはよろしいのですが、顎ががたついてくるともういけません。

a0278809_12105289.jpg

食べてみたいけどなぁ、と眺めていましたが、

クックパッドに「ぬか漬けにする」なんてレシピを見つけました。

なんだか異端のにおいがするけれど‥‥‥。

a0278809_12111667.jpg

世のなか便利なものがあるもので、

野菜をいれとくだけでぬか漬けのできる袋を売っています。

じつはこの夏少しはまりまして、

a0278809_12114210.jpg

こうしてカブだのキュウリだのを楽しんでおりました。


スルメのぬか漬けか‥‥‥やっちゃおかな。

多少気になるのは、イカのにおいがぬかに残らないかということですが、

ままよ、そのときはそのとき。

a0278809_12121221.jpg

小ぶりなので、胴とゲソをわけたらちょうど入りました。

そのまま二日間放置‥‥‥

a0278809_12123716.jpg

とりだしたイカは、ふくよかに蘇っておりました!

野菜からでる水分を逆にとりこんじゃったんですね。

ぬかににおいも残りません。


むかしの飲みやさんでは「スルメ」、と頼むと、

「はいアタリメ」とだしてくれました。

お客さんがお金をすっちゃわないようにというやさしい縁起ことば‥‥‥

お店とお客とが、たがいの立場をまぜっこにしない時代でした。


by march_usagi | 2017-10-14 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(0)

なつかしい不味さ‥‥‥インスタントラーメンへの尽きせぬ思い

「なつかしい不味さ」なんてものが存在します。

箸をとればおいしくないのだけれど、なぜか無性に食べたくなる‥‥‥

a0278809_11314812.jpg

チキンラーメンなんか、その典型。


父は台所にたたない男でした。

料理はもちろん、皿ひとつ洗ったことがありません。

それがどういうわけか50を少し過ぎたころ、ラーメンづくりに目覚めました!

a0278809_11323088.jpg

といっても無論たいしたことはなく、

袋もののインスタントラーメンに多少の具をいれて煮たてるだけ‥‥‥

a0278809_11325290.jpg

小さな工夫は、麺をいれる前、きざんだニンニクをいれて風味をだすことでした。

休みの日、うっかり家に残っていたりすると、父は「食べよ」とせまります。

ニンニクが効いて、それなりの父の味でしたが、やはりうまくはなかった。


一方で「はらしまの生ラーメン」なんて製品がありました。

生麺で、スープも液体、支那竹もはいっている!

中学の友人のT君家にいくと、よくお母さんが作ってくれました。

これはうまかった。へたすると、街の中華屋さんより上だった。

あればも一度食べてみたいと思います。


長い年月、たくさんのラーメンがでては消えました。

a0278809_11333384.jpg

カップヌードルもやはり画期的でしたね。

もちろんおいしくないけれど、たまに無性に食べたくなる。

a0278809_11340778.jpg

カレーなんてとりわけ!

a0278809_11342731.jpg

ワンタンメンなんかもよく消えずに残っています。


乾麺で気にいっているのはこれ、

a0278809_11344743.jpg

麺がちゅるちゅるしてるんですよね♪

a0278809_11350727.jpg

専門店のラーメンは当たり前においしいけれど、

a0278809_11352742.jpg

最近は、こうしたブランドもの(って云っていいのかな)をパックにして売っています。

a0278809_11354596.jpg

具材も売ってる。

a0278809_11360051.jpg

家庭でも結構おいしいラーメンが食べられます。

でもそこが贅沢なんだか、天邪鬼なんだか、

a0278809_11362133.jpg

やはりこんなのが食べたくなっちゃうんですよねぇ‥‥‥♪


by march_usagi | 2017-04-15 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback(1) | Comments(4)

鍋パーティー

すぐご近所に、高校の同期生のおうちがあります。

カミさんともふるい友だちで、家族ぐるみのお付き合い、

年になん回か、そろってパーティーをひらきます。

バーベキューならポーチのあるSさん宅で、

鍋や刺身だったらわが家で‥‥‥

a0278809_15353706.jpg

で、今年はずいぶん遅めの新年会となりました。

a0278809_15360306.jpg

具材は豚バラ1kgと、

a0278809_15362333.jpg

鶏のひき肉500g‥‥‥

大人5人だと少し多いかな、と思いつつ、

a0278809_15364127.jpg

カキも一応。

鍋はちゃんこ仕立てです。

鶏ガラスープを基本に、塩、みりん、しょうゆで味を調え、

a0278809_15370011.jpg

ゴマをどっさり、

ごま油でコクをつけました。

主役は鶏のつくね‥‥‥

a0278809_15372365.jpg

長ネギとタマネギのみじん切り、味噌、生姜、片栗粉、卵をいれ、

ここでもゴマ、ごま油をくわえます。

鶏の分量よりほかの具材が多いので、さっぱりとしたしあがりになります。

a0278809_15373852.jpg

ごりごりと粘りのでるまですって、

a0278809_15375678.jpg

スプーンでぽとぽと落としたらみんなで煮えるのを待ちます。

野菜と豚バラも美味しいな♪

ひたすら食べて呑んで、春の夜は更けていくのでありました。

a0278809_15381589.jpg

渇きに目ざめれば、はや夜明け、

昨夜の酔いが大気に溶けていきました。


by march_usagi | 2017-02-18 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

ローストビーフで春をまつ

暮れに、ひょんなことで首、というか背なかを痛めました。

a0278809_16372097.jpg

肩をあげ、首をおこすのがつらい。

朝のうちはそうでもないのですが、午後、それも夕方になると疼痛にかわる。

今回は長びいて、2週間以上悩まされています。


というわけで、ふだんの暮れなら欠かせない

a0278809_16374809.jpg

数の子つくりは、今回パス‥‥‥

a0278809_16364344.jpg

例年合作するきんとんも、娘ひとりにおまかせしました。


とはいえ、正月の料理をなにもつくらないのも心苦しく、

ローストビーフ一品のみエントリー‥‥‥

a0278809_16382362.jpg

いつものお肉屋さんにお願いして、よいかたまりをとりおいてもらいました。

冷蔵庫からだして、2時間ほど放置‥‥‥室温になじませます。

a0278809_16385167.jpg

塩コショウをすりこみ、またちょっとおいといて、

a0278809_16392932.jpg

ほかの料理ででた野菜や果物の皮なんかをあつめます。

ただし玉ねぎは必須。

a0278809_16395811.jpg

肉の表面に、こんがりと焦げ目をつけまして、

a0278809_16402602.jpg

こんな感じかな‥‥‥早くも食べたくなりますが、ここは辛抱です。

a0278809_16405336.jpg

フライパンに野菜を敷いて、そこに炙った肉をのっけます。

うえからワインをだばだばかけますが、今回はベルモットにしてみました。

a0278809_16364207.jpg

蓋をして弱火で10分間蒸し焼き、

火をとめてさらに10分間放置します。

アルミホイールを準備して、

a0278809_16364294.jpg

しっかりくるみます。二重にするとよいそうですね。

a0278809_16364254.jpg

この状態で20分かそこらまた放置‥‥‥まことに「放置」の多い料理です♪

a0278809_16364287.jpg

フライパンの煮汁は、あとでホイールにたまった肉汁と煮つめてソースにします。

なので、捨てちゃダメ。

a0278809_16364273.jpg

かくしてできあがり。

多少身体がつらくても、この程度なら楽勝です。

a0278809_16364319.jpg

奥までやわらかく、熱がとおりました。

a0278809_16364311.jpg

ホースラディッシュをあわせるとより西洋っぽい雰囲気楽しめますが、

醤油とわさびでもスパルタンにおいしい!

食べて、飲んで、いい春を祈ります♪


by march_usagi | 2017-01-07 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

秋・箱根・味噌

a0278809_11051177.jpg

箱根は全山 秋です。

a0278809_11051246.jpg


a0278809_11050870.jpg


a0278809_11050972.jpg

空気は澄んでつめたいけれど、

a0278809_11051061.jpg

風もなく、水面はおだやかです。

a0278809_11051045.jpg


a0278809_11075880.jpg

昨年仕込んだ味噌が仕上りました。

a0278809_11075837.jpg

箱根のT師匠のもとで、今年の味噌を仕込みます。

a0278809_11051347.jpg

増えた♪


お土産に、

a0278809_11051369.jpg

栽培されたヒラタケと

a0278809_11051327.jpg
ナメコをいただきました。


夕餉に秋の香りがひろがります。


by march_usagi | 2016-11-26 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(0)