子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 日..
by march_usagi at 10:08
台湾の夜の賑わいは道教に..
by otyukun at 06:51
otyukunさま い..
by march_usagi at 10:21
もの凄い食欲があるように..
by otyukun at 09:02
otyukunさま 映..
by march_usagi at 14:29
台湾には違いないでしょう..
by otyukun at 14:11
otyukunさま 総..
by march_usagi at 17:50
まあ何と凄い所ですね。 ..
by otyukun at 06:46
otyukunさま 国..
by march_usagi at 16:55
話には聞いていましたが、..
by otyukun at 08:29
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
生きることに熱中‥‥‥道教は..
at 2018-05-19 00:00
買い食い、食べ歩き‥‥‥台北..
at 2018-05-12 00:00
雨の九份(じぉうふぇん)
at 2018-05-05 00:00
たれの夢みた青い山‥‥‥ひた..
at 2018-04-28 00:00
四千年の故宮
at 2018-04-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

生きることに熱中‥‥‥道教は前向きだ!

日本の宗教は「死」に魅いられている‥‥‥そう感じるのはわたしだけでしょうか?

a0278809_16224976.jpg

静謐で清らかな死が生きているひとを眺めている。

美しく死にたいという憧れが心の淵にうかんでいる‥‥‥

a0278809_16231109.jpg

神道にも、仏教にも、

ひょっとすると人々のふだんの暮らしのなかにも‥‥‥

近年の経済と政治の停滞が、それに拍車をかけているのかもしれませんが。


さて台湾です。

街を歩くと、

a0278809_16265376.jpg

あちこちで宮廟にいきあたります。

神社みたいなものかとのぞいてみると、人々がたえまなく訪れて、熱心に祈りをささげていきます。

a0278809_16285740.jpg

a0278809_16291882.jpg

無人の境内を見慣れた目には、この混雑がまず驚き、

日本で神社が混むのって初詣くらいですよね♪

a0278809_16295167.jpg

線香や、

a0278809_16301240.jpg

紙銭、

a0278809_16303114.jpg

a0278809_16304831.jpg

過剰といってもよいその装飾。

a0278809_16310745.jpg

台湾の宗教で主流は道教だそうですが、ほとんど知識がありません。

a0278809_16312468.jpg

いちおうちょっとだけ読んでみました。


「行気(こうき)」だとか「導引」だとか「金丹(きんたん)」だとか‥‥‥『老子』に荘子か、

ううむ、奥が深そうだがさっぱりわからん。

でもはっきりしたことが一つだけ‥‥‥道教はいのちをいつくしみ、この世に執着するらしい。

たとえ今日はついていなくとも、長く生きていればいつか幸せがめぐってくる。

なれば石にしがみついても生きていよう!これがメインの考えかたとか。

a0278809_16314913.jpg

漢方も、気功も、目的は延命だそうで‥‥‥


逆に、いのちを縮めない、ってことも重要ですね。

a0278809_16320709.jpg

悪いことをすると、それを見張っている神さまがいて寿命を減らすそうです。

減らされてはかなわないから、善行を積む。

つまり倫理も延命という目的のうえに成りたちうる。

究極の目標は当然「不老長生」です。

a0278809_16322464.jpg

a0278809_16324186.jpg

台湾の夜市は有名です。

これって、ある意味毎晩縁日やっているようなもんですよね!

たまの縁日なら面白かろうが、毎日続いて飽きないもんだろうか?

いえいえこれも考えかた次第、

だって今日も生きられたじゃないか!

いちにち生き延びたたいせつないのち、今夜祝ってなぜ悪い?


なるほどねぇ、‥‥‥

灯りのなかに人々のいのちのきらめきが見えたように思えました。


[PR]
# by march_usagi | 2018-05-19 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

買い食い、食べ歩き‥‥‥台北、台南

この旅行、

時間も行先も気ままです。

むろん食事の予約なんてしていません。

a0278809_10265625.jpg

気になった店があいていればはいります。

a0278809_10273234.jpg

さすがに食の文化圏、でてくるものはたいていおいしい。

ふだんカボチャ嫌いなわたしも、

a0278809_10280169.jpg

思わず箸をとってしまったこれ、

なんて云うんでしょうねぇ、ぽくぽくしたカボチャに、

胡麻たっぷりのひき肉の炒めがギュッとのっている‥‥‥絶妙です。


台南で立寄った屋台みたいな店の肉圓(ろうゆぇん)

a0278809_10282691.jpg

撮影に失敗して見た目おいしそうに見えませんが、

もちもちっとした皮にジューシーな豚のがつつまれて、濃厚なたれとからめて食べる。

生涯、忘れえぬ味でした。


夜市も食がつまっています。

a0278809_10292123.jpg

あまりのにぎわいに思わず怖気をふるいますが、

a0278809_10295083.jpg

毎晩縁日があるんだと思えば納得です。

a0278809_10301243.jpg

人だかりのする店をねらってはいってみましたが、なにを頼んだらよいかわからない。

適当にゆびさして出てきたのが、

a0278809_10303219.jpg

これ!

香菜と八角のにおいがたちこめます。香りと見かけに一瞬ひるみますが、

食べてみます。

なかはほろほろとほぐせるやわらかい骨付きお肉‥‥‥わたしの食べたのはヤギの煮込みだったらしい。

旨くておつゆまで飲み干してしまいました。

a0278809_10310084.jpg

小籠包みたいな蒸籠ものもかかせません。

a0278809_10311839.jpg

てきぱきしたお姐さんの手さばきに感心しますが、

a0278809_10314234.jpg

もちろん味も文句ありません。

a0278809_10321073.jpg

a0278809_10322772.jpg

a0278809_10324921.jpg

そんなこんなで食べ歩き、

a0278809_10330712.jpg

ふと気がついたら、お腹がぷよぷよするみたい。あたりまえですよね。

a0278809_10333111.jpg

これだもん♪

a0278809_10335189.jpg


[PR]
# by march_usagi | 2018-05-12 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

雨の九份(じぉうふぇん)

a0278809_12481246.jpg

台北がこんな天気ですから、

a0278809_12511767.jpg

山間の九份は雨でした。


わたしとしては、

a0278809_12490194.jpg

a0278809_12492097.jpg

こんなノスタルジックな雰囲気を期待していたのですが、

a0278809_12484265.jpg

いやいやひとの波がそんな感傷吹きとばしてくれます♪

a0278809_12523797.jpg

どこの店も、どこの路地もひとでいっぱい。

a0278809_12525566.jpg

a0278809_12530745.jpg

決まりですから、長い行列に耐えてお茶もいただきました。

a0278809_12532879.jpg

ここが見どころという建物も拝見しました。


にしても、

a0278809_12534625.jpg

この人ごみで感慨にふける余裕なんかはありません。


わずかに宵の、

a0278809_12540621.jpg

a0278809_12542350.jpg

カメラのレンズのなかにだけ、

a0278809_12544230.jpg

a0278809_12545882.jpg

はるかな夢とまぼろしとが、写りこんだような気がいたしました。


[PR]
# by march_usagi | 2018-05-05 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

たれの夢みた青い山‥‥‥ひたちのネモフィラ

花のすきな娘につきあって、日立をおとずれました。

a0278809_10035882.jpg

国営ひたち海浜公園まで、横浜から車で2時間半、

家をたったのは朝の5時でした。

a0278809_10042301.jpg

初夏の陽ざしが舞う園内に、

a0278809_10044581.jpg

色とりどりの花が咲きみだれます。

a0278809_10050929.jpg

a0278809_10053458.jpg

チューリップは25万株、4月がその盛りです。

a0278809_10055689.jpg

a0278809_10061272.jpg

少し時期ははずれましたが、一面の菜の花畑‥‥‥

a0278809_10063319.jpg

a0278809_10065087.jpg

けれどなんといってもこの季節の主役は、

a0278809_10071803.jpg

ネモフィラです。

a0278809_10074168.jpg

丘ひとつがまるまるネモフィラの大群落‥‥‥450万株が咲きほこっていました。

a0278809_10080647.jpg

a0278809_10082401.jpg

ひとつひとつ見れば、とりたててどうという花ではない。

a0278809_10085090.jpg

でもマスとなると世界が変わります。

青空が大地に降りてきたみたい。

a0278809_10091261.jpg

だれが考えたのでしょうねぇ‥‥‥

青い空を踏みしめながら歩いていく‥‥‥そんな夢を見たのでしょうか?

a0278809_10093413.jpg

その夢が、ほかのひとびとにもうつっていったのでしょうか。

a0278809_10095469.jpg

おとなが夢をみられる世界は、子どもにとっても幸せです。

それがつづけばよいと思います‥‥‥


この公園のすぐ北には東海村がひろがっています。

a0278809_10101508.jpg


[PR]
# by march_usagi | 2018-04-28 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

四千年の故宮

「台湾に行ったら、やはり行くべきだよ」

古い友人にも云われたことだし、メトロとバスとを乗りついで、

a0278809_14333084.jpg

「國立故宮博物院」を訪ねました。

a0278809_14335449.jpg

出迎えてくれたのは鈴をつけたタマ‥‥‥いえ、文字どおりの唐獅子です。

a0278809_14341907.jpg

てっきり撮影禁止だと思っていました。

なので、ロッカーにカメラをしまい、手ぶらで入場‥‥‥

a0278809_14344459.jpg

でも、スマホで撮るのはかまわないみたい♪

a0278809_14350894.jpg

有名な翠玉白菜と肉形石はさすがに人だかりがすごくて、ながされるままに眺めるだけ。

a0278809_14353960.jpg

a0278809_14355569.jpg

でも銅器や、

a0278809_14361741.jpg

a0278809_14363586.jpg

陶磁器は、ゆっくり観ることができます。

a0278809_14372816.jpg

観ているうちになにやら心がおちつかなくなりました。


いまわたしはすごいものを観ているのではないか、

目のまえにあるものはそれこそ世界の宝ではないか。

漫然と観ているだけでよいのであろうか!

a0278809_14370781.jpg

a0278809_14383486.jpg

いくつもの部屋を出たり入ったり、‥‥‥

当初1時間くらいのつもりが軽く3時間、

a0278809_14390061.jpg

ふらふらになって館外にでると、陽はすっかり落ちておりました。

a0278809_14392502.jpg

出てから知ったのですが、館内は撮影禁止ではありませんでした!

単にフラッシュや三脚での撮影、それに自撮りがダメなだけ、


手もちでフラッシュさえ焚かなきゃいいんだって!


がっくりきましたが、‥‥‥案外それでよかったのかもしれません。

本気で撮りはじめたら、それこそきりがなかったと思うのであります。

a0278809_14394404.jpg

ただし、お肉と白菜はこっそりおうちに連れて帰ってまいりました。


[PR]
# by march_usagi | 2018-04-21 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)