人気ブログランキング |

子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 当..
by march_usagi at 12:10
古文に挑戦とは素晴らしい..
by otyukun at 07:03
otyukunさま こ..
by march_usagi at 12:16
水仙は可憐で着物にも結構..
by otyukun at 07:03
24日の夜食にショートケ..
by 片岡直樹 at 14:34
片岡兄 イブに二度目の..
by march_usagi at 09:58
私事で恐縮ですが、24日..
by 片岡直樹 at 01:24
otyukunさま こ..
by march_usagi at 10:53
これだけ鳥がいるのは水辺..
by otyukun at 09:01
otyukunさま 上..
by march_usagi at 11:02
最新のトラックバック
佐助稲荷 -2019- ..
from 鴉の独りごと
仁王さま 運慶作 -杉本寺-
from 鴉の独りごと
gay dating
from gay dating
cialis buy o..
from cialis buy onl..
オーレア (リコリス)
from 鴉の独りごと
中山虫送り 2019 -1-
from 鴉の独りごと
リゾルト
from リゾルト
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鳥は歩いて観るのだ
at 2020-02-15 00:00
わすれられた軍刀
at 2020-02-08 00:00
古文書のみちは遠く険しく‥‥‥
at 2020-02-01 00:00
ただの風景がいとおしくなる日
at 2020-01-25 00:00
変わらざるメルシーのラーメン..
at 2020-01-18 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

牧水と酒と父(父の三十三回忌に寄せて)

わたしがまだ幼かったころ、父はわたしを連れてよく飲み屋にゆきました。

たいてい休みの日の昼飯どき‥‥‥散歩と称するお出かけです。

牧水と酒と父(父の三十三回忌に寄せて)_a0278809_10544353.jpg

白木のカウンターに明るい光、むかい合わせに白い割烹着のきれいな女のひとがいて、銚子の首をつまんでいます。

「坊ちゃんは?」と訊かれてうなずくと、

小ぶりの盃に湯気のたつお酒をついでくれました。

父はにやにや笑いながら自分の盃をかたむけます。


三十三回忌もすませ、ふだん父が意識にものぼらなくなったこのあいだ、

めくっていた歌集のページに目がとまりました。


<白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ>


若山牧水です。

ふと記憶がよみがえって‥‥‥あ、この歌は父からきいた歌だった。


中学校以降、

わたしは父と外出することがなくなりました。

しぶとい反抗期のあとは高校紛争と学生運動の季節があり、親と口をきくことのない日々がつづいていたのだと思います。

牧水と酒と父(父の三十三回忌に寄せて)_a0278809_10551403.jpg

冷たい息子をよそに、

父は晩酌にひとり杯をかさねます。

もっともそれで機嫌がわるいわけではなく、ときに歌など口ずさみ、

「酒はしづかに飲むべかりけれ」の心など勝手に講釈するのでした。

この歌はそうしてわたしの記憶に棲みついた。


学生運動の季節も去り、

わたしが家庭をもったころに父は身体をこわします。

牧水と酒と父(父の三十三回忌に寄せて)_a0278809_10553941.jpg

胸をひどく痛めて、入退院をくりかえすようになりました。

好きだった酒もほとんど断つことになります。

なので、ようやく大人同士の酒が呑めるようになったのに、外で酒席をもつ機会はなかった。

わずかに浅草の駒形か暮六つでの数回の記憶しかありません。


牧水の歌をひもといていたら、懐かしい歌がまた出てきました。


<人の世にたのしみ多し然れども酒なしにしてなにのたのしみ>

<それほどにうまきかと人のとひたらばなんと答へむこの酒の味>


どちらも父から聞いて憶えた歌です。

父は牧水を読んでいた♪


<わがいのち空にみちゆき傾きぬあなかすかなり遠ほととぎす>


一日一升

酒をこよなく愛した牧水ですが、酒毒に犯され短い生涯を閉じることになります。


酒を禁じられた牧水が、家人に隠れて盗み酒をする歌‥‥‥


<足音を忍ばせて台所にわが酒の壜は立ちて待ちをる>

牧水と酒と父(父の三十三回忌に寄せて)_a0278809_10560525.jpg

酒呑みのいやしさは、

まず下戸のかたには理解できないところでありましょうが、


牧水同様 酒を断たれた晩年の父には、

この歌が、おかしくも哀しくも心にしみとおったに違いないと思うのです。


<かたはらの秋ぐさの花かたるらくほろびしものはなつかしきかな>


by march_usagi | 2019-04-13 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sannusa.exblog.jp/tb/239211026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2019-04-14 21:09 x
懐かしい名前ですね。
若山牧水。
文学青年ではなかったので多くは知りません。
詩歌に全く興味がありませんでしたが、学生時代友達になった中には何人か居りました。
やはりその人間性に深みがあって今も付きあいがあります。
文字は付き合えば付き合う程人間の奥行を深化させてくれる様です。
Commented by march_usagi at 2019-04-15 08:58
otyukunさま
若いとき詩歌は身近なところにあったのですが、働いているうちに散文的なことしか頭にはいらなくなりました。
ようやく今、歌や詩をひもとく気になっています。
詩歌は、とりわけ和歌は、深くわたしたちの心に根付いていたのだと、いまさらながら気づいています。