子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 国..
by march_usagi at 16:55
話には聞いていましたが、..
by otyukun at 08:29
otyukunさま そ..
by march_usagi at 10:09
良い旅行ですね。 日程..
by otyukun at 06:56
otyukunさま 海..
by march_usagi at 09:18
歴戦の勇士よさらばですね..
by otyukun at 16:37
ター公へ とにかくうだ..
by march_usagi at 08:53
otyukunさま う..
by march_usagi at 09:23
やはり加齢が原因だと思い..
by otyukun at 23:00
otyukunさま ..
by march_usagi at 12:37
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
四千年の故宮
at 2018-04-21 00:00
のんびりするのだ、台湾旅行
at 2018-04-14 00:14
古いつきあい‥‥‥スーツケー..
at 2018-04-07 00:00
眠い!
at 2018-03-31 00:00
ちょっとだけお休み
at 2018-03-10 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑

a0278809_17074302.jpg

Y君の周囲は、ぐるりとよその畑がとりまいています。


おじゃま虫の勝手なおしゃべりに付き合いながら、Y君の手先は休むことがありません。

せっせせっせとそれこそ二六時中動いています。

a0278809_17083717.jpg

実や本体に栄養が集中するように余計な枝や葉っぱをのぞきます。

a0278809_17090059.jpg

マルチとよばれる黒い覆い‥‥‥日の光を吸収して保温する役目のほかに、

作物以外の植物が勝手にはえてくるのを防ぐのだとか。

a0278809_17094258.jpg

よく手入れされた畑からはすがたのよい野菜がうまれます。

すがたがよいのは、味もいいのだそうです。

それは、野菜が本来の成長をした結果だから、と‥‥‥納得できる理屈でした。

a0278809_17101166.jpg

たしかにY君のあつかう作物は、すがたも味もよいと思う。

ただそのためには、気の遠くなるほど手をかけています。

日のあるあいだはずっと畑、休めるのは夜と雨の日だけ。

あとなん年できるかな、とY君はつぶやきます。


気になることがあります。

a0278809_17104724.jpg

ここ数年、田と稲をいろいろ撮ってきました。

a0278809_17111349.jpg

a0278809_17113543.jpg

選んだわけではないのですが、田にひとがいないのです。

a0278809_17120320.jpg

歩いたところはどこも無人でした

ただ青々と稲が風にそよぐだけ。


「昔はさあ」というと嫌われますが、でもそう云いたくなってしまう。

子どものころは田にひとがいた。 必ずいた。

a0278809_17123123.jpg

夏の真っ盛り、ぎらぎら照り付ける陽光のしたに、麦わら帽子に手拭いをたらしたお百姓さんが、せっせせっせと草取りをしていた。

その記憶は鮮明です。お百姓さんがいかに大変な職業か子ども心に焼きつけられてしまった。

a0278809_17125396.jpg

「コメはお百姓が八十八回手をかけるから『米』と書くんだぞ」

これは少年のころのY君のセリフでもありました。当時は食べるだけでしたが。

a0278809_17131714.jpg

いまひとの姿を見るのは、植えつけと刈りいれの二回だけ、‥‥‥それも一瞬です。

八十八回の手数は、どこに消えてしまったのか?


もうひとつ気になるのが、以前にも書いたようにカエルやヘビがいなくなったこと。

a0278809_17194095.jpg

子どものころ、田の水にはオタマジャクシが群れをなし、あぜ道には踏み潰しそうなほどカエルが跳びはねていました。

それがいない‥‥‥カエルを食べるヘビもいない。

a0278809_17210598.jpg

田のよこの用水からも、小魚やザリガニのすがたが消えています。

ひとと小動物の消えた田んぼ‥‥‥


これはたぶん連動している。

深入りするのが怖いなにか、みたいな気もします。

a0278809_17224925.jpg

にぎやかでひとでの足りないY君の畑と、無人の田んぼ‥‥‥


おちついて考えたほうがよいのかもしれません。


[PR]
by march_usagi | 2017-11-11 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sannusa.exblog.jp/tb/237954396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2017-11-13 15:45 x
二十年余り前、山科に工房を持ったとき、裏は田んぼでした。
蛙も蛇も良く見かけました。
直ぐ側に家屋が並んでいるのに農薬散布をしている光景を見ていたのに。
そこから近くの駐車場へほんの少し水が流れ込む溝にタニシもいました。
同じ町内に転居した時は直接田畑からは離れましたが、ムカデを何回も処分しています。
虫が強かったのかも知れませんが、今はそれより強い農薬が使われているのかも。

虫の喰った跡のある野菜を有難く思わない風潮、つまり消費者が元凶なのでは。
Commented by march_usagi at 2017-11-14 12:49
otyukunさま
農薬の質が変わってしまったようです。
種や苗を一度漬ければ、生涯毒性をたもちます。
水溶性なので、田の近辺の水系をすべて侵します。
おっしゃるとおり、消費者の好みと、市場の販売優先の原理とが底にあると思います。
本文では声高に申しませんが、なんとかしないと国中の自然が壊れます。