子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ア..
by march_usagi at 11:48
鷺は優雅ですね。 工房..
by o at 19:07
otyukunさま お..
by march_usagi at 11:57
明けましておめでとうござ..
by otyukun at 11:16
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 16:16
今年も後三日、思い返せば..
by otyukun at 06:49
otyukunさま 破..
by march_usagi at 08:54
確かに文明の終焉は感じま..
by otyukun at 21:34
otyukunさま 食..
by march_usagi at 06:14
スパムは不都合なメールの..
by otyukun at 23:41
最新のトラックバック
リゾルト
from リゾルト
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鷺が舞う
at 2019-01-12 00:00
重い荷をおろして
at 2019-01-01 00:00
節目の年の終わりに
at 2018-12-29 00:00
亡びゆくことの正義
at 2018-12-22 00:00
スパムにはまる
at 2018-12-15 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

鷺が舞う

a0278809_14473601.jpg

a0278809_14480125.jpg

a0278809_14481800.jpg

アオサギの飛翔‥‥‥

a0278809_14485487.jpg

おおきな鳥ですから、飛ぶすがたはとりわけ目をひきます。

a0278809_14492162.jpg

a0278809_14493742.jpg

旺盛な食欲も見せてくれる。

a0278809_14500059.jpg

一方、

a0278809_14502181.jpg

小柄なコサギにはコケティッシュな趣があります。

a0278809_14505297.jpg

a0278809_14511588.jpg

歓談中のカメをみつけ、

a0278809_14513879.jpg

お近づきになろうとしたけれど、

a0278809_14515995.jpg

嫌われたみたい♪


空を切る白い翼‥‥‥

a0278809_14522026.jpg

ダイサギです。

a0278809_14524157.jpg

はなやかな舞いが、

a0278809_14530350.jpg

a0278809_14531746.jpg

a0278809_14533515.jpg

真冬の湖水に際だちます。


# by march_usagi | 2019-01-12 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

重い荷をおろして

新しい年が明けました。


重い荷はいったん地におろし、

冷たい風と冬の陽ざしをあびようと思います。

a0278809_16251944.jpg

鳥たちが啼いたら、また 歩きはじめます。


# by march_usagi | 2019-01-01 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)

節目の年の終わりに

この春、

40年をこす会社勤めを終えました。

a0278809_11574234.jpg

長かったとも思えるし、夢のようだったとも思える‥‥‥

ふりかえれば仕事の記憶はさらさらと消えてゆきます。


成人した次男や娘らと異国の町を歩きました。

a0278809_11580729.jpg

いたわられているわたしがいる‥‥‥

はじめての実感もありました。


その節目の年が暮れてゆきます。

a0278809_11583422.jpg

皆さま、よい年をおむかえください。


# by march_usagi | 2018-12-29 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)

亡びゆくことの正義

東京はきらびやかな都会です。

a0278809_11114696.jpg

世界でも5本の指にはいるのは間違いない‥‥‥


でも‥‥‥

a0278809_11120908.jpg

おもての華やかさの陰に、わたしはひそかな衰亡のきざしを感じています。

a0278809_11123197.jpg

a0278809_11124635.jpg

いや、これは一時的なものだ、いずれ真新しい繁栄に置き換わるだろう‥‥‥そういうひともいるでしょう。

a0278809_11130603.jpg

そうかもしれません。でもほんとうにそうなのでしょうか。

a0278809_11132765.jpg
             『シリーズ20世紀の記憶 1969-1975』 毎日新聞社


わたしの育ったのは60年代の高度経済成長の時代です。

世界は右肩上がりで成長する、

とりわけ日本のカーブはログ関数のように無限でした。

a0278809_11162824.jpg

でも、今はどうなのだろう。


成長が未来を拓くという理屈は、畢竟「神話」でしかなかったことがわかりました。

有限の世界のなかでは、いかなる成長も未来を食いつぶします。

「持続可能な発展」など、資本が地球と貧しいものをしぼりとるための空言でしかない。

a0278809_11165653.jpg

だから衰亡はむしろ健全な状態なのかもしれません。

プラスの成長をマイナスに置き換える‥‥‥わたしたちの暮らしをこの星の自然のレベルにひきもどす‥‥‥それはひょっとして「神の見えざる手」の作用なのかもしれません。

a0278809_11171682.jpg

そう思うのは、わたしが老いたからだ、文明を心中させたいからだ、という人々がいるかもしれない。 でもそれは違います。

わたしは美しく意味のある暮らしをのこしたい。

それにはヒトの文化と経済がこの星の身の丈に合っていなければならない‥‥‥そう考えているだけなのです。


# by march_usagi | 2018-12-22 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)

スパムにはまる

ある日スパムに目がとまりました。

a0278809_11313493.jpg

いえ、毎日山のようにとどくSPAMメールのことではありません。

a0278809_11320236.jpg

これです。缶詰のスパムです。

あまり見かけなかったのですが、このところスーパーでも並んでいるようになりました。


わたしの家では、従来缶詰のお肉なら

a0278809_11322116.jpg

ノザキのコーンビーフと相場が決まっていて、

食卓がもの足りないときの頼りになる助っ人でした。


このコーンビーフの弟分で、

牛が豚に代わったやつだろう、あまりおいしくないだろうね、

というのがスパムへの偏見と先入観‥‥‥

米軍の携行食のイメージが強いんですね。

a0278809_11324480.jpg

でも、こんなに売っているんですよ。

ということは買うひとがいる‥‥‥ためしてみたくなりました。

a0278809_11330803.jpg

元祖スパムはかようにパカっと開けることができます。

a0278809_11332788.jpg

繊維状のコーンビーフと違って、スパムはきれいに切り分けられます。

a0278809_11334613.jpg

ほぐした卵に埋めこむようにして焼いてみました。

コーンビーフでよくやるレシピですね。

a0278809_11340638.jpg

決してまずくありません。

「旨い!」って叫ぶほどではないけれど‥‥‥お肉の旨さがほどよい塩味でつつまれていまして、

ま、こんな状態ですから歯ごたえが、てわけにはまいりませんが、

そこそこの食感もあります。

ただ気にされる方には少し脂が多いかもしれません。

a0278809_11342946.jpg

サンドウィッチにもしてみました。軽く焼いて、野菜とはさみこみます。

ま、これは想像したとおりの味でした。

朝マックと十分勝負はできると思います。


このスパム類、ランチョンミートとして沖縄では顔役のようでして、

a0278809_11345188.jpg

県の特産品としてラインナップもそろっています。

食べてみましたが、よりしっかりした食感とほどよい塩味‥‥‥アメリカのスパムよりこっちのほうが好きかな♪

a0278809_11351524.jpg

デンマークからの援軍も得ているようでありまして、土地柄からか、洗練されて食べやすい。

ふとオランダやドイツのソーセージを思いだしたのでありました。


そこで疑問‥‥‥

いわゆるランチョン・ミートとは、「香辛料をくわえたひき肉を型にいれて固め、加熱調理した食べもの」ということなんだそうです。

a0278809_11354036.jpg

してみると、こういったポークソーセージとどう違うんだろう?


丸か四角か、パック包装か缶詰か、そんな違いしかないような気も‥‥‥


だとするとちょっと高いのかな、

財布をながめて考える近ごろのわたくしであります。


# by march_usagi | 2018-12-15 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)