子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ヤ..
by march_usagi at 22:11
ヤマモモがこんな大木にな..
by otyukun at 22:53
otyukunさま ニ..
by march_usagi at 20:12
デジカメで以前に持ってい..
by otyukun at 23:30
ターコーへ いろいろあ..
by march_usagi at 12:01
otyukunさま 鳥..
by march_usagi at 16:44
風雅な催しですね。 詳..
by otyukun at 21:32
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
いきついたところにD-5
at 2017-12-16 00:00
名まえについて
at 2017-12-09 00:00
このレンズは面白い トキナ1..
at 2017-12-01 00:00
晩秋の家族旅行
at 2017-11-25 00:00
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

古代アゴラでとける謎


a0278809_16001633.jpg

中学校か高校かで、ギリシア建築の様式を習いました。

ドーリア式とかイオニア式とかコリント式とか‥‥‥

a0278809_16004937.jpg

実物を目の前にすると、

そんな名称憶えたって意味なかったな、って気になります。

それより気になることがある。

口にすると莫迦にされそうで云えませんが‥‥‥

うーん、どうしよう、

でも云わなければ話つづかないし‥‥‥

というわけで白状しますが、

ギリシア建築でずっと謎だったことがありました。

a0278809_16014010.jpg

屋根です。

a0278809_16021979.jpg

教科書や観光本にのるギリシアの神殿‥‥‥どれも屋根がない。

古代ギリシアの建築物には屋根がなかったのだろうか?

a0278809_16024603.jpg

旅のあいだ、ギリシアはずっと晴れでした。

雨の少ない土地ではあります。

降水量は日本の5分の1

だから屋根いらないのかな?

それとも神々はオリンポスの山上だから、声とどきやすくしたのかな?

a0278809_16031127.jpg

アテネの朝はひともまばらです。

早起きして、アゴラをめざしました。

a0278809_16035569.jpg

まず、ローマン・アゴラ。

こちらはローマ時代の比較的新しい遺跡、

a0278809_16042279.jpg

塔に刻まれた8体の風の神が有名です。

おめあての古代アゴラも、

a0278809_16044173.jpg

少し迷いましたが発見できました。

a0278809_16050191.jpg

a0278809_16052823.jpg

アゴラとは古代の市場のこと、

アクロポリスのふもとに広がる、商いの広場でした。

神殿付属商店街、ってとこでしょうかね。

政治や哲学もここで語られました。

a0278809_16060578.jpg

もっともアクロポリスとちがって、外国人にはあまり知られていないみたい、

人影はまばらで、かわりにカササギがめだちます。

a0278809_16062585.jpg

カメものんびり草を食んでいました。文字どおりギリシアリクガメ、ってやつでしょうか。

a0278809_16065160.jpg

この古代アゴラには小ぶりの神殿が残っています。

ゼウスの子分で、鍛冶屋の神さまだったヘパイストスを祀ったといわれていますが、

a0278809_16072478.jpg

見あげたら‥‥‥屋根がある。

なんだ、あるじゃんっ!!!

あとで調べたら、国中でこの神殿が一番損傷少なかったんですね。

だからいの一番に復元作業をおこなった。

当然のごとく、屋根はあった。初めからあった。

a0278809_16074904.jpg

そうか、そうか、屋根はあったんだねぇ。

あたりまえだよね、日光暑いよね、虫はいるよね、たまにゃ雨だって降るよね。

ただ重たいから、長いあいだにみんな落っこっちゃったんだ。それだけだったんだ。

a0278809_16081308.jpg

ちなみに古代様式をモチーフにした現代の建物には、みんな屋根付いています。

なきゃ、いられませんよね。

古代だって、おんなじです。

かくて、60年来いだいてきたおバカな疑問は氷解しました。

めでたいというか、くだらないというか‥‥‥

a0278809_16085377.jpg

それにしても、美しい建物です。

屋根がとても似合います♪


[PR]
# by march_usagi | 2017-07-15 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

雲のうえの花園 霧降高原

雨もようの予報でしたが、

それもまたよしと、でかけました。

a0278809_11261125.jpg

午前3時に車をだし、

横浜から3時間、6時に日光は霧降高原の駐車場にはいりました。

a0278809_11264580.jpg

a0278809_11270478.jpg

見おろせば雲の海‥‥‥

a0278809_11272436.jpg

a0278809_11274226.jpg

a0278809_11280490.jpg

標高差240メートルの斜面には、ほぼ直線に階段が設置されています。

幅広く、踊り場もかしこにある登りやすい道です。

a0278809_11282543.jpg

全部で1,445段、時々こんな表示があらわれます。

a0278809_11284677.jpg

ゆるやかな傾斜にオレンジ色の花々が目にはいりますが、

a0278809_11290779.jpg

これが本日のお目あて、ニッコウキスゲ。

例年より開花が遅れ、まだ3分咲きとのこと‥‥‥

a0278809_11293073.jpg

さらに階段をあがります。

a0278809_11294944.jpg

ここらで半分、

a0278809_11301630.jpg

ふりむけば雲のあいまから光がもれます。天気はもつかもしれない。

a0278809_11304284.jpg

ただこのあたりから、傾斜が急になります。

もともとスキーのゲレンデだったところです。

リフト終点にちかく、勾配は厳しい!

a0278809_11311145.jpg

これです。

わたしなら板かついで歩いておりるような急傾斜、

休みやすみでなければ腿がもちません!

a0278809_11314607.jpg

そして終点。

息もたえだえというのは大げさですが、なにがなし充実感がこみあげます。

a0278809_11321039.jpg

a0278809_11322682.jpg

a0278809_11324542.jpg

直線状の階段をはさんで、中腹あたりまでは左右に散策路も整備されています。

もとはスキーの林間コースがあったところかもしれません。

a0278809_11331402.jpg

ゆっくり花を観るにはこちらがよろしい♪

a0278809_11333489.jpg

木のベンチもおいてあるので、手づくりの弁当をつかいました。

シンプルなおいしさを味わいます。

a0278809_11335471.jpg

a0278809_11340928.jpg

a0278809_11342783.jpg

キスゲのほかにもお花畑に観るものはつきません。

a0278809_11344765.jpg

これはオオナルコユリ‥‥‥

a0278809_11350672.jpg

a0278809_11352202.jpg

a0278809_11353737.jpg

わたしたちと入れ替わりに、人びとがあがっていきます。

a0278809_11360218.jpg

高原のキスゲは、これから盛りをむかえます。

a0278809_11362265.jpg


[PR]
# by march_usagi | 2017-07-08 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

アクロポリスの丘

a0278809_11554442.jpg

これを観にきたんだな、と思いました。

思ったよりはるかに険しい崖のうえにそびえたつ神殿‥‥‥アクロポリスです。

子どものときから心にきざみこまれたすがたでした。

a0278809_11571433.jpg

a0278809_11573959.jpg

息が切れるような傾斜をのぼり、

視界が晴れたところに

a0278809_11580217.jpg

神殿の門が立ちはだかっていました。

ここから先がアテナの神域です。

a0278809_11582958.jpg

大きな姿でした。

ほとんど柱だけでありながら、堂々と、神々しくそそり立つ‥‥‥

これを観にきたんだ、と再び思いました。

a0278809_11585610.jpg

神殿は修復の最中です。

痛々しいくらいにはりめぐらされた工事の足場‥‥‥何年も、何十年も、ことによれば世紀を超えるという気の遠くなるような作業がつづきます。

a0278809_11592435.jpg

長い工事のあいだに、カササギが巣をかけていました。

子育て中らしく、忙しく出はいりをくりかえします。

a0278809_11595904.jpg

エレクティオンの少女像‥‥‥

a0278809_12002389.jpg

a0278809_12004973.jpg

アテナの見おろすギリシアの街‥‥‥

これを観たかった。こうして観たかった。

a0278809_11563179.jpg

上空で鳥が舞います。

a0278809_12013909.jpg

急降下して眼下の街を切りさいて‥‥‥

a0278809_12015935.jpg

チョウゲンボウです。

a0278809_12023528.jpg

アクロポリスの切りたった崖は、ハヤブサやチョウゲンボウに安全な巣と絶好の狩場をもたらすのでしょう。

a0278809_12034680.jpg

そしてそれはこの地のもうひとつの顔を教えてくれます。

a0278809_12041090.jpg

パルテノンは、神々の舞台であっただけではありません。

海をみはり、戦を構える要害の地でもありました。

遠くペルシアとの、オスマンとの、そして近代の戦がありました。

この街は眠っていたわけではありません。

a0278809_12043817.jpg

a0278809_12045309.jpg

a0278809_12051930.jpg

夕暮れちかく、海はかすんで見えません。

でもこの先にオリエントが目覚めている、そんなこと考えました。


[PR]
# by march_usagi | 2017-07-01 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

アテネの街角で

食べ歩きが目的ではないけれど、ギリシア料理は楽しみでした。

a0278809_15134536.jpg

晴れていれば、屋外のタヴェルナ(レストラン)は快適です。

a0278809_15141897.jpg

a0278809_15143868.jpg

値段も手ごろで、味も申しぶんありません。

a0278809_15150541.jpg

タコのグリルです。

軽く干して味が凝縮されるんでしょうね。こんど試してみようと思います。

a0278809_15152814.jpg

フェタチーズを揚げたサガナキ‥‥‥熱々のとろりとした塩味がたまりません。

a0278809_15155276.jpg

ヴォルフが『ギリシアへの旅』でふれた

a0278809_15161452.jpg

レツィーナ・ワインもたのんでみました。

醸造中に松脂をくわえるそうで、屠蘇みたいな感じが好きだな♪

a0278809_15164109.jpg

a0278809_15170663.jpg

いろんなところにいろんなお店‥‥‥

この街の8時、9時は宵の口です。

a0278809_15173983.jpg

アテネはオリエントの窓口‥‥‥

a0278809_15180789.jpg

ケバブだって、トルコの専売ではありません。

a0278809_15183336.jpg

a0278809_15185345.jpg

ほろ酔いで夜の道をゆけば、

a0278809_15191829.jpg

古代と現代、西洋と東洋、重なり合った深い文化が窓をひらきます。


[PR]
# by march_usagi | 2017-06-24 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(0)

アメイジング・メテオラ

きっかけは案内本‥‥‥

a0278809_13550405.jpg

「ここに行きたい!」という声に覗いてみると、一度も聞いたことのない地名‥‥‥メテオラ。

ギリシアの北のほうにあるらしい。

切りたった岸壁のうえに、修道院がポツンポツンとたっているのだとか‥‥‥。

およそ予備知識もないまま、むらむらと行きたくなりました。

娘が調べると、アテネからバスで5時間半、デルフィとセットのガイドツアーもあるといいます。

a0278809_13553651.jpg

a0278809_13560267.jpg

a0278809_13563822.jpg

アテネを離れると左右は見慣れない大地にかこまれました。

ギリシアに来たんだな、と実感する‥‥‥そんな風景です。

a0278809_13571838.jpg

カランバカの街にはいったら、さらにそこは別世界、

奇岩にかこまれます。

a0278809_13583452.jpg

曲がりくねった坂をバスで登りました。

よいスポットで停車し、

a0278809_13593231.jpg

風景を楽しみます。

a0278809_14000272.jpg

さらに進むと岩のうえに建物が‥‥‥

世俗と隔絶した世界に、

いまも6つの修道院がいとなまれているとか。

a0278809_14003178.jpg

きつい階段をのぼり、

a0278809_14005341.jpg

a0278809_14011565.jpg

穴倉のような礼拝堂にはいりました。

撮影禁止なのでご紹介できませんが、

鎖でつられたきらびやかなランプに、修道僧がひとつひとつ火をいれていきます。

蝋燭ではなく、芯をひたした油の灯‥‥‥ほのかです。

a0278809_14013832.jpg

壁から天井をおおう金や青の、稚拙としか云えない宗教画、

揺れる香炉、聖者の骨、ステンドグラス‥‥‥

長くいると、酩酊したような気分になってきます。

a0278809_14021196.jpg

たまらず建物からでると、ギリシアの青い空がひろがりました。

a0278809_14023217.jpg

崖下をのぞいていたら、

a0278809_14030393.jpg

奇妙なものを発見‥‥‥

ヒトが、

a0278809_14032898.jpg

素手で登ってくる!

a0278809_14040283.jpg

そして翼をひろげた大きな鳥‥‥‥ 

猛禽かなと思ったら、

a0278809_14042426.jpg

コウノトリでした。 

しかも頭部に毛がない。

アフリカハゲコウ‥‥‥まさかね。

a0278809_14060104.jpg

神と対峙の世界はしりません。

でもここにいるだけで、日々の暮らしと執着がかすんできます。

a0278809_14065167.jpg

やはりメテオラはアメイジング、でした。


[PR]
# by march_usagi | 2017-06-17 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(0)