子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
otyukunさま 写..
by march_usagi at 12:29
のどかですね。 静かに..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 今..
by march_usagi at 17:26
箱根へ行かれたそうで、春..
by otyukun at 14:46
otyukunさま 声..
by march_usagi at 23:19
良い意味で年齢を重ねて居..
by otyukun at 21:24
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
卯月の鎌倉
at 2017-04-08 00:00
春をよぶ水芭蕉‥‥‥箱根
at 2017-04-01 00:00
歳をとることの孤独と悦びと(..
at 2017-03-25 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春はまだ遠いけれど

暮れに痛めた背中がようやく治りかけた正月早々、

a0278809_16381187.jpg

今度は腰をやってしまいました。

三日間は歩くのもままならぬほど‥‥‥本当についていません。

でも、天気はいいし、きっと鳥たちもきているんだろうな。


少し楽になった休みの日、カメラをさげてでかけました。

a0278809_16383637.jpg


a0278809_16385300.jpg

バンやツグミ、

a0278809_16391132.jpg

ヒワたちがむかえてくれます。

a0278809_16392790.jpg

にしても風の強い日で、

a0278809_16395311.jpg

一瞬ゴイサギか、と思ったら、ちぢこまったアオサギでした♪

a0278809_16402212.jpg


a0278809_16404012.jpg

水際にたって風の音(ね)に耳かたむけていると、寒いのに眠気がさしてくる。


遠くにいきたいなぁ‥‥‥そんな思いが強くなりました。

a0278809_16411434.jpg

腰もまもなく治るだろうし、


春はまだ少し遠いけれど‥‥‥


[PR]
by march_usagi | 2017-01-28 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

地中海のいざない

やはりこの本でした。

a0278809_16201243.jpg

アナール派歴史学の看板みたいな書‥‥‥フェルナン・ブローデルの『地中海』です。

16世紀‥‥‥つまり近代資本主義が開花し、都市国家から領土国家がうまれてくる時代、大西洋が征服され未知の大陸がとりこまれていく時代‥‥‥その時代の文明と経済と政治と、いっさいの世界を牽引した地中海の歴史とを、膨大な文献と資料によって凝縮した書、『地中海』

a0278809_16203551.jpg

第一巻は自然と風土、すなわち環境からひもとかれます。

そもそも地中海とはどこか‥‥‥

a0278809_16205690.jpg

オリーブの北限と椰子の南限とにかこまれた内海の地域‥‥‥

いえいえ、もちろんそんな単純な話ではありませんで、高地、海岸、砂漠、海洋、島嶼、台地、海峡‥‥‥ありとあらゆる角度からこの地を解剖していく。

要約すら不可能な記述がつづきます。

a0278809_16211333.jpg

これはもう魔書といってよい。

読みすすみました。本の虫みたいに‥‥‥

そしたらうずき始めてしまったのですよ、

その、

なにが‥‥‥

一度は抑えこんだのです、この欲望。お金かかるし、暇ないし‥‥‥

でも二度目読んだらもういけません。

で、

a0278809_16213323.jpg

考えはじめちゃいました。

ヴェネツィア‥‥‥近代社会・近代資本主義のうまれた都市(まち)、

古代国家とはことなった、新しい権力・経済をつくった最初の都市国家、

そして現代につながる西欧文明をうみだした土地、

ここにだけはどうしても行きたいなぁ!


[PR]
by march_usagi | 2017-01-21 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback(1) | Comments(2)

蘆刈のうた、ふたたび‥‥‥箱根湿生花園

君なくてあしかりけりとおもふにもいとゞ難波の浦ぞすみうき




2014年の暮れに一度ご紹介した歌ですが、

a0278809_15155122.jpg

この季節、しんと冷えた大気のしたで思います。

女とわかれ、ひとり男はどんな思いでアシを刈ったのか‥‥‥

a0278809_15162424.jpg

零落していくおのれの不甲斐なさをにくんでいたか、

わかれた女の肌を想いおこしていたか、

あるいは、

a0278809_15164638.jpg

なにひとつ想わず、想おうとせず、ひたすら鎌で薙いでいたのか‥‥‥



広い葦原で、風にアシの鳴るのをききました。

a0278809_15170728.jpg

さらさらと、乾いた音が小止みなくつづきます。

ときにそれはひとの話し声に、

ときに笑い声のようにもきこえる‥‥‥

ああ、これかもしれない、

そう思いました。

男はアシの鳴る音をきいていた。

その音(ね)のなかに、女の声を、ささやきをきいていた、と‥‥‥

a0278809_15172947.jpg

箱根の湿生花園は、仙石原のふもとにある植物園です。

湿原や、川や湖沼、

水辺の植物をあつめた公園。

その一角に、

a0278809_15180621.jpg

仙石原湿原復元区があります。

箱根のありのままの湿原を復元しようと、ひとの手による植栽や管理を控え、

一周する木道以外には足を踏みいれることができません。

a0278809_15183529.jpg

夏場は緑の絨毯に野生の花が咲きみだれ、

a0278809_15185988.jpg

たくさんの虫たちが飛びかいます。

箱根で、わたしの一番好きなところかもしれない。

おもしろいのは、湿原の自然環境をととのえるため、冬場にいちど火入れをすること‥‥‥

枯草の表面を直の火で焼きつくします。

今年は19日の予定‥‥‥

一般の見学もできるというので勇んで登録したのですが、

a0278809_15192131.jpg
a0278809_15192108.jpg

残念ながら雨で中止‥‥‥別の日に延期となりました。

仕事がらその日に休むことはできず、涙をのむことに‥‥‥見たかったな。

炎のあとに、一面黒焦げの大地がひろがるのでしょうね。

a0278809_15200195.jpg

それでも灰のしたから草々は芽吹くだろうし、

湿原が、葦原がよみがえるでしょう。

a0278809_15203914.jpg

春になったら行こうと思います。

よみがえった葦原に、男と女のささやきがきこえるかもしれません♪

a0278809_15211475.jpg


[PR]
by march_usagi | 2017-01-14 00:00 | 生きものたち | Trackback(4) | Comments(2)

ローストビーフで春をまつ

暮れに、ひょんなことで首、というか背なかを痛めました。

a0278809_16372097.jpg

肩をあげ、首をおこすのがつらい。

朝のうちはそうでもないのですが、午後、それも夕方になると疼痛にかわる。

今回は長びいて、2週間以上悩まされています。


というわけで、ふだんの暮れなら欠かせない

a0278809_16374809.jpg

数の子つくりは、今回パス‥‥‥

a0278809_16364344.jpg

例年合作するきんとんも、娘ひとりにおまかせしました。


とはいえ、正月の料理をなにもつくらないのも心苦しく、

ローストビーフ一品のみエントリー‥‥‥

a0278809_16382362.jpg

いつものお肉屋さんにお願いして、よいかたまりをとりおいてもらいました。

冷蔵庫からだして、2時間ほど放置‥‥‥室温になじませます。

a0278809_16385167.jpg

塩コショウをすりこみ、またちょっとおいといて、

a0278809_16392932.jpg

ほかの料理ででた野菜や果物の皮なんかをあつめます。

ただし玉ねぎは必須。

a0278809_16395811.jpg

肉の表面に、こんがりと焦げ目をつけまして、

a0278809_16402602.jpg

こんな感じかな‥‥‥早くも食べたくなりますが、ここは辛抱です。

a0278809_16405336.jpg

フライパンに野菜を敷いて、そこに炙った肉をのっけます。

うえからワインをだばだばかけますが、今回はベルモットにしてみました。

a0278809_16364207.jpg

蓋をして弱火で10分間蒸し焼き、

火をとめてさらに10分間放置します。

アルミホイールを準備して、

a0278809_16364294.jpg

しっかりくるみます。二重にするとよいそうですね。

a0278809_16364254.jpg

この状態で20分かそこらまた放置‥‥‥まことに「放置」の多い料理です♪

a0278809_16364287.jpg

フライパンの煮汁は、あとでホイールにたまった肉汁と煮つめてソースにします。

なので、捨てちゃダメ。

a0278809_16364273.jpg

かくしてできあがり。

多少身体がつらくても、この程度なら楽勝です。

a0278809_16364319.jpg

奥までやわらかく、熱がとおりました。

a0278809_16364311.jpg

ホースラディッシュをあわせるとより西洋っぽい雰囲気楽しめますが、

醤油とわさびでもスパルタンにおいしい!

食べて、飲んで、いい春を祈ります♪


[PR]
by march_usagi | 2017-01-07 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

終わっていない、始まってもいない


a0278809_14202209.jpg

年が明けました。

a0278809_14203149.jpg

年の初めにご紹介するのは小川未明の『黒い人と赤いそり』‥‥‥



北のはずれの氷の國で、ある日、割れた氷に三人の村人がさらわれます。

彼らを救おうと五人の男たちがそりで向かいますが、この五人も帰ってきません。

のこされた村人は額をあつめて相談します。

けれど結局、誰も救いにいくものはありませんでした。


やがて村には不吉なできごとが起こりはじめます。

a0278809_14203895.jpg

「ああ、この国に、なにか悪いことがなければいいが。」と、みんなはいいました。

「あのとき、あの五人のものを救いに、だれもいかなかったじゃないか。」



わたしたちの世界は終わってもいないし、始まってもいない‥‥‥

その舵は、わたしたちが握っています。


[PR]
by march_usagi | 2017-01-01 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(0)