子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

終わることの憂鬱

楽しいことって、終わっちゃうんですよね。

今年も高校の同期会がありました。

a0278809_15372696.jpg


a0278809_15372462.jpg

会場は、横浜スタジアムのとなりのホテル、


気のおけない何十人もの仲間と再会し、

呑んでしゃべって、笑って呑んで‥‥‥

a0278809_15372576.jpg

いつか終電車の時刻に


翌日の宿酔もこたえるけれど、

終わっちゃったことの、このさみしさが尾をひくのですよね。

a0278809_15372528.jpg


[PR]
by march_usagi | 2016-10-29 00:00 | そのほか | Trackback | Comments(2)

深まる秋の戦場ヶ原

横浜の秋はまだ宵の口みたいなものですが、

a0278809_17235336.jpg

日光戦場ヶ原の秋は、すっかり深まっておりました。

a0278809_17232434.jpg

県営駐車場には7時半ごろ着いたのですが、大地は銀色の霜柱‥‥‥気温はちょうど零度です。

a0278809_17232695.jpg

おにぎりのほのかな温みがありがたい。

a0278809_17234219.jpg

空気が澄んでいるって、こんなこと云うんでしょうね、息を吸うのが痛いみたい。

a0278809_17233952.jpg


a0278809_17233199.jpg


a0278809_17233693.jpg


a0278809_17233432.jpg

湿原は一面赤褐色に染まりはじめ、

a0278809_17235190.jpg

林は紅葉にいろどられていました。

a0278809_17234429.jpg


a0278809_17241271.jpg

おそめの昼食は、昨年気にいった同じレストランで。

a0278809_17235672.jpg

ここまで運転してくれたから、もうお酒飲んでもいいよ、と云われました♪

帰りは、カミさんと娘が運転してくれます。

a0278809_17240105.jpg

クラムチャウダーに、

a0278809_17240333.jpg

カナディアンサーモンのスモークとキャベツのスパゲッティ。

a0278809_17240532.jpg

サーモンの燻しぐあい、火のとおしぐあいが抜群で、これだけでも来たかいがあったというもの‥‥‥

a0278809_17240907.jpg

ふだん食べないデザートですが、アプリコットタートなんか頼んじゃいました。


深まる秋のちいさな贅沢でした。

a0278809_17234816.jpg


[PR]
by march_usagi | 2016-10-22 00:00 | そぞろ歩き | Trackback(1) | Comments(2)

ウニに騙される

ウニに騙される

ウニが好き!

高くても、いいものが目にはいるとつい手がでます。

ただ、どうもウニはひとを欺くらしい。

a0278809_14111399.jpg

たとえば、「生うに」はたいていこんな折で売っていて、

一見ぎっしりつまっているように見えるのですが、

a0278809_14111503.jpg

本体は経木の表にぺらぺらっとはりついているだけです。

すごく少ない!

同じように瓶のウニにも騙されます。

a0278809_14112343.jpg

小さめとはいえ、隙間なく詰まって頼もしく思えるのですが、


たいして食べたはずないのに減りが早い!

半分過ぎるとさらに減り方が加速します。

a0278809_14112761.jpg

なにやら怪しい仕掛けがあるらしい‥‥‥


空の瓶にイチゴ用のスプーンいれてみました。

a0278809_14110862.jpg

途中ですすまなくなる。 瓶なかばにして引っかかるんですね!

からくりは、瓶の構造にあるみたい。

外からは真っすぐな筒型に見えるけれど、

a0278809_14113230.jpg

内側は円錐状の先すぼまり。しかもそれが外から悟られない。

知ってはいました、ずっと前から。

でもいつも騙される。そしてさみしい思いをする。ウニはペテン師です。

誰が考えたんでしょうねぇ。ひと昔前、上げ底のお土産に批判の声があがったときも、この瓶はお目こぼしにあっちゃったのでしょうか。一応外から見えるから‥‥‥とか。

a0278809_14112018.jpg

てなこと考えながら、じっと眺めるウニなのであります。

でも、食べちゃお♪


[PR]
by march_usagi | 2016-10-15 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

故郷はここに

故郷は変わります。


わたしの記憶の風景はこんなところ‥‥‥

平野を流れる大きな川‥‥‥左右に青い田んぼがひろがっていました。

土手には桑の木が点々と植わり、梅雨どきには紫に熟れる‥‥‥食べだすととまらなくて、真っ青になった口元で道草がばれました。

a0278809_14522018.jpg

川の名は境川‥‥‥町田から横浜を抜け、藤沢は江の島にそそぐ二級河川です。

武蔵の國と相模の國との国境の川でもありました。

子どものころ釣りにいった記憶があります。

a0278809_14532538.jpg

ほとんどなにも釣れなかったけれど、繋ぎの釣竿をかついで、土手をてくてく歩くのが楽しかった。

a0278809_14540190.jpg

かつて遊んだ一帯は、現在「境川遊水地公園」として整備され、野球場やサッカー場、川沿いにはサイクリング道もできあがっています。

a0278809_14535080.jpg

自然環境を保存するため、立ち入り禁止の広いビオトープも設置されて、サギやカワウがのんびりと羽を休めていました。

けれど、友だちと釣りに行った雰囲気はほとんど残っていない。



もうひとつ忘れられない遊び場が国立病院の裏の湿地帯でした。

中央を湧水がながれ、いったん小高い道で遮られたように見えますが、水脈となって道の下を潜りぬけ、数十メートル先に再び小川となってあらわれます。

両脇は雑木におおわれた小暗い谷で、大戦時の防空壕も残っていました。

a0278809_14550259.jpg

「コンバット」なんて番組がはやっていて、わたしたちも2Bという一種の爆竹を投げあう危ない遊びにうつつを抜かしておりました。

a0278809_14543149.jpg

60年代の後半に、この一帯は公団の団地に変貌します。

a0278809_14545185.jpg

湧水は完全に堰きとめられ、陰気な池に姿を変えました。


いろんなこと考えます。

生まれたのは他のところですが、故郷とよべるのはこの地しかない‥‥‥なのに当時の面影は残っていない。

わたしの故郷は消えてしまったらしい。

a0278809_14550351.jpg

「いいじゃないか」という声が聞こえます。


いいじゃないか、きみが忘れたわけではないんだろ?

a0278809_14545128.jpg

きっかけは、旧友たちとの旅行でした。

話せば話すほど懐かしい風景がよみがえってくる。つい先ほどのことのように。

ふと思いました。ひょっとして、ここが故郷ではないか。ふるい友だちといる、記憶の中が古巣ではないかと。

故郷って、ひとの心の中にあるのではなかったか‥‥‥

a0278809_14542162.jpg

今月は高校の同期会です。

またふるい友だちと会える。

心の故郷がもう少しひろがるかもしれません♪


[PR]
by march_usagi | 2016-10-08 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

「なむいち」再訪

a0278809_22491786.jpg

6月にご紹介したおそば屋さん、「坊ノ上なむいち」さんに、
みんなで行こうということになりました。

a0278809_22495095.jpg

a0278809_22501698.jpg

顔ぶれはいつもの同級生、

a0278809_225030100.jpg

今回は、Ta君も参加です。

a0278809_2250544.jpg

奥まった席を用意しといてくれました。

a0278809_2251728.jpg

店主のTs君からお酒のプレゼント、

a0278809_22512788.jpg

a0278809_22514392.jpg

お店が落ち着いたところで、店主も参加。

a0278809_2252244.jpg

a0278809_22522180.jpg

気がついたらいつか時はながれ、

a0278809_22523699.jpg

お客さんは誰もいなくなっておりました。

a0278809_22525236.jpg

そばが売切れたらその日は閉店‥‥‥

とびきりいい時間だった気がするな‥‥‥♪

a0278809_22531035.jpg

[PR]
by march_usagi | 2016-10-01 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)