子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

晩酌マティーニ

マティーニっていいですね。
名前からしておしゃれ。
a0278809_9491660.jpg

深夜のバーで、映画や文学、観てきた異国や失った革命を思いながら、ひとり傾けるのにふさわしい‥‥‥とかね。

わたくしこのお酒大好きで、はしごでバーにいったときは、たいてい注文します。
店によって味の違うのも面白い。
このあいだよった新橋のバーでは、なじみのマスターが世にもドライなマティーニを特大のグラスでだしてくれました。
a0278809_9494462.jpg

製法はいたって単純です。
ジンとドライベルモットを適当な割合で混ぜるだけ。
欠かせないつまみはオリーブ‥‥‥金属のピックに刺して沈めますが、わたしはいつも「2個入れてね」と増量してもらいます。

このマティーニ、家でも吞めないかしらん‥‥‥ある日そんなことを考えました。
だって、混ぜるだけじゃん‥‥‥
a0278809_950384.jpg

ジンはビーフィーターの47度にしてみました。ジントニックにはゴードンジンを使うことが多かったのですが、まずはこいつを試してみようと思います。
a0278809_950164.jpg

イタリアのベルモットは甘口だし、色もついているので敬遠して、
今回はフランスのノイリー・プラットの辛口‥‥‥大きな瓶だな、1リットルもいらないんだけどなぁ。
a0278809_9503740.jpg

量は概ね ジン : ベルモット = 3 : 1
ま、適当でいいのですけれど、目安代わりに計量カップ

ジェームズ・ボンドは “ Shaken, not stirred! “ と指定するのですが、
つまりシェイカーでよくカシャカシャしろ、というのですが、
割り箸でかき混ぜちゃいました。

もちろんお店では、よく冷やしたカクテルグラスででてきます。
でも、うちにはないし、
a0278809_951617.jpg

吞めればいいんだからとただのコップ‥‥‥イッタラですが、手にした具合が大変よいので愛用しています。
a0278809_952094.jpg

カクテルピックなんてものも売っていますが、おうちなんだから爪楊枝でたくさん。その代わり3個刺し♪

さてこれからがひと工夫で、
マティーニは見かけによらず強い酒です。
ジンは47度だし、相棒のベルモットも18度‥‥‥平均40度くらいになるかな。
口当たりをよくするために、きんきんに冷やす必要があるのですが、氷でロックにしたら台無し!

そこでまず氷を盛りまして‥‥‥
a0278809_9522521.jpg

グラスごと冷やすことにしちゃいました。
待つこと数分、グラスが曇ってきたら吞み頃です。

無論薄くもならず、よい味のまんま‥‥‥
a0278809_95243100.jpg

なんだ、ちゃんとバーの味じゃないか!
ま、雰囲気は落ちますけれどね‥‥‥♪
[PR]
by march_usagi | 2015-08-29 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

ゴーヤの突きだし

飲み屋さんでおいしいな、って思ったゴーヤの突きだし‥‥‥
家でつくれないかな、と思いました。
a0278809_14541053.jpg

早速、挑戦!

a0278809_14542162.jpg

ふたつに割って、スプーンでワタを削りとり、薄切りにするまではチャンプルーと同じ。
お浸しの味が気にいったのだけれど、確か醤油より出汁がたっていた。
てことは、お澄ましの要領でいけばよかろう‥‥‥
a0278809_14543262.jpg

習ったわけではないのですが、母から味噌汁と澄まし汁の味を引きつぎました。
で、出汁たっぷりに多めの酒と塩少々、お醤油たらりの澄まし汁をつくります。
ただしお浸し用なので濃さは概ね2倍‥‥‥飲むにはちょっと辛いかな、というくらい。
常温にさましておきます。

a0278809_14544383.jpg

ゴーヤはさっと湯がくだけ‥‥‥沸騰したお湯にどっと入れ、ふたたびお湯が吹きあがる直前にざるにとって、
a0278809_14545992.jpg

水にさらし、

a0278809_14551159.jpg

えいやと澄まし汁にぶっこみます。

冷蔵庫で適当に冷やせばできあがり。

a0278809_14552056.jpg

確かにこんな味だった‥‥‥ゴーヤの苦味もしゃきしゃき感も消えていません。
男の味だね♪
[PR]
by march_usagi | 2015-08-22 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(4)

こんな朝がいいな

a0278809_16123453.jpg

a0278809_1613521.jpg

a0278809_16131847.jpg

a0278809_1613397.jpg

a0278809_16135221.jpg

こんな朝がいいな‥‥‥

a0278809_1614233.jpg

[PR]
by march_usagi | 2015-08-15 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(4)

アイフォンでよかったこと

そそのかされてアイフォンにしたのですが、
替えてよかったと思うことがいくつかあります。
a0278809_1541161.jpg

第一はやはり写真‥‥‥
携帯でも写真は撮れたのですが、
a0278809_15413462.jpg

これはあくまで間に合わせ‥‥‥ほかに手段がないのでとりあえず形だけ写す‥‥‥そんなものでしかありませんでした。

アイフォンは、そんな認識を気持ちよく覆してくれました。
a0278809_15414768.jpg

こんなちっぽけなレンズですからもちろん制約はありますが、
それにしてもよく撮れる。
a0278809_1542313.jpg

日常の「記録の眼」として、頼りになる相棒になりました。

a0278809_15421653.jpg

フェイスブックやツイッターといったSNSもさくさくとできる。
いちいちPCをひらく手間から、これまたずいぶん解放されました。

a0278809_15422921.jpg

おまけではいっていたヘルスのアプリですが、なにも設定していなかったのに毎日の歩数や階段の昇りの回数が表示されます。
一万歩超えるとなんか達成感あるし、
a0278809_15424222.jpg

なぜかエスカレーターを使わず階段で上り下りすることが増えました。
嬉しい副産物です。

a0278809_15425573.jpg

考え方が変わったのが “kindle” でした。

a0278809_1543836.jpg

わたくしやはり古い人間で、「本は紙」と頑なに決めていたのですが、
そしてもちろんその考えに変わりはないのですが、
ある種の出版物、
あるいはある種の読み方には、
電子書籍が適しているのでは、‥‥‥なんてこと思いはじめました。
a0278809_15432687.jpg

わたくし、漫画も大好き。

a0278809_15433885.jpg

「少年サンデー」が歴史に登場したとき、いの一番に定期購読したという自負もございます。

a0278809_15435036.jpg

で、ちょっと試しに買ってみた『海街diary』‥‥‥
あれま、ちゃんと読めるじゃないか。
a0278809_1544385.jpg

ちょっと拡大すれば、ディテールも文句なしに見えます。

a0278809_15441514.jpg

漫画といえども、紙だと立派に場所をふさぎます。
が、
a0278809_15442843.jpg

“kindle”だったらこれ一台、何百冊でもOKです。

a0278809_15444153.jpg

それと、読みたくなったらたちどころに手にはいるのもすごい利点。
本屋さんに走る、
Amazonの配達を足踏みして待つ、
なんて必要まったくありません。
a0278809_1544589.jpg

外国語のペーパーバックなんかも電子書籍がむいていますね。
紙より安いし、もちはこびも楽ちん。
わからない単語がでてきたら指先でタッチするだけ
a0278809_15453271.jpg

ちゃんと訳語がでてきます。
これめちゃくちゃ便利です。
a0278809_1545422.jpg

重くかさばる本も、片手で読むことができて、しかも明かりがいりません。

「進歩」ってことばに疑いが増す今日この頃ですが、これは確かにありがたい。
恩恵に浸る日々でありました。
[PR]
by march_usagi | 2015-08-08 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(4)

アイフォンを一眼レフと比べてみた!

半信半疑だったのですが、
a0278809_19172131.jpg

スマホのカメラは劇的に進化していました。

遅ればせながらiPhoneを買い、その性能に驚いています。

a0278809_19175032.jpg

写真撮るならちゃんとしたカメラ‥‥‥
a0278809_191878.jpg

ケータイは、ほんとうになにもないときの記録用、と割りきってきましたが、
スマホになって、その考えは修正しなければならない‥‥‥そう思いはじめました。
試してみたら、
a0278809_19183851.jpg

ちゃんと撮れてるじゃないか。

a0278809_845778.jpg

というわけで、iPhoneの実力がどんなものか、試してみることにしました。

a0278809_19191888.jpg

比較してみようと思うので、最初は一眼レフで。機種はニコンのD700です。

a0278809_1920733.jpg

コンデジは、リコーのGX100‥‥‥少しべたっとしますが、そこそこ追いついています。

a0278809_19203842.jpg

iPhoneの画像はこれ‥‥‥ピンのあっている範囲が狭くなり、全体に赤みがのってきました。でも、単独で見れば、全く問題ありません。

ただ、ちょっと遠近をつけると、特性が表にでてきます。
a0278809_19211865.jpg

ピュータのジョッキを少し離して置いてみました。一眼は105mmの軽い望遠ですが、距離感は自然です。うしろのジョッキがボケて、気持ちよい立体感がありますね。
a0278809_19215581.jpg

コンデジは、大きさとしては自然ですが、うしろのジョッキがボケないので、やはり立体感が不足します。
a0278809_19222118.jpg

驚いたのはiPhone‥‥‥こんなにも広角だったのですね。
広い範囲をとらえるので、遠くのものはより小さくなって内側にはいってくる。
ボケはもちろんでないので、大きさ感や立体感は期待できません。

ここで、ははんと思いました。
iPhoneの使い方は、たぶん近くの食べ物や物を単品で撮ることに特化している。
あるいは広い背景をいれた人物の記念撮影にむいている。
多少赤みがのるのも、人物の肌を生き生きと見せたり、食べ物を美味しく見せるためではないか。
a0278809_19225473.jpg

つづいて屋外です。せっかく年間パスポートがあるので、ズーラシアに行ってきました。まず一眼の絵。

a0278809_19232120.jpg

iPhoneは2〜3mの距離からです。「望遠」はかけていません。まぁそこそこの絵、ただハイライト部分はとんでいます。
a0278809_19235125.jpg

やや浅いけれど、ここはやはりコンデジのほうが再現力は上かな。ディテールもしっかりあるし。
a0278809_19244874.jpg

つづいて望遠系。一眼は、300mmの長玉‥‥‥距離は20m以上です。

a0278809_19251326.jpg

iPhoneで思いっきり拡大してみました。全然うまくいきません。
ひとつには、対象のシロクマがつねに首を左右にふってピントが定まらないこと、
もうひとつは光学望遠レンズと電子式の望遠との物理的差でしょう。
所詮「望遠」といってもヴァーチャルなものでしかない‥‥‥ということなんでしょうね。

a0278809_19253682.jpg

もうひとつ苦手なのが、ピントをえらべそうな点がたくさんある場合。
一眼ではうんと絞り込んで、パンフォーカス状態にし、中央を一点フォーカスで狙えばこんなふうに撮れますが、
a0278809_1927570.jpg

iPhoneではどこにピントを置いたらよいかわからなかったらしく、このようにぼやけた写真になってしまいます。

a0278809_19273289.jpg

予想外だったのは、暗い内側と極端に明るい屋外とがセットになった環境‥‥‥
一眼がうまく撮れるのは当然として、
a0278809_19275784.jpg

iPhoneの絵も悪くありません。光の感じもつかめているし、人物も暗いけれどつぶれていない。拡大もある程度ききます。

a0278809_19282118.jpg

コンデジだと、どうも臨場感がよくありません。ただ、人物を中心に考えると、これはこれであるんでしょうね。


昔、富士フイルムが「写ルンです」というレンズ付きフィルム(カメラとは呼ばせませんでした)をだしていました。
これ、確かに写りました。感度の高いフィルムで絞りこみ、1〜2m先から無限大までピントが合ったような写真が撮れたのですが、
iPhoneの写真もある意味似たようなコンセプトだと思いました。
a0278809_19284719.jpg

いずれにしても、レンズはこんなものだし、
であれば、一番多用されるシチュエーションにあわせて、そこにふさわしい設計にする。
①まず、ひとりから数人の人物写真‥‥‥ピントよく、肌色の再現がきれいで背景も広めに写ってほしい。
②つぎは、食べ物やファッション‥‥‥メールやSNSに添付するので、質感、彩も大切でしょう。
③最後がなんとなくの風景‥‥‥ひとに見せたり、思いでにしたりする類ですから、なんとなく全体にピントがきているように写ってほしい。

逆に云えば、それ以外のシチュエーションは切りすてて機能を特化させる。
そんな道具なんでしょうね。

過信はしない。
それに向いたところで使う
‥‥‥そうすれば、実に便利な道具だと思いました。
a0278809_19291381.jpg

[PR]
by march_usagi | 2015-08-01 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(4)