子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 暗..
by march_usagi at 20:28
ギリシャの古美術は普通に..
by otyukun at 06:36
ターコーへ 畏敬の念を..
by march_usagi at 12:16
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
見慣れた日本の風景とは全..
by otyukun at 15:28
otyukunさま 謎..
by march_usagi at 22:04
矢張り屋根はあったんです..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 途..
by march_usagi at 12:31
素晴らしい高原ですね。 ..
by otyukun at 23:40
otyukunさま 柱..
by march_usagi at 15:05
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
憑きものおちて夏休み
at 2017-08-05 00:00
ギリシアの博物館で考えたこと
at 2017-07-29 00:00
デルフィーは世界の中心
at 2017-07-22 00:00
古代アゴラでとける謎
at 2017-07-15 00:00
雲のうえの花園 霧降高原
at 2017-07-08 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カテーテル奮戦記 その②

入院したのは手術の前々日、パジャマやタオルは、指定の業者さんが清潔な替えを配達してくれるので荷物も軽量でした。
a0278809_11104765.jpg

一番重かったのは、結局本と辞書。

a0278809_1111363.jpg

加えてしんどいときは漫画だと、娘がコミックをどっさり用意してくれました。

a0278809_11111318.jpg

経験された方はご存じと思うのですが、手術前の患者は意外と多忙です。
日常的な検温、血圧測定は云うにおよばず、「カテーテルアブレーション」をおこなうためのスペシャルメニューがありまして、
まず心電図検査、
レントゲン検査、
採血、
点滴、
造影剤をいれたCTスキャンなんてありまして、このスキャンには造影剤に関する医師の説明と、承諾書が必要になります。
わたしの心臓の具体的な大きさ、形状がつかめるのだそうで、これによって作戦がたてやすくなるのだとか‥‥‥
極めつけは、「経食道心エコー」というやつでありまして、心臓の真後ろの食道から管を入れ、左心房内に血栓がないか確認いたします。
a0278809_11113665.jpg

わたくしこの入院の直前、会社の人間ドックにはいっておりまして、オプション検査で胃カメラを選択いたしました。多少苦しいけれどまず正確だし、翌日までつづくバリウムの呪いがありません。
なので、「これって胃カメラみたいなもんですよね、楽勝々々」とひょこひょこ出かけたのですが、これが予想を覆す代物でありまして、
a0278809_11114616.jpg

なんたって管が太い!
胃カメラの管がせいぜい鉛筆だとすれば、この心エコーの管はそれを4本束ねたくらいの太さがある。目にしてゲッとたまげたのですが、のどから突っ込まれたときの苦しさときたら、もし柔道であれば即座に畳バンバンたたきたくなるような凄まじさ!
先日「18禁カレー」でながした涙を、わたくし盛大にながしました。

検査の結果、手術問題なしと判明したのでいよいよ本番です。
a0278809_111226.jpg

一度乗ってみたかった憧れのストレッチャーにしばりつけられ、家族に見送られて出発進行♪
よく映画で天井が疾走するように運ばれていくシーンありますが、経験したらちょっと違いました。あれって結構蛇行脱線するのですね。身の危険を感じる瞬間もありまして、乗り心地は決して最上とは申せません。

これも映画のシーンでは、手術室ってがらんとしたクリーンルームで、手術用照明で煌々と照らされている。主任医師を中心に精鋭のスタッフが息を殺すように待っていて、無言のうちにオペが開始される‥‥‥
なんて思っていたらこれも大違い!
a0278809_11123189.jpg

機材倉庫みたいに器具だの配線だの入乱れた場所に、わいのわいの若者が満ち溢れていて、どうやらそれぞれ受け持ちがあるらしい。わたしが入室するや、わっと寄ってたかって作業開始です。
頭もちあげて二重に帽子かぶせてくれる方‥‥‥
「鼻から温度計いれますからね」こともなげに云って鼻の穴から痛い管を突っ込まれる方、
「ちくっとしますよ」っと、覚悟の暇もなく鼠蹊部に針さしこんでくれる方、
酸素だか睡眠剤だか、鼻にマスクを固定される方、
a0278809_11124413.jpg

そうこうするうちになんだかうっすらと夢うつつの状態になりました。
まわりの人々の声は聞こえる、
ときおり「うさぎさん、聞こえますか」という声にはちゃんと返事ができる。
でも夢を見ているみたい、‥‥‥そんな不思議な状態になりました。
姉の手術は完全麻酔だったそうですが、医科歯科大では部分麻酔しかしません。ただ苦痛軽減のため、点滴麻酔で居眠りに近い状態にするようで、
ただ本当に痛いとき、苦しいときには目がしっかり覚め「痛い、痛い、もう限界っ!」なんて叫ぶこともできます。事実胸のあたりがグワっと苦しくなり、2度ほどそんなこと口走った記憶があるし、マスクが鼻からずれて息苦しい、なんてお願いしたこともありました。
a0278809_1113023.jpg

施術がすべて終了すると、カテーテルを抜く作業に移ります。太い血管に太い管を刺しっぱなしにしていたわけで、のんびりやっていたら血がとまらない‥‥‥なのでお医者さんが(たぶん一人だけじゃなかったと思うのだけれど)鼠蹊部にのしかかって、渾身の力で押さえつけます。これ、本当にすごい力です。居眠りはすっかり覚めて、圧迫にひたすら耐える。耐える。苦しいという声もでません。
最後にバンデージでがちがちに固めて手術は完了。
「うさぎさん、終わりましたよ」にうなずくと、お医者さんと看護師さんたちの笑顔が見えたように思えました。
a0278809_1113145.jpg

2時間ちょっとかな、と云われていたのですが、実際には4時間半‥‥‥待たせた家族にも心配かけました。

さてこれで万事めでたしめでたしかと云うと、まだちょっと早すぎです。
止血を完成させるため、6時間、腰から下の身動きが止められます。膝を動かすのもダメ、腰を浮かすのもダメ、寝返りなんてとんでもない‥‥‥これ、きついです。
居眠り薬が残っていたうちは、うつらうつらと半眠半覚醒でいたのですが、覚めてしまうと腰の痛いこと痛いこと‥‥‥薄い枕をいれてもらったり、さすってもらったりするのですが、同じ姿勢をつづけるのってほんっとに辛い。
しかも‥‥‥、
a0278809_1113332.jpg

7時間後(お医者さん行方不明で1時間プラス)止血確認でバンデージをひらいたら、血がピュッと噴きだす始末。
再び若いお医者さんふたり掛かりで渾身の圧迫止血です。すごい力‥‥‥今度は薬も何もありませんからひたすら痛い、苦しい‥‥‥あたしゃもう還暦過ぎてんだよってば!
「あと3時間したらまた診てみましょ」とのさり気ないお言葉が、いや増す腰の痛みとともに残されたのでありました。
a0278809_1113508.jpg

それから3時間‥‥‥家族にも帰ってもらい、消灯された部屋でひたすら時のたつのを待ちました。「腰が、腰が‥‥‥」とあいた手でさすり続けました。
幸いつぎに開いてみたら血は止まり、寝返りも解除されましたが、その時のほっとしたことと云ったら‥‥‥
a0278809_111441.jpg

手術の翌々日には退院で、重病でも大手術でもないし、長期間入院していたわけでもないので、大げさと云われるかもしれませんが、やはりとっても嬉しいものです。
不思議ですね、病院のパジャマから普段着に着替えるだけで、こんなにも世界が変わって見える。
コーヒーも美味しかったけれど、「すし辰」さん折詰の寿司を肴に呑んだビールの味は今までにない旨さでした。
a0278809_11141945.jpg

それにしても、ヒトの身体なんかほんとにもろい‥‥‥壊れるときはたやすく壊れます。
それを回復させ普通の暮らしをとりもどす、できなくとも少しでも改善する、そんな仕事に黙々ととりくまれているお医者さんや看護師さんに本当に頭が下がります

世のため、ひとのための仕事なんて、わたしの職業人生の中で数えるほどしかなかったけれど、このひとたちは日常茶飯事のようにそうした仕事を続けている。
‥‥‥考えさせられてしまいました。
[PR]
by march_usagi | 2015-04-25 00:00 | そのほか | Trackback | Comments(4)

カテーテル奮戦記 その①

きっかけは高校の同期会でした。
カテーテル派伝道師を自称するM君がそばにきて、
a0278809_222592.jpg

「うさぎ、おまえ不整脈だろ。思いきって手術しちゃえよ、俺なんかすっきり治っちゃったぜ」
とこう云うのです。
指摘のとおり、わたくしかなり長いあいだ不整脈に悩まされておりまして、
この病気、経験ない方には説明しにくいのですが、脈が乱れる‥‥‥
ふだんトックン、トックンと規則的に打っている脈搏が、ある瞬間急に乱れはじめまして、
そうですね、乱数表でモールス信号打つような、トトツーツート‥‥‥(間)‥‥‥ト、ツー‥‥‥(間)‥‥‥トトトトトトみたいな鼓動になるわけです。
始まるととにかく動悸がする、息が切れる、気持ちわるい、眠れない‥‥‥そんな状況になりまして、
a0278809_22253374.jpg

ひどいときは、駅の階段見ただけで登るのあきらめてしまう。
幸い、よいお医者さんに巡りあえて薬でコントロールしてきたのですが、といっても週に1回は発作に悩まされてまいりました。

もうひとつのきっかけが二番目の姉で、やはり同じ病気に悩まされていたのですが、昨年果敢に手術をうけました。
a0278809_22254828.jpg

世の中大概なめきっているわたしですが、ほんの数人頭のあがらない相手がおりまして、
そのひとりがこの姉‥‥‥
「あたしにやれてあんたができないわけないじゃない。きっぱり手術うけなさいよ!」
と、迫るわけです。
a0278809_2226436.jpg

実はこのところ発作が頻繁になってきたこともあり、思いきって手術をうけることにいたしました。
a0278809_22261757.jpg

M伝道師の薦めもあって、かかりつけの医院から東京医科歯科大学附属病院を紹介してもらいました。
不整脈の手術では、定評のある病院です。

a0278809_22263221.jpg

この不整脈、いろんなタイプがありますが、要は心臓を拍動させる電気信号の乱れによるものなんだそうで、
異常に脈が速くなる「頻脈」とか、逆に遅くなる「徐脈」、わたしのみたいにでたらめになるタイプとかいろいろあるのですが、いずれにしても規則正しい電気刺激をどこかで乱すやつがいて、心房心室が命令通りのポンプ作業をおこなわなくなってしまうのですね。
以前は胸のところをメスとのこぎりで切りひらき、悪さしている部分を取り除いたそうですが、わたしの受けたのはも少し穏やかな「カテーテルアブレーション」という昨今流行の施術です。
血管を伝っていろんな作業用の管をねじ込み、問題のある個所を「焼灼」または「凍結」させ、不正な信号をシャットアウトしちゃうんですね。
a0278809_22284726.jpg

いれるところはたいてい鼠蹊部から、結構距離があるように思えるのですが、これが一番確実なんだそうです。


‥‥‥というわけで、いよいよ入院、手術と続くのですが、
すみません、この先ちょっと間に合わないので来週にまわします。
次回またみてくださいね。
[PR]
by march_usagi | 2015-04-18 00:00 | そのほか | Trackback | Comments(4)

ちょっとお休みします

身体の補修が必要になりました。
a0278809_14191643.jpg

病院に少しだけお泊りします。
たいしたことではないのですが、やはりドキドキ‥‥‥

というわけで、ブログの更新、ちょっとのあいだお休みします。
再開したらまた見てくださいね♪
[PR]
by march_usagi | 2015-04-04 00:00 | そのほか | Trackback | Comments(6)