子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ヤ..
by march_usagi at 22:11
ヤマモモがこんな大木にな..
by otyukun at 22:53
otyukunさま ニ..
by march_usagi at 20:12
デジカメで以前に持ってい..
by otyukun at 23:30
ターコーへ いろいろあ..
by march_usagi at 12:01
otyukunさま 鳥..
by march_usagi at 16:44
風雅な催しですね。 詳..
by otyukun at 21:32
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
いきついたところにD-5
at 2017-12-16 00:00
名まえについて
at 2017-12-09 00:00
このレンズは面白い トキナ1..
at 2017-12-01 00:00
晩秋の家族旅行
at 2017-11-25 00:00
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ことばの力

「言葉だ、カラバッジョ。言葉には力がある」
a0278809_9553762.gif

小説『イギリス人の患者』の作中で、全身やけどを負った患者が、盗人あがりのスパイ・カラバッジョに呼びかけることばです。

「言葉には力がある」

ことばが仕事と人生の大きな部分を占めてきた私にとって、男のこの呼びかけは、留保なしに賛同できるものです。
そう、ことばには世界を読み解き、動かす力がある。
この力を藉りずにいかなることも解釈できないし、この力を介せずにいかなるものも変化させることはできない。
それは、まさに西欧的知性のあり方の根本をなすものでした。

しかし西欧の知性は、広島に落とされた爆弾とともに意味を失う。
作中、原爆の報を聞いたインド人兵士は、英軍の装備をかなぐり捨ててアジアに帰ります。


読みおえたその場で、もう一度はじめから読み直したくなる本は、そうざらにありません。
『イギリス人の患者』はそうでした。他に『王道』、『凱旋門』‥‥‥

a0278809_956436.gif

クリスタ・ヴォルフの『カッサンドラ』もそのひとつでした。

『カッサンドラ』の悲劇は、「拒否」される知性の悲劇です。
世界の崩壊を予言するものは、そのことばを疑われる‥‥‥
カッサンドラの予言に耳傾けなかったように、ひとはひとたび権威を失ったことばに心をひらくことはありません。
それは社会主義の知性‥‥‥ヴォルフをはじめとした東側知識人の悲劇でもありました。

a0278809_9562326.gif

そしてここにもう一冊、はじめから読み返したくなる本が現れました。

スイスの凡庸な語学教師が、ふとした偶然で手にしたポルトガルの本‥‥‥それにはこんなことばが書かれていました‥‥‥
「何千という体験のなかから、我々が言葉にするのはせいぜいひとつだ。そしてそれさえ、単に偶然のなせる業であり、本来その体験に値するだけの再審査で言葉にされることはない。言葉にならないあらゆる体験のなかに、気づかぬうちに我々の人生に形、色、旋律を与える出来事が隠れている。‥‥‥中略‥‥‥観察の対象は、静かに佇んだままではいてくれない。言葉は体験したことがらから滑り落ち、最後に紙の上に残るのは矛盾ばかりだ」
(『リスボンへの夜行列車』パスカル・メルシェ著 浅井晶子訳 早川書房)

魅せられた教師は、サラザールの独裁体制にさかのぼり、医師として、レジスタンスとして、なにより思惟する魂として生きた著者をもとめ、それまでの生活を捨ててポルトガルに向かいます。

「我々が、我々のなかにあるもののほんの一部分を生きることしかできないのなら----残りはどうなるのだろう?」

原作はドイツ語圏で200万部のヒットとなりました。
難解とまではいえませんが、ことばの厳密性と抽象性とが古典的なロマン文学を鎧のように包みこんでいます。決して読みやすい本ではない。紐解くにはそれなりの教養と集中、覚悟がいります。
そんな本が200万部も読まれている‥‥‥
ドイツ人らしい理屈好きと単純に考えてもよいかもしれませんが、私にはちょっと別の解釈もあります。
a0278809_9565260.gif

文学の斜陽が指摘されてから、半世紀以上になります。
とりわけ欧米の文学は、50年代以降、ひ弱なニューヨーカー以上の文学を生んでこなかった。
a0278809_9571253.gif

唯一の例外が中南米です。
ガルシア=マルケスをはじめとした目くるめくような文学が、密林の植物のように生まれてきました。

でも、それは伝統的な「知」の文学とは少し違う‥‥‥というより西欧的な論理や思考を飛び越えた、パッションと幻想と寓意の物語でありました。
a0278809_9584333.gif

だからこの理屈っぽい、西欧型「知」の伝統にしっかり根ざしたこの小説がブームを巻き起こしていることに、私などは驚いてしまう。
そしてその動きのなかに、西欧型・デカルト型思考への回帰が仄見えるのではないかなどと期待してしまうのです。
いずれにしても、知識と論理をフル回転させながら小説を楽しむという、久しく忘れていた経験‥‥‥それはやはり至福でありました。
a0278809_959524.gif

ことばには、力がある‥‥‥あらためてそう思うのです。
[PR]
by march_usagi | 2014-09-27 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(4)

病院の赤い犬

a0278809_11105985.gif

国立病院機構横浜医療センター‥‥‥
昔の横浜国立病院というとご存じの方が多いかもしれません。

わたしの育ったのはこの裏手、当時は病院の敷地が広大に広がっていました。

今は公団になっていますが、
a0278809_1134396.gif

ここには病院のグラウンドがあって、職員の野球チームが練習をしていました。
もちろん使われていないときはわたしたちが遊びます。

思いだすのは野犬の群れ
都市部では完全に姿を消してしまいましたが、当時野良犬はありふれた風景の一部でした。
毎日のようにグラウンドに姿をあらわし、しばしわたしたちの遊ぶのを眺め、それから一塁側の脇道をとことこと行進していきます。
a0278809_1135620.gif

先頭を行くのは、土佐犬くらいの大きな赤犬で‥‥‥わたしたちは「アカ」と呼んでいました。

a0278809_114113.gif

一塁側の原っぱの先には、古い産婦人科の病棟が兵舎みたいに建っていましたが、
アカたちの向かうのはそこ‥‥‥

病棟の非常口のあたりに、もう産んじゃったのか、これから産むのか、とにかく当面なにもすることのないお母さんたちがたむろしておりまして、
食事やお菓子の残りものを手に、野良犬の来るのを待っているのであります。
a0278809_114277.gif

宿のない犬があたりまえに受けいれられていた時代‥‥‥お母さんたちは子どもに与えるように食べ物をあたえ、犬たちは尾を振って食べる。
そばで子どもたちが遊んでいる‥‥‥

あのころの、ふだんの午後の風景でした。
はるか昔から続いていたのでしょうね。

ヒトがイヌに食べものを保証し、
イヌがヒトのテリトリーの番をする、
‥‥‥原始のギヴ・アンド・テイクがかすかにただよっていた時代でもありました。
[PR]
by march_usagi | 2014-09-20 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

秋、箱根、再び‥‥‥

a0278809_14593576.gif

ふたりで行くのは、これが最後かもしれない‥‥‥
そう思って箱根をおとずれたのは、梅雨にはいる少し前でした。

a0278809_150963.gif

a0278809_15132055.gif

a0278809_1503447.gif


a0278809_1505687.gif


家内の手術から2ヶ月‥‥‥

a0278809_1512961.gif

a0278809_151581.gif

いつか箱根には、秋が訪れていました。

a0278809_1521938.gif

足取りはまだおぼつきませんが、娘がそばでささえてくれる。

a0278809_1523039.gif

a0278809_1524756.gif

人生の夏は過ぎたけれど、まだもう少し秋を楽しめそうな‥‥‥
ようやく、そんな気がしはじめました。
a0278809_153979.gif

[PR]
by march_usagi | 2014-09-13 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

いつか花咲けハスの種

世のなか「思いの外」ってことはままありますが、
今回面食らったのはこれ‥‥‥
a0278809_14475964.gif

ハスの種子(たね)でした。

普通種子なんか、水気を与えていれば勝手に芽をだしてくれるものですが、ハスの場合はそういかないという。
a0278809_14475481.gif

まず冷蔵庫で3日ほど寝かさねばならぬとか‥‥‥

これは、種子に「冬の気分を味あわせる」ためで、
直後に夏の気温にさらすと、一気に芽を出そうという意欲がわいてくるのだそうであります。

次に、「外皮が硬いので、そのままでは発芽しない!水を吸わせるために削れ」とあり、
a0278809_14485490.gif

セットには丁寧に、紙やすりがついておりました。

やってみたところ、これがとんでもない硬さ‥‥‥紙やすりがつるつるになるまでこすっても、一向に中身が見えません。

ネットをみると、
「ドリルを使って20分」とか
「剪定ばさみであけますが、指切らないように注意!」
なんて書きこまれていますから、やはり手ごわいようであります。
a0278809_14484576.gif

「貴金属でも削れる」というやすりまで用意しましたが、
a0278809_14492457.gif

結局最後は使い慣れたペンチとニッパーでブチッ!
a0278809_14485183.gif

ようやく中身が拝めました。

綺麗な水につけて、暖かい場所におくと書いてあるので‥‥‥
a0278809_14495950.gif

つけてみたけれど、なんだか浮いてる‥‥‥

a0278809_14492574.gif

水につけてから4日目、なにか緑色のものが、
‥‥‥どうやら発芽に成功したようでありました。

でもまぁ、実はこれからが本番らしく、
a0278809_14494572.gif

a0278809_14501894.gif

発芽したものをちょん切れたり腐ったりしないように育て、

a0278809_14501835.gif

鉢に植え替え、
根が張り、茎が立ちあがり、
地中の蓮根が育ち、
ようやっと花が咲くのは場合によっては5年後だとか‥‥‥気の長い話です。
こちらの命だって、もたないかもしれないのに。

でもね、思うのですよ‥‥‥我が亡きあとにきたれと願うのは、もちろん洪水なんかでは決してない、
まして毒され、犯され、汚染されつくした国土なんかじゃなくて、
やはり花咲き鳥の舞う、健全な大地であろうと‥‥‥。

だから、5年かかろうと10年かかろうと、これでよいのだ! とも思うのであります。
a0278809_14504988.gif

[PR]
by march_usagi | 2014-09-06 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)