子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

世之介と深夜放送

背表紙を眺めているうちに急に読んでみたくなった
a0278809_1458029.gif

a0278809_14572188.gif

『好色一代男』ですが、

読んでいるうち思いだしたのは、なぜかラジオの深夜放送‥‥‥
『パック・イン・ミュージック』という、確かTBSだったと思うのですが、深夜1時ごろからやっていた番組のことです。
a0278809_1458652.gif

          <『シリーズ20世紀の記録1969-1975』毎日新聞社より>

金曜の夜は野沢那智さんと白石冬美さんがパーソナリティーで、おもに音楽とおしゃべり、リスナーからのお便り、リクエストもありました。
そのなかで朗読ではないのですがエッチ話古典講釈みたいなコーナーがありまして、そこでこの『好色一代男』を面白おかしく紹介しておりました。世之介の名を憶えたのはこのコーナーのおかげです。

どっちが先か忘れましたが、『金瓶梅』もここで紹介してくれて、やはり西門慶、潘金蓮なんて名に親しんだものでありました。
a0278809_15274635.gif

60年代も後半で、娯楽に乏しい時代ではなかったのですが、翌朝学校でこの番組を話題にするのが楽しみで、白々明けまで耳傾けていたものです。
街では70年の安保闘争が盛大に闘われていた時代でありましたけれど、一方でひっそりと、深夜のラジオにかじりつく、そんな青春も共存しておりました。

a0278809_15273076.gif

                  <『日本古典文學大系』岩波書店より>

さてその世之介ですが、こちらそれこそどっちもない話でありまして、7歳で家の女中に手をつけてから、60の還暦にいたるまで「たはぶれ」し女3,742人、「もてあそび」ける若衆725人というのですから半端ではございません。
a0278809_15292426.gif

金のないときはないなりに、あるときは湯水のように使って、上は名のある太夫を総なめに下は名もなき女房まで、女と見れば、あるいはいい男と見れば片っ端からものにします。

もちろん失敗も山とあって、
a0278809_15292278.gif

女に殴られたり、袋叩きにされたり、
a0278809_15291076.gif

刃傷沙汰におよびそうな事態にもあったりしますが、そこはまったく涼しい顔。
懲りたら好色の名がすたる♪
a0278809_15301049.gif

さんざ遊び飽いた還暦のころ、「好色丸」と名づけた新造船に、太夫の腰巻でつくった緋縮緬の吹流しを掲げ、遊び仲間6人誘い合わせて、精力剤やら催淫剤やら堕胎薬、張子の類も山と積み、
「されば、浮世の遊君・白拍子・戯女 見のこせしこともなし。‥‥‥是より女護の嶋にわたりて、抓(つかみ)どりの女を見せん」と、‥‥‥天和二年神無月の末に行方しれず成にけり‥‥‥と姿を消してちょん。なんともふざけた話でありました。

a0278809_1530437.gif

それにしても西鶴の知識はすさまじい。訳注と首っ引きで読み通した『一代男』ですが、詩歌、古典、漢籍から下世話の風俗、遊里の店や太鼓もち、傾城の名前や風体、エピソードまで、いったいどうやって仕入れていたのでありましょう。
おかげでわたくし、今どき役にもたたない奇妙な知識をずいぶん貯えてしまいました。
a0278809_15301444.gif

[PR]
by march_usagi | 2014-08-30 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(2)

45年前のあの日

a0278809_1026737.gif

高校を出てから40余年の歳月が流れました。
わたしたちの背は、それから伸びなかったけれど、
植物たちはそうではなかった。
a0278809_1026471.gif

a0278809_1027472.gif

草で覆われていたスロープも、
枝葉をのばした樹木に日差しをさえぎられて、
今は土のむき出した、はだかの斜面になってしまいました。

でもここには昔やわらかい草が敷きつめ、
秋の終わりまで、制服でじかに座っても汚れることがありませんでした。

a0278809_10272061.gif

45年前のあの日、この学校で「紛争」がはじまりました。
なにがもとで、なにがどうなったか、ここで書くつもりはありませんが、

封鎖された校舎を背にして、
1年生から3年生まで、すべての生徒たちがこのスロープに集まり、
いろんなことを話しあいました。
a0278809_10274060.gif

鮮明に憶えているのは、K君のこと‥‥‥
夕暮れのせまる集会で、腕を高くあげてK君は発言をもとめました。

発言席で彼は一冊の手帳をかざします。
「みんなこれ何に見える?」
外国人登録手帳でした。
「僕は朝鮮人だ。毎年登録が必要だという。そのたびにこの手帳に強制的に指紋をとられる。犯罪者でもないのに!
「なぜなんだ? 僕と君たちと、どこが違うというのか‥‥‥」
a0278809_1028060.gif

たぶんその瞬間まで、わたしはまったく社会を知らなかったのでしょう。
だからノーテンキに自由や正義、平等や民主主義なんてものを、当然そこにあるものとして考えていた。
でもそれは見かけだけだった‥‥‥
a0278809_1028156.gif

この木は、わたしがK君の声を聞いたすぐ脇にはえていた木‥‥‥
その頃は細くひょろひょろとした若木でしたが、
40余年の間にこんなにみごとな大木となりました。

60を越えた今、わたしは願うのです。
あのときの羞恥が、あのときの動揺が、あのときの切り裂かれるような思いが、
わたしのなかでも地に根付き、この木のように枯れることなく、
生きている限り脈打ちつづけていてほしいと‥‥‥
a0278809_10282637.gif

[PR]
by march_usagi | 2014-08-23 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(0)

いなばのカレーの味くらべ

缶詰のタイカレーが、話題になっているそうです。
「特にグリーンがおいしいんだって」
娘にそそのかされて、つい買ってきてしまいました。
a0278809_12454773.gif

どれもタイの工場で作っているらしい。
味くらべをしてみようと思います。

a0278809_1247235.gif

a0278809_12471565.gif

こんな皆さんもいましたが、今日は審判その他大勢になっていただきます。

a0278809_12473214.gif

やはりご飯は炊きたてでなくちゃね。

a0278809_12475829.gif

それぞれ開けてみましたが、見かけが違うので混同する心配はないみたい。
左端から時計回りにグリーン、豆、イエロー、レッドの皆さん。

a0278809_12483796.gif

a0278809_12485160.gif

ふむ、ふむ、どれもそこそこいけるじゃない♪

a0278809_1249969.gif

まずイエローでありますが、いかにもタイらしく、ココナツミルクが濃厚に感じられる味。お腹すいているときはうれしいだろうなぁ。

a0278809_12492784.gif

ついでグリーン‥‥‥さらさらとしたスープタイプで、ココナッツミルクは出張っていません。ただ油断していると、結構辛い。
タイにはちっこくて緑色した、めちゃんこ辛いトウガラシがありましたね。

a0278809_12494544.gif

レッドです。見た目一番辛いかと思いきや、これが実はノーマルです。
材料とルーとのバランスがとれた、といえばよいでしょうか。鶏肉もおいしい。

a0278809_12495945.gif

ついでなので、インド豆カレー‥‥‥
豆って結構カレーと相性が良い、そう思ってきましたが、これもそうでした。
なんか南アジアにきたみたい。

というわけで、思いのほかに楽しめるひとときでありました。
a0278809_12502296.gif

わが家の一番人気はレッドカレーでしたが、わたしとしてはグリーンが好みかな。
ちなみにカレー好きの息子その1は、イエローの箱を衝動買いしてしまったそうであります‥‥‥♪
[PR]
by march_usagi | 2014-08-16 00:00 | おいしいもの好き? | Trackback | Comments(2)

わたしは鉄筆

a0278809_151374.gif

わたしは鉄筆です。
なにをするかと云うと、ガリ版原紙をつくるのがお仕事‥‥‥

a0278809_1515987.gif

相棒のやすりです。
下敷きに使いますが、鉄製で結構重たい。

a0278809_1521452.gif

これが専用の「原紙」ってやつでして、紙のうえに薄~く蠟が塗ってあります。
その蠟の皮膜をがりがり削りとる‥‥‥削られた線の部分はそこだけインクがしみるようになりますので、ローラーでこすると印刷物が刷り上る。

a0278809_1523127.gif

ひと昔前、学校や職場で使われるプリントはたいていこれでした。
謄写版またはガリ版刷りと云います。

a0278809_152481.gif

写真の謄写版印刷機はハガキ専用のミニチュアサイズですが、学校や職場にはこれのB4サイズがでんと控えておりました。

a0278809_153786.gif

テストとかお知らせなんかも、みんな先生がたが手作りで刷ってくれたんですね。

a0278809_1532390.gif

ガリ版は70年代まで現役でした。
学生運動真っ盛りのころは、深夜、会議が終わってから原稿を書き、徹夜でガリ版切って早朝から印刷、
まだインクの匂いのするビラを抱えてキャンパスを走りまわったものです。

a0278809_1533791.gif

こちら兄弟の「つぶし」の鉄筆‥‥‥見出しなんかの太い文字を書くときに使いました。

a0278809_1535089.gif

書き間違えたときは、この修正液を塗って切りなおします。

意見を伝えるには、紙しかなかった時代のお話‥‥‥
憶えているひとも少なくなっただろうなぁ。
[PR]
by march_usagi | 2014-08-09 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

瀬谷のオアシス

a0278809_17284470.gif

昔をご存じの方はびっくりされるでしょうが、
ここは相鉄線瀬谷駅。

a0278809_17285643.gif

懐かしい木の階段も、近代的なエスカレーターに変わりました。
a0278809_17291233.gif

かつて駅の間際まで迫っていた畑も、周辺には見あたりません。

多少家のなかが落ちついたので、この日ちょっとだけ足を延ばしてみました。
暑い日でした。
a0278809_1729292.gif

a0278809_17295033.gif

瀬谷の駅頭から八王子街道まで、ほぼ一直線に伸びた「海軍道路」。
旧海軍の施設があった一帯を、敗戦後米軍が接収し、上瀬谷通信施設として使用していました。
a0278809_1730849.gif

もっとも現在は使用されておらず、
a0278809_17302885.gif

草原でのんびりおじさんが凧をあげております。

a0278809_17304499.gif

a0278809_17311163.gif

このあたりから道の両側は桜の並木‥‥‥花の季節は人々でにぎわいますが、今はこんな感じ。
a0278809_17312577.gif

かような看板もあったりして‥‥‥。
a0278809_1731468.gif

そろそろ暑さにへばってきたので道を変え、ぐるっと回って瀬谷駅にもどります。
a0278809_1732555.gif

a0278809_17322184.gif

a0278809_17323553.gif

妙心寺は日蓮宗のお寺‥‥‥木陰で息をつきました。
a0278809_17324652.gif

a0278809_17331184.gif

やはり古い土地なのですね。
境を守る神さまや仏さまがそこここに立っていらっしゃる。

ただなんといっても暑い日でありまして、
a0278809_17333076.gif

結局いきつくところはいつもと同じ‥‥‥
ビールがあればそこがわたしのオアシス、です♪
[PR]
by march_usagi | 2014-08-02 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)