子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ま..
by march_usagi at 06:44
矢張り夜景は絶品ですね。..
by otyukun at 22:49
otyukunさま ヴ..
by march_usagi at 22:44
矢張り凄い歴史の街ですね..
by otyukun at 22:58
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
アテネの街角で
at 2017-06-24 00:00
アメイジング・メテオラ
at 2017-06-17 00:00
水の都の昼と夜
at 2017-06-10 00:00
ムラーノ島のうさぎ
at 2017-06-03 00:00
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

畠山重忠の最期の日

わたしの住んでいる界隈にはとりたてて有名なものはありません。
10年ほど前に「ズーラシア」という
a0278809_11463529.jpg

昔 動物大好き少年であったわたしにはけっこう嬉しい大型の動物園ができたのですが、

それを除けばここはやっぱり横浜のチベット‥‥‥こういうとほんとのチベットの方は怒ると思いますが、つまり横浜の端っこにあって、なぜか標高が高く、冬の寒い日なんぞ 横浜駅が雨でもこの一帯は雪になっちゃうという‥‥‥そんなところでございました。
a0278809_11465433.jpg

名産や名物もなにもなく、友人にどんなところ、と訊かれても「ま、普通のとこ」と答えるしかありません。

唯一メジャーな歴史に関係するものがあるとすれば、それはご近所に畠山重忠の終焉の地があるということ‥‥‥
a0278809_11471737.jpg

ま、碑なんてものはご覧のとおり絵になるものではありませんし、重忠の首級を洗ったという首塚のお地蔵さまも生々しくて好きではありません。
a0278809_11473378.jpg

ただ数多い源平の武将のなかで、この畠山重忠というお侍さんは誰にも愛されるよい男‥‥‥といいますか、あまりに真っすぐで強くて情けにあふれていて、ひねくれ者のわたしなどは も少し毒があったってよかったのではなんて思ってしまいます。
a0278809_11475231.jpg
 
鵯越えで、愛馬をかばって担いで降りたというありそうもない話も、わたしの大好きな逸話のひとつ。

重忠の最期は、北条氏の陰謀によるものであったことは間違いありませんが、ひとのいい重忠が偽の動員をかけられ「いざ鎌倉」と駆けつけたところ、その行く手に味方であるはずの源氏の大軍が待ち構えていたという悲しい結末‥‥‥その最後の戦場がわたしの住む街でした。

運命の日の3日前、埼玉は菅谷の庄をたった重忠の一行は総勢わずか134騎、まずは鎌倉に着くことが目的ですから全員旅装のまま、つまり軍装をしていなかったのですね。
重忠のとった鎌倉街道は急坂を転げ落ちるように降りたこのあたりで川をはさみ、
対岸に小高い丘を望むことになります。
a0278809_11484362.jpg

その丘の上に、重忠を待ち構える無数の白旗が翻っておりました。

ここいらへんは正史の『吾妻鏡』にあたるべきなのでありますが、原文はとても歯がたたないので吉川弘文社版の現代語訳を掲載いたします‥‥‥
元久2年6月22日(1205年7月10日)の項です。

‥‥‥略‥‥‥また畠山次郎重忠が参上するとの風聞があったので、道中で誅殺せよとの沙汰があり、相州(北条義時)以下が出陣され、軍兵は悉くこれに従った。‥‥‥中略‥‥‥つぎに軍兵らが出陣した。大手の大将軍は義時である。先人は葛西兵衛尉清重、後陣は堺平次兵衛尉常秀‥‥‥以下20人ほどの武将の名と10ほどの郷党の名がつづきます‥‥‥関戸の大将軍は式部丞(北条)時房・和田左衛門尉義盛である。前後の軍兵は雲霞のごとくで、山に連なり野に満ちた。‥‥‥
『現代語訳 吾妻鏡』第7巻 五味文彦・本郷和人編 吉川弘文館


ゆく手を阻むのが鎌倉勢と知って、重忠はようやく北条氏に陥れられたことを悟りました。

『吾妻鏡』には、重忠の陣を構えた場所を「鶴ヶ峰のふもと」と記載しています。現在、国道16号線が走っているこのあたりでしょうか。
a0278809_11493437.jpg

しかしここですと鎌倉方面の見通しが効かず、敵陣の様子がよくわかりません。陣を構えたのはもう少しあがった高台、ちょうどこの鉄柵のあたりだったのではないかというのがわたしの推測です‥‥‥
a0278809_11507100.jpg


両軍の激突地点は帷子川のこのあたり‥‥‥「矢畑」と云う地名が残っています。矢が粟や麦の穂のように突きたったからだとか‥‥‥
a0278809_11503741.jpg

a0278809_11505084.jpg

わずかな手勢にもかかわらず畠山軍は果敢に戦い、戦闘は二刻 つまり4時間におよびました。

これまた神奈川県の地名にも残る源氏の武者 愛甲三郎に内兜‥‥‥つまり鎧兜で被われていない顔面のことをさしますが、この内兜を射られ、重忠は自決、次男の小次郎重秀、乳兄弟の郎従本田次郎たちもそろって自決して一党は滅びました。

夫の危急をきいてやはり菅谷から追ってきた奥方も、ここで自ら命をたちます。
駕籠塚と云うのは奥方がここまで駕籠で来られて命を絶たれたから‥‥‥
a0278809_115181.jpg


確かになんもないつまらない土地ですが、ここに生きてきた人たちは800年の長きにわたってこの武将の最期の日を記憶してきたのでありました。
ちなみに近くの信月堂というお店で最近まで「重忠最中」と云う和菓子を製造していましたが、今は休業されているそうです。
[PR]
by march_usagi | 2013-11-30 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

『豊饒の海』、そして三島由紀夫

a0278809_1632350.jpg

『豊饒の海』を読んだのは学生のころ、
70年安保の余燼はさめやらず、三島の最期の記憶も鮮やかなころでした。

a0278809_16544867.jpg

以前書きましたが、わたしがインドを訪れたのは、
遠くにこの書物の記憶と影響が働いていたからだと思います。

a0278809_1634049.jpg

死と再生、瞬間と永劫‥‥‥過剰とも思える叙述を通して、輪廻の摩訶不思議に現れ消える人々の情熱とその腐敗を、確かにこの作家は書き残していました。

a0278809_1634153.jpg

三島由紀夫は思えば人騒がせな作家でした。
貴族育ちのひ弱な天才と片付けようとする世間を尻目に、次々に問題作を発表していきますが、

a0278809_16342894.jpg

耳目を集めたのはむしろその作品より
a0278809_16344430.jpg

          <『シリーズ20世紀の記憶1969-1975』毎日新聞社より>

盾の会創設に見られるような過激な右翼的言動でした。
a0278809_16345945.jpg

                        <同上>

そして市ヶ谷での最期‥‥‥高校生だったわたしは、ひどく衝撃をうけたことを憶えています。

『豊饒の海』は三島の遺作であるとともに遺書であり、死を紐解く解説書でもありました。

その『豊饒の海』を40年ぶりに開いています。
a0278809_16361193.jpg

筋は憶えているようで憶えていない。
読むにしたがってデ・ジャ・ブーのように甦ってまいります。

a0278809_16363060.jpg

なにひとつ情熱を知らなかった松枝清顕は、幼馴染の聡子が皇族に嫁ぐ、決して手が届かなくなるとわかった瞬間、彼女に激しく恋をしている自分に気づきます。
不可能とわかっているだけにふたりは激しく燃えあがり、悲劇的な破局につきすすみますが‥‥‥

a0278809_16364549.jpg

「崇高で壮絶な死」に取り憑かれた少年 飯沼勲は、天皇親政を掲げた要人暗殺計画を作成します。決行の直前一党は捕縛されますが、勲は単身テロルを決意し‥‥‥
弁護に立った本多は、勲がかつての親友松枝清顕の転生であったことに気づくのでした。

a0278809_16375652.jpg

初老をむかえた本多は、三度目の転生となるタイの王女とめぐり合います。ジン・ジャンの放恣な性を盗み見する本多の胸中には、ベナレスで体験した生と死の混濁した世界が去来します。

a0278809_16381390.jpg

四度目の転生と思えた透は、美しく純粋な悪の萌芽のようでした。本多は透を養子にとり、悪への開花を見届けようと図ります。しかし天人すら衰え滅びてゆく輪廻の定めに、透の転生はまがい物であったと思い知らされるのでした。
自らの死に直面した本多は、清顕の想いのひとであった聡子と再会しますが、聡子はそもそも清顕というひとは存在しなかった、と語ります。

a0278809_16383298.jpg

心ゆさぶられる作品ではない、‥‥‥そう云ったら嘘になります。
40年たって読み返してみても、確かに並々ならぬ世界を構築し、その受容を読者に迫る作品です。
しかし‥‥‥これは自身の死に対する序曲ではなかったか?
老いること、枯渇すること、嘲られることから逃げ、不可能な美に自身を捧げたいという願望の、これは仮構の舞台ではなかったか?
作家は普通、自分の作品と自己とのあいだに距離を置くか、安全弁を仕掛けて作品が作家を逆襲しないように計らいます。
しかしどうやら三島にはそれができなかった。
絶対性と不可能性に至高の美と崇拝をささげた『豊饒の海』は、ある日作家を吞みこみ、支配し、あろうことか作家を登場人物のひとりに変えてしまった‥‥‥わたしはそんな風に考えています。
三島が割腹自殺したのは45のとき‥‥‥『豊饒の海』第5部の主人公としてはいささか薹のたった人物の死だったかもしれません。
a0278809_16385020.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-11-23 00:00 | 秘密の本棚 | Trackback | Comments(2)

こまったキティちゃん

へんな癖がついて困っています。
a0278809_9234995.jpg

旅先で土産物ものやさんを見かけると、ついよって捜してしまう‥‥‥

a0278809_93395.jpg

そう、「ご当地キティ」として店先にならんでいらっしゃるこの方々‥‥‥

a0278809_9245240.jpg

お茶を飲んでいらっしゃるこの方は静岡のご出身。
いつこられたか忘れましたが、かわいい。

a0278809_925159.jpg

わたしの住んでいる横浜のキティさん‥‥‥山下公園で見つけました。
わりと普通ですね。

a0278809_9253520.jpg

お気にいりはこの方‥‥‥南部鉄瓶からのぞいちゃったりして‥‥‥
遠野あたりからついてきたと思います。
a0278809_9254752.jpg

でかけるたびにぞろぞろ増える‥‥‥なんというか、不条理そのもののような皆さん。
a0278809_9261132.jpg

a0278809_928385.jpg

a0278809_9324190.jpg

さらにこんなものにまで手をだすようになると、もう病気です。
[PR]
by march_usagi | 2013-11-16 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)

還暦LIVE

高校の友だちから、
還暦をむかえ「人生まだまだ旅の途上」のLIVEをやるんだとの知らせ‥‥‥
その意気やよし、で応援にいきました。
a0278809_1232928.jpg

同い年ですから当然立派なおじさんです。

a0278809_1232464.jpg

でも演奏が始まれば、

a0278809_1233359.jpg

心は青春‥‥‥

a0278809_12332023.jpg

a0278809_12333244.jpg

a0278809_12334360.jpg

a0278809_1234366.jpg

聞いているうちに
ふとこの歳を待たずにいってしまった友人たちを思いだし、
天井見上げたくなった瞬間もありましたが、
a0278809_12562627.jpg

a0278809_12343274.jpg

現にもどれば彼の歌声‥‥‥

a0278809_12344613.jpg

a0278809_1235189.jpg

ただねぇ、やはり君には還暦無理みたいな気がする。
もう少し、若いままでいろよ♪
[PR]
by march_usagi | 2013-11-09 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)

花御殿のおもてなし

きっと なくさないように、という配慮なのでしょうか?
a0278809_7103375.jpg

ホテルのキーホルダーにしては異様に大きい!
これだけ大きいとどんなポケットにもはいりませんし、正直もてあまします。
奇抜なのはキーホルダーに限りません。
と云うよりほんの序の口‥‥‥
a0278809_710562.jpg

そう、ここは名高い箱根富士屋ホテル‥‥‥
娘が就職できたお礼にと、宿泊をプレゼントしてくれました。
a0278809_711182.jpg

a0278809_7113664.jpg

a0278809_7115043.jpg

この富士屋ホテル、創設期から戦後の一時期までガイジン専用であったせいか、全身これ「ジャポニズム」の満艦飾‥‥‥ゴージャスと呼ぶ方もいらっしゃるかもしれませんが
a0278809_71273.jpg

だけどやはりなにか「変」!‥‥‥とにかくおかしくて面白いっ♪
ドアノブがなんだかとても高い位置についていたり‥‥‥
a0278809_7122566.jpg

擬宝珠のついた階段口に龍がいたり
a0278809_7124557.jpg

a0278809_713035.jpg

外観はまるで「千と千尋」の「ゆや」ではないか
a0278809_7134658.jpg

a0278809_7143560.jpg

a0278809_7145052.jpg

極めつけはこれっ!
a0278809_715107.jpg

a0278809_7152367.jpg

三代目の御主人が、従業員がさぼらないようにとメインダイニングルームの腰板に彫らせました。
その数なんと24枚!
a0278809_7154513.jpg

だからというわけではないでしょうが、スタッフの皆さんのマナーもすてきでした♪
[PR]
by march_usagi | 2013-11-02 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(0)