子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
otyukunさま 写..
by march_usagi at 12:29
のどかですね。 静かに..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 今..
by march_usagi at 17:26
箱根へ行かれたそうで、春..
by otyukun at 14:46
otyukunさま 声..
by march_usagi at 23:19
良い意味で年齢を重ねて居..
by otyukun at 21:24
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
卯月の鎌倉
at 2017-04-08 00:00
春をよぶ水芭蕉‥‥‥箱根
at 2017-04-01 00:00
歳をとることの孤独と悦びと(..
at 2017-03-25 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

馬の戦争

a0278809_9142750.jpg

こんな看板があるので、夏のあいだ近寄ることのなかった一角ですが、
冬枯れの道のわきに馬頭観世音の石塔があることに気づきました。
a0278809_9182090.jpg

それもひとつでなくいくつもの石塔が‥‥‥
a0278809_9183869.jpg

比較的新しく思えるものを見ると、「日露役」の文字が読みとれました。
a0278809_945148.jpg

その横の供養塔と刻まれた碑に、この石塔の建立由来が記してあります。
a0278809_9233532.jpg

お読みいただけるとおり、日露戦争に徴用された軍馬の霊を慰めるため、人びとの建てた観世音の碑‥‥‥それ以前からあったものも、ここに集めたようでした。

かつて馬は、今日では想像できぬほどひとの暮らしと密着していました。
ともに働いたこの大きな生き物の霊を慰めようと、人びとは辻や村はずれにやさしい観音さまの碑を建てました。それは賽の神のひとつともなってゆきます。

でも‥‥‥と、この碑をみながらわたしは思うのです。
ここにある戦場死した軍馬への思い、思いやり、懐かしみは、ただ馬だけのものではなかったのではないか。
a0278809_9333768.jpg

馬とともに、この地から出征していった兵士たち、そして帰らなかった兵士たちへの思いもともにこめられていたのではないか‥‥‥と。
死んだ将兵は国家によって「英霊」と祀られ、靖国に合祀されていきます。
残された人々は、軍神と崇めることは許されても、身内の犠牲者として悲しむことははばかられました。
そんな時代の、そんな思いが、この馬の碑にもこめられていたのではないか‥‥‥と。

同じ一角に「犬塚」と云うものがありました。
a0278809_935848.jpg

犬の塚‥‥‥なんと悲しい響きです。

いつも通う親水公園には、枯れた葦の池に鴨たちが群れていました。
a0278809_9393333.jpg

a0278809_9395021.jpg

屈託のない生きものたちの暮らし‥‥‥
ふと轟くような音に空を見あげると、
a0278809_943516.jpg

厚木飛行場から飛びたったジェット戦闘機が、冬の空を切り裂いてゆきました。
a0278809_9433721.jpg

a0278809_9435329.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-01-26 00:00 | 道ばたの神さま | Trackback | Comments(4)

弁天さまと龍神さま

灯台下暗しなんて言葉があって、
あまり身近なのでかえって知らないということがよくあります。
a0278809_7395727.jpg

江の島がそうでした。
長年湘南・横浜に棲んでいて、若いころは毎週のように海で遊んでいたのに、
江の島はあまり通俗すぎていつも素通りでした。
a0278809_7401474.jpg

今年初めて、江の島神社の初詣に訪れました。
せまい島ですから、ひとが押しよせるとこんな感じ‥‥‥
a0278809_7443888.jpg

a0278809_7445427.jpg

                        (辺津宮)

でも中津宮を経て奥津宮に着くころにはお参りの人々はめっきり数が少なくなります。
a0278809_7531294.jpg
a0278809_753226.jpg

                        (奥津宮)

a0278809_7564588.jpg

木の間から本殿を覗いてみましたが、由緒あるお宮にしては奇妙な特徴のあることに気づきました。
千木(ちぎ)‥‥‥屋根の棟の上で空をさして交差する木の板がありません。屋根の上にごろごろ乗っている丸太のような堅魚木(かつおぎ)もありません。どうもこのお宮は、神道の本流から少しずれているのかもしれない。
a0278809_7581094.jpg

江の島の神さまは云わずとしれた弁財天ですが、もともとこの神さまはヒンドゥーの女神サラスヴァティー‥‥‥聖なる河をつかさどる神さまでした。そこから仏教にとりいれられたのちも水神のご性格をずっと保ってこられます。
龍神と習合するのもごく普通のながれ‥‥‥
a0278809_801885.jpg

お手洗いの手水も龍さんでした。
a0278809_814522.jpg

奥津宮は島の太平洋側に鎮座されています。いかにも古い信仰の趣が味わえます。
a0278809_88366.jpg

けれど、島の信仰をもっとプリミティブにささえているのは、江の島岩屋‥‥‥島の大洋側に口をあけた洞窟の存在ではないでしょうか。
a0278809_8105325.jpg

太平洋の浸食によってつくられた200メートルにおよぶ天然の岩屋‥‥‥
岩屋の探訪には、小さな手燭が手渡されます。
a0278809_813662.jpg

a0278809_8163797.jpg

a0278809_813284.jpg

内部には、宗教者たちの彫った仏さまや聖なる生きものたち‥‥‥
ゆらゆらとゆれる炎になつかしいお姿をうきあがらせます。
a0278809_818595.jpg

a0278809_8191523.jpg

真っ暗闇の洞窟から這いでると、太平洋の荒波が音たかく押しよせておりました。
a0278809_8225587.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-01-19 00:00 | わたしのお寺と神社 | Trackback | Comments(2)

石上神宮と元気な雄鶏

同じく奈良は石上神宮‥‥‥この神社には、ニワトリさんたちが大威張りで闊歩しています。
なんという品種かしりませんが、雄鶏は立派な体躯に長いしっぽ、啼き声も太く猛々しく、豪快です。
a0278809_15565235.jpg

a0278809_1557839.jpg

石上神宮は物部氏の守り神‥‥‥大和朝廷が全国制覇をなしとげたころ、物部氏は朝廷の軍事部門を担当しておりました。
なので、今もこの神社のご神体は三振の宝剣‥‥‥それぞれ布都御魂(ふつのみたま)、布留御魂(ふるのみたま)、布都斯魂(ふつしみたま)とお呼びします。
三振目の布都斯魂は、スサノオが八岐大蛇を退治したときの十握剣(とつかのつるぎ)であるとか‥‥‥
a0278809_1604646.jpg

いかにも軍神らしいご由緒です。
a0278809_1605995.jpg

朝廷が貴族の政治サロンに特化したのちは、軍事部門は平家、源氏にゆだねられることになりました。源氏が八幡信仰を採用したものですから、なんとなく軍神=八幡神というイメージが定着してしまいましたが、それ以前は「剣」=武器そのものが神であったわけで、やはりプリミティブな信仰のありようだったと思います。
a0278809_1631578.jpg

境内はそう広くはありませんが質実剛健、実に堂々としています。
a0278809_1673438.jpg

a0278809_1674776.jpg

細部にも建設者と職人さんの気迫のようなものが伝わりますし、
巫女さんも美人でした♪♪
a0278809_168555.jpg

古代の香りに満ちた、おとずれる価値のある神社だと思います。
a0278809_1695099.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-01-12 00:00 | わたしのお寺と神社 | Trackback | Comments(2)

大神神社は巳(へび)の神さま

a0278809_1138161.jpg

奈良・大神神社(おおみわじんじゃ)のシンボルは蛇です。神社の界隈では巳(みい)さんと親しげに呼ばれているそうです。なので、お供えは生タマゴ♪

こんな話、どこかで聞いたことありませんか?
‥‥‥あるお姫さまのところに毎夜高貴な殿方がやってまいります。でもどこのどなたかわからない。心配した親御さんがお姫さまに針と糸とをわたし、着物の裾に糸を縫いつけておくように命じます。夜が明けてその糸をたどってまいりますと山のうえの岩屋に辿りつき、そこに大きな蛇(うわばみ)が針をさされてうんうん唸っておりました。高貴な殿方とは蛇(うわばみ)だったのです‥‥‥
a0278809_11402638.jpg

民俗学で『三輪山伝説』と呼ばれる説話類型で、あっちこっちに分布しておりますが、大神神社はさしずめその総本家とでも申せましょうか。
a0278809_11424517.jpg

このうわばみの正体ですが、実は大物主神(おおものぬしのかみ)と云うことになっております。
名前の由来をたどればつまり世のありとあらゆるものの神と云うことでありまして、これは相当偉い!
高天原から天つ神が天下ってくる以前は、土地の神さまたち、つまり国つ神が世を支配していたわけでありますが、大物主神はその横綱と云ってもよろしい。実に偉大な方でありました。
a0278809_11514954.jpg

アニメやアニマルの語源である”anima”は、魂あるいは生命の息吹、輝きのようなものをさすラテン語です。木や石、水、動物たちに聖なる魂が宿るとするアニミズムの語源も同じです。
大物主神はそれら聖なるものを束ねる神さまでありました。
a0278809_11541228.jpg

a0278809_1154304.jpg

境内にはそこここに石や木を祀った祭壇がみられます。
ここにはまだアニミズムが生きております。
a0278809_11555959.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-01-05 00:00 | わたしのお寺と神社 | Trackback | Comments(2)

おめでとうございます!

a0278809_16295243.jpg

皆さま、あけましておめでとうございます。
新しい年がうまれました。
今年もまた充実したうつくしい日々がおとずれますように‥‥‥
暗い雲をふきはらう、みずみずしい風と暖かい日差しにめぐまれますように‥‥‥
a0278809_1630134.jpg

皆さまのご多幸 心からお祈り申しあげます。
[PR]
by march_usagi | 2013-01-01 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)