子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ヤ..
by march_usagi at 22:11
ヤマモモがこんな大木にな..
by otyukun at 22:53
otyukunさま ニ..
by march_usagi at 20:12
デジカメで以前に持ってい..
by otyukun at 23:30
ターコーへ いろいろあ..
by march_usagi at 12:01
otyukunさま 鳥..
by march_usagi at 16:44
風雅な催しですね。 詳..
by otyukun at 21:32
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
いきついたところにD-5
at 2017-12-16 00:00
名まえについて
at 2017-12-09 00:00
このレンズは面白い トキナ1..
at 2017-12-01 00:00
晩秋の家族旅行
at 2017-11-25 00:00
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

カテゴリ:匠のおしごと( 28 )

いきついたところにD-5

a0278809_10384178.jpg

いろんなカメラを使いました。

思い出のしみこんだボディ‥‥‥それぞれの個性に見合った、その時代の風景を切りとってくれました。

a0278809_10391013.jpg

最近はほとんどこのD700です。

Nikonのハイアマチュア機種、深みのある写真が気にいっています。

後継機種がでたけれど、買い換えるのはもったいない。

わたしの身の丈にあっているんだし、‥‥‥そんなことも思っていました。


なのに、

ある日、欲望が生まれると、とめようがなくなる!

a0278809_10394031.jpg

妄想のいきつくところは、D5‥‥‥

ニコンのカメラの最高峰、

というか、世界最強のカメラ。


もちろん、ライバルCanonEOS-1Dという、ほぼ同等のスペックをもったカメラがありますから、D5だけが偉いんじゃない。

とはいえ、東西横綱のひとりであることは堂々間違いがありません。

半年以上の悶々の末、

a0278809_10400973.jpg

手にいれちゃいました。

a0278809_10402850.jpg

子どもみたいなものですね。とにかくうれしくてしかたない。


まずは試し撮り、

おどろくのは合焦‥‥‥ピントの合う早さ。

同じレンズなのに700と比較になりません。

a0278809_10405098.jpg

とりあえず撮ってみた写真ですが、クオリティも文句なさそう。


面白いのは、

a0278809_10411444.jpg

縦位置専用のシャッターボタンがついていること。

使ってみましたが、確かにたいへん狙いやすくなります。

a0278809_10413773.jpg

なんといっても機能満載のカメラです。

スマホでさえ全然使いこなせていないわたくし、どこまでやれるのか?


でもご心配なく‥‥‥好きこそものの上手なれ、

とことんつきあって、存分に堪能しようと思っています。

結果はおいおいブログでもご紹介しますね。

いい写真がいっぱい撮れるといいな♪


[PR]
by march_usagi | 2017-12-16 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(0)

このレンズは面白い トキナ16-28

広角レンズには興味がありませんでした。

a0278809_12570154.jpg

a0278809_12571831.jpg

遠くのものをひきよせて撮る‥‥‥望遠レンズのパワフルな魔力に魅せられていたからでしょう。

a0278809_12575084.jpg

でもこのレンズに触れて考えが変わりました。

トキナのAT-X 16-28 F2.8 PRO FX‥‥‥超広角のズームレンズ。

古い友人から教えてもらいました。


広角レンズは、ヒトの目で見るよりずっと広い角度を収めます。

a0278809_12585778.jpg

だから広い範囲をいっぺんに撮ることができる。

これはわかりやすい特性です。

標準レンズではみ出すような大きなものを、一枚の写真にいれることが可能です。

a0278809_12592337.jpg

箱根神社のこのスギは、たぶん30メートルはある巨木‥‥‥それが5メートルくらい離れたところから全部いれることができました。


もうひとつは奥行きがでることです。

a0278809_13000305.jpg

見た目より遠近感が強調され、ちかくのものはより近く、遠くのものはうんと遠くに見えます。

立体感がうまれます。


広角レンズは、特性上たいてい周辺部が樽のように歪んでくるのですが、

a0278809_13003557.jpg

トキナAT-X 16-28はそれが極力抑えられていました。

これはとてもうれしい。

a0278809_13005994.jpg

建物の直線が、周辺でもまっすぐ見えます。


そしてもうひとつ、予期していない特性がありました。

a0278809_13012449.jpg

色です。

じつに鮮やか!

空の青さが、湖面に映えているのがおわかりになるでしょうか?


フィルム写真の時代、

ドイツのアグファゲヴァルトが提供するフィルムは、一種独特な色合いをだしていました。

全盛のコダクロームやフジクロームとちがい、金属的な紫がかった、なにか幻想的といってもいい色合いでした。

a0278809_13020784.jpg

それとは無論ちがうのですが、

ニコン純正の地味な色合いとは異なった、トキナの派手ともいえる発色‥‥‥これは驚きです。


一眼レフは、レンズで変わる‥‥‥新しい世界がひろがりそうです♪


[PR]
by march_usagi | 2017-12-01 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑

a0278809_17074302.jpg

Y君の周囲は、ぐるりとよその畑がとりまいています。


おじゃま虫の勝手なおしゃべりに付き合いながら、Y君の手先は休むことがありません。

せっせせっせとそれこそ二六時中動いています。

a0278809_17083717.jpg

実や本体に栄養が集中するように余計な枝や葉っぱをのぞきます。

a0278809_17090059.jpg

マルチとよばれる黒い覆い‥‥‥日の光を吸収して保温する役目のほかに、

作物以外の植物が勝手にはえてくるのを防ぐのだとか。

a0278809_17094258.jpg

よく手入れされた畑からはすがたのよい野菜がうまれます。

すがたがよいのは、味もいいのだそうです。

それは、野菜が本来の成長をした結果だから、と‥‥‥納得できる理屈でした。

a0278809_17101166.jpg

たしかにY君のあつかう作物は、すがたも味もよいと思う。

ただそのためには、気の遠くなるほど手をかけています。

日のあるあいだはずっと畑、休めるのは夜と雨の日だけ。

あとなん年できるかな、とY君はつぶやきます。


気になることがあります。

a0278809_17104724.jpg

ここ数年、田と稲をいろいろ撮ってきました。

a0278809_17111349.jpg

a0278809_17113543.jpg

選んだわけではないのですが、田にひとがいないのです。

a0278809_17120320.jpg

歩いたところはどこも無人でした

ただ青々と稲が風にそよぐだけ。


「昔はさあ」というと嫌われますが、でもそう云いたくなってしまう。

子どものころは田にひとがいた。 必ずいた。

a0278809_17123123.jpg

夏の真っ盛り、ぎらぎら照り付ける陽光のしたに、麦わら帽子に手拭いをたらしたお百姓さんが、せっせせっせと草取りをしていた。

その記憶は鮮明です。お百姓さんがいかに大変な職業か子ども心に焼きつけられてしまった。

a0278809_17125396.jpg

「コメはお百姓が八十八回手をかけるから『米』と書くんだぞ」

これは少年のころのY君のセリフでもありました。当時は食べるだけでしたが。

a0278809_17131714.jpg

いまひとの姿を見るのは、植えつけと刈りいれの二回だけ、‥‥‥それも一瞬です。

八十八回の手数は、どこに消えてしまったのか?


もうひとつ気になるのが、以前にも書いたようにカエルやヘビがいなくなったこと。

a0278809_17194095.jpg

子どものころ、田の水にはオタマジャクシが群れをなし、あぜ道には踏み潰しそうなほどカエルが跳びはねていました。

それがいない‥‥‥カエルを食べるヘビもいない。

a0278809_17210598.jpg

田のよこの用水からも、小魚やザリガニのすがたが消えています。

ひとと小動物の消えた田んぼ‥‥‥


これはたぶん連動している。

深入りするのが怖いなにか、みたいな気もします。

a0278809_17224925.jpg

にぎやかでひとでの足りないY君の畑と、無人の田んぼ‥‥‥


おちついて考えたほうがよいのかもしれません。


[PR]
by march_usagi | 2017-11-11 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

畑にきて考える ⑤ そもそも農業

この国の食料自給率は38%だそうです。

農業以外で外貨を稼ぎ、そのお金で外国から食べものを買っている、そんな構図でしょうか。

指標はカロリーベース‥‥‥つまり人々がふだんに摂る食べものの総熱量ではかっているそうですから、これはけっこう危ない。

先進国では最低レベルの数値です。


30年も前になりますが、タイで仕事をしたことがありました。

a0278809_13200045.jpg

当時はいわゆる発展途上国、貧しさの目につく国でした。

「でも、飢え死にはないんですよ」‥‥‥JICAの方からそうきかされました。

「どこでも食いものとれますからね」

食べものさえあればヒトは生きていける。単純な真理です。

a0278809_13202470.jpg

一方でY君はわたしたちの国で農業を営みます。その彼がこぼします。

「農業で食ってくのって、たいへん」

a0278809_13204832.jpg

食べものつくっているのに、

しかも自給率低いんだから売り手市場となったっていいのに、

そうはなりません。

なにか逆転している気がします。

Y君が、ではありません。逆転しているのはたぶん世のなかのほうです。

a0278809_13211223.jpg

ヒトが生きていく根本のものが脇においやられ、

そうでないものが高い価値を得ている、そんな感じがします。


Y君のつくるのは野菜ですが、

a0278809_13213593.jpg

この国の農業の中核はやはり米作りにあるのだと思います。

一方でそのコメは減反なんてことをしている。

田をつぶせば補助金がでる。

a0278809_13215415.jpg

食べもの足りないはずなのに、さらに食料生産減らすのに金をだす。

コメの価格を維持して農家の生活を安定させるためと云うのですが‥‥‥素人目にはなんとも不可解です。

a0278809_13221617.jpg

古来土地と作物をまもるために、ひとはあらゆる力をそそいできました。

収穫は、すなわち食べものと暮らしとを意味したからです。

豊作イコール繁栄、という図式です。

でも現実はそんな単純なものではないらしい。


ちょっと覗いただけで、偉そうなことは云えませんが、いまの農業は少々不可解なしろものになっている‥‥‥そんな気がします。


[PR]
by march_usagi | 2017-11-04 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

畑にきて考える④ 手間と工夫

夏のことです。

a0278809_10083768.jpg

きれいに耕した畑に集中豪雨がきました。

濁流の爪痕がのこります。

豪雨の数日前、酒の席でY君は雨が降らないとこぼしていたのですが、‥‥‥

天候は思うとおりになりません。


だからと云って手をこまぬいているわけではありません。

たとえばサトイモは水をためてくれます。

a0278809_10090531.jpg

画面の奥からY君の畑がはじまりますが、傾斜の高いところにサトイモを植えて耕地の水分を逃がさないようにします。


つづいて土の改良。

サトイモの葉っぱの手前が落花生畑です。

a0278809_10094001.jpg

わかりにくいけれど、糸のような蔓が地面にとどいていますね。この先に、つまり地面の下で落花生が稔ります。

豆類を栽培すると土が肥えるといいます。細菌類の働きでしょうか。

なので、サトイモで水を確保したその次の耕地に落花生を植えて土地を肥やします。


一般の作物はそれより低い一帯をひろくとります。稼ぐのはそこ‥‥‥

耕地活用の三段構えみたいなものですね。


ナスは、少しはなれた畑で作っていました。

借地なので、移動の不便はいたし方ありません。

ひと月前は小さかった苗も、

a0278809_10101454.jpg

みごとな葉ぶりに成長していました。Y君もちょっと自慢みたい。

a0278809_10103676.jpg

ただ手はかかります。

余分な茎に栄養がまわらないように、こまかく剪定をしていきます。

一回りすると2時間はかかるとか。

a0278809_10110081.jpg

よさそうなものを選んでくれて、

「今夜食べてほしいな」‥‥‥にっと笑いました。

a0278809_10111822.jpg

たしかにみごとなナスでした。


煮びたしでおいしくいただきました♪


[PR]
by march_usagi | 2017-10-28 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

畑にきて考える ③  ジャガイモ

なんの映画で観たのか、

おじさんたちがジャガイモの皮をどれだけ早くむけるか競うシーンがありました。

ナイフでむいていくのですがけっこう早い‥‥‥西洋の男性は、子どものときこんな風に覚えこまされるのかと感心した思いがあります。

わたしもジャガイモの皮むきは嫌いじゃありません。

ただやっかいなのは、

a0278809_08500917.jpg

凸凹というか穴‥‥‥

こいつがあっちにもこっちにもあるので、避けたりひねったり、ほじくったりせねばならぬ。

a0278809_08503494.jpg

ところがY君の畑でとれたキタノアカリには、この凸凹がほとんどないっ、

ということに気づきました。

a0278809_08510287.jpg

レッドムーンという赤いイモの表面もやっぱりなめらか‥‥‥不思議です。

品種でないのは確かで、どちらもお店で売っています。

a0278809_08512607.jpg

土かな、と思いました。

Y君の畑は土の粒子がとても細かい‥‥‥いびつな形状は、イモが石とか土くれとかを避けた結果そうなったのではないか。


訊いてみたら、

にやっと笑って正解を教えてくれました。


「早どり」するんですって。

a0278809_08520417.jpg

イモは成長を続けるうちにいびつになる。

大きくなれば収穫量は増えるけれど、なかに空洞ができたり、腐ったりするのもでてくる。

それが嫌なので、ふつうは葉が黄色くなって収穫するところを緑のうちに掘ってしまう。

結果凸凹の少ないイモになる。


ただ、土ももちろん大事だよ、とは付け加えてくれました。

a0278809_08523619.jpg

というわけで、Y君のイモはかようにひとつながりでむけるのであります。

なかなか快感です♪


[PR]
by march_usagi | 2017-10-07 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

畑にきて考える ② あぜ道

いろんな作物の育っている畑でした。

a0278809_17231398.jpg

a0278809_17233528.jpg

a0278809_17235643.jpg
a0278809_17242964.jpg

60種類くらいあつかうと云います。

それで驚愕してはいけないようなのですが、ずいぶん多く感じます。

a0278809_17244818.jpg

なんといっても横浜です。地代の高いのは当然です。

有効に使わねばなりません。

a0278809_17251418.jpg

土地のかたちも条件も等しなみではありませんから、

すきまいっぱい作物を植えつけるいじらしいほどの工夫がなされます。

a0278809_17254087.jpg

ぎっしり植わった作物の横には、

さらに世話や刈りいれの、

要するにひとが働けるスペースが確保されねばなりません。

といっても、最低限!

a0278809_17260777.jpg

むかし、なんであぜ道って狭いんだろう、って思ったことがありました。

広くすれば歩きやすいのに、って‥‥‥

あさはかでした。

狭い日本、少しでも土地を活かしたいなら、無駄なスペース作れないですよね。

道は歩ければよい。

肥えた大地は作物にあてねばならない。

a0278809_17263326.jpg

猫の額ほどの地面にも、Y君はニンジンを植えているのでありました。

なるほどなぁ‥‥‥


[PR]
by march_usagi | 2017-09-16 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(0)

畑にきて考える ①

わたしの育ったのは、横浜の南部、

小学校2年で越してきたころは、田畑と山林のひろがる土地でした。

a0278809_18430264.jpg

今は鉄筋のふつうの校舎ですが、

転校したときは廃材みたいな木造の一階建て、

講堂もないので、学芸会や映画会のときは三つの教室をぶち抜いて、みんなの座れる場所をつくりました。


「子どもは風の子」と云われた時代です。

休みの日はもちろん、放課後、昼休み、朝の始業前、ひたすら遊びほうけておりました。


ただ、思いかえしてみると、奇妙なことに気がつきます。

四方を田畑にかこまれ、小さな商店街と、新興の住宅街がちょびっとあるだけの土地だったのに、

a0278809_18430313.jpg

友だちは都会から越してきた子ばかりでした。


農家の子とつきあわなかったわけではありません。

もちろん学校では一緒だったし、家にあがりこんで遊んだこともある。

でも、気が合うのはたいてい都会の子でした。

a0278809_18430357.jpg

小学校、中学校からいまでもなかよく遊んでいる仲間がいますが、

これもすべてもとは都会の子‥‥‥

なぜなんだろう。

暮らしのリズムが違っていた‥‥‥ってことかしら?


それはたぶん土との関わり、

あるいは自分の家で育てた作物や家畜と、パックされた野菜や肉との皮膚感覚の違い‥‥‥


言葉にするのがむつかしいのですが、

たとえば土や血にじかに触れるか、商品にならなければさわれないか、

そんなものがあったのかもしれません。

a0278809_18430309.jpg

ある日、古い友だちが農業をはじめました。

50をだいぶ越したあたりで、なぜかオフィスワークをきっぱりやめ、土と太陽の暮らしにはいったと‥‥‥


おどろきませんでした。

自然に思えました。

ふだんの彼のナチュラルな生き方が、そう思わせたのかもしれません。


とはいえそれはどんなものなのだろう‥‥‥

スキーやハイキングとはわけが違うし。

彼の日々を覗いてみたくなりました。


話したら、

a0278809_18430250.jpg

「おう、畑にこいよ」

気楽に応じてくれたので、これはしめしめとでかけます。


畑からのレポートをわたしなりに、この先飛びとびとはなるでしょうがお送りしたいと思います。


[PR]
by march_usagi | 2017-09-09 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

大野彩さんの絵

子どものときから絵が好きでした。

小学校にあがる前、近所に仲よしの女の子がいて、

a0278809_15592116.jpg

その子の家の縁側で、いつもならんでスケッチブックを開きました。

「白いところも、ちゃんと塗らなくちゃだめよ」

と云われ、そんなものかなぁ、と思いながら白いクレヨンをとりました。


その女の子が、大野彩さんです。

今は日本のフレスコ画界の第一人者‥‥‥うっとりするような作品をつぎつぎに描いてくれます。


わたしの家にいる一枚はバラの絵‥‥‥

彩さんのアトリエで何十日も咲きつづけた切り花というのですが、なんでそんなにもったのかわかりません。

「ばらこ」と名づけ、日々その姿を描きました。

a0278809_15592009.jpg

この絵もその何日目かのもの、

a0278809_15592055.jpg

キッチンの横の、朝日のさす壁にかざりました。


もう一枚が、

a0278809_15592177.jpg

やはりバラが主役のこの作品‥‥‥

暗めの漆喰の背景に、白いバラの造形が置かれている。

a0278809_15592001.jpg

よく見ると掛け軸の表装が使われているのに気づきます。

a0278809_15592171.jpg

バラの背部には、布の箱のようなもの‥‥‥彩さんのお母さまがもっていらした古い布地だそうです。

a0278809_15592162.jpg

古い家屋の暗い床の間に飾られた一幅の絵、そこに現代的なバラが咲きだしている‥‥‥

じっと観ているとそんな感じがしてきます。

a0278809_15592120.jpg

金をまとったバラは実にゴージャスで現代的、

これは現代に生きる女性じゃないかしら?

でもそのなかには、やはり年ふりた女の系列がつみ重なっていく‥‥‥


ときの流れと輝きかな?

ふとそんなこと思いました。


西の陽と、北の反射ののこる部屋にかけて、眺めています。


[PR]
by march_usagi | 2017-03-11 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)

水がめに考える‥‥‥宮ヶ瀬ダム

いまどきダムなんて人気ないのでしょうね、
a0278809_11404492.jpg

宮ヶ瀬ダムに人の影はまばらでした。

a0278809_11405982.jpg

a0278809_11411160.jpg

2000年に完成した首都圏最大級の宮ヶ瀬ダムは、
芦ノ湖とほぼ同じ貯水量をもち、横浜全域と川崎南部とに水を供給します。

a0278809_11412460.jpg

ダムの高さは156mありまして、これは国内第6位だそうです。
高所恐怖症のわたしにとって、めちゃ怖い高さ!

a0278809_11413917.jpg

壁面に沿って走りくだるインクラインなんて乗り物もありますが、
きっぱりと遠慮することにいたしました。

a0278809_11415253.jpg

かわりにエレベーターで下ります。
約120m‥‥‥時間にして約1分、だれも乗っていないのでこれもそれなりにスリリング。

a0278809_1142773.jpg

ぶ厚いコンクリートを穿つ構造のせいか、降り口は鳥肌のたつような涼しさでした。

a0278809_11422666.jpg

a0278809_11423789.jpg

見あげれば、ダムの壁が空をふさぎます。

ダムの目的は第一に上水の供給、第二に相模川水系の流水量調節、

a0278809_11425598.jpg

第三は発電で、主、副の発電所で2万5千kwの電気を供給するといいます。

a0278809_1143953.jpg

隣接して、広大な「愛川公園」がつくられていました。

a0278809_11432280.jpg

ダムの建設には280戸の立ち退きや、環境の問題が発生しました。
69年の予備調査から完成まで約30年、
原発設置と似たなんらかの補償構造が、こうした立派な公園の建設にむけられたのかもしれません。

a0278809_11433746.jpg

利用しているのは地元の人たちに見えないし、
なにがなし複雑な思いが心をよぎりました。


***今回は、カメラ本体CANON EOS 7D レンズSIGMA30mm単焦点で撮影しています***
[PR]
by march_usagi | 2016-09-24 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)