子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
otyukunさま 写..
by march_usagi at 12:29
のどかですね。 静かに..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 今..
by march_usagi at 17:26
箱根へ行かれたそうで、春..
by otyukun at 14:46
otyukunさま 声..
by march_usagi at 23:19
良い意味で年齢を重ねて居..
by otyukun at 21:24
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
卯月の鎌倉
at 2017-04-08 00:00
春をよぶ水芭蕉‥‥‥箱根
at 2017-04-01 00:00
歳をとることの孤独と悦びと(..
at 2017-03-25 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

カテゴリ:生きものたち( 35 )

帷子川の冬

a0278809_15324346.jpg

少し寒さのゆるんだ日、近くの帷子川を訪れました。
a0278809_1533211.jpg

ご覧のように川と云ってもちっとも堂々としていない、溝に毛の生えた程度の川ですが、かつては暴れ川で、洪水のたびに川筋を変えたとか‥‥‥

ひとり川筋をたどると、鳥たちの姿が目にはいります。

a0278809_15333756.jpg

                       <コサギ>

コサギです。 この個体は、冬羽なのに後頭部の長い飾り羽が残っています。
すくそばをアオサギが勇壮な羽音をたてて飛んでいきました。

川面には鴨たちがそこかしこに
a0278809_15443276.jpg

                       <コガモ>

これはコガモでしょう。マガモやカルガモの姿もみられます。

歩道をとことこと逃げていくのはセキレイ
a0278809_1545314.jpg

                      <ハクセキレイ>

スズメかと思ったのですが、
a0278809_15453947.jpg

                       <マヒワ>

マヒワでした。

岸の木の枝にはカワラヒワの群れ‥‥‥
a0278809_15462135.jpg

                       <カワラヒワ>

群れの横にはツグミが腰かけていました。
a0278809_1546536.jpg

           <ツグミ>

そしてふっと青いものが横ぎるのが見えて、跡をつけていくと‥‥‥
a0278809_15544342.jpg

a0278809_1555118.jpg

                        <カワセミ>

水辺の宝石‥‥‥カワセミです。


a0278809_15571499.jpg

私の高校のころ、つまり60年代から70年代の初めごろ、帷子川は公害の川として有名でした。上流の工場廃水や生活排水が容赦なく流れこみ、下流の捺染工場からの廃液が水をどす黒く染めます。
高校のころ、記憶に残る帷子川は墨汁のような色をしていました。

けれど、おりからの反公害運動と人々の環境への意識の変化が行政を動かし、横浜では下水道の整備と処理施設の建設がすすみました。
a0278809_1624023.jpg

a0278809_161530100.jpg

川辺にはこの日14種もの鳥たちがかぞえられました。鳥がいるということは魚が住んでいるということ、周りに生きものの生活できる環境があることを示しています。

本当にその気なら、わたしたちはひとと生きものの環境をとりもどすことができる‥‥‥
3月11日を前にして、あらためてそう思います。
a0278809_1612626.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-02-23 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

賀茂川のほとりで

京の町という大都会をながれるわりに、賀茂川は自然な河川の趣をうしないません。
a0278809_1020314.jpg

お名前由来のカモはもちろん、
a0278809_10221061.jpg

澄んだ流れのそこここに
a0278809_10273768.jpg

a0278809_10275526.jpg

たくさんのサギの姿が見られます。
a0278809_1031786.jpg

わたしの住んでいる神奈川では頑なに不動のアオサギも、このあたりでは活発に小魚をあさっていたりして‥‥‥
a0278809_10312790.jpg

a0278809_1036112.jpg

賀茂川は出町柳で高野川と合流して鴨川となり、
a0278809_10362876.jpg

四条までくだると右岸に河原町、左岸に祇園‥‥‥もちろんこちらも大好きです♪
a0278809_10364545.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-11-03 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

芒ぼうぼうと

二つに裂けて傾く磐梯山の裏山は
険しく八月の頭上の空に目をみはり
裾野とほく靡いて波うち
芒ぼうぼうと人をうづめる
‥‥‥後略

高村光太郎  『山麓の二人』の一節です。
a0278809_9214759.jpg

    (『智恵子抄』高村光太郎‥‥‥草野心平編『高村光太郎詩集』角川書店)


磐梯山ではありませんが、この詩に詠まれたような風景が観られるかなと、箱根は仙石原を訪れたのは昨年の9月のことでした。
a0278809_9283040.jpg

a0278809_10122650.jpg

確かに見渡す限りの芒の原‥‥‥「芒ぼうぼう」なのは間違いありません。

ただ残念なのは、この原を周遊できる道がないこと、
a0278809_931314.jpg

一直線の道が200メートルほど延びているだけ‥‥‥
a0278809_9312653.jpg

行き止まりでUターンしてそのまま引き返すしかありません。
ほんとはあてもなくふらついてみたかったのですが、それはここでは許されていないみたい。
a0278809_107836.jpg


いささか欲求不満で帰りの道をたどっていたら、「箱根湿生花園」の案内を見つけました。
なにやら湿原植物が観られるらしい‥‥‥
試しにはいってみたら、これがちょっとした秘密の花園でした。
a0278809_104044.jpg

a0278809_1041839.jpg

a0278809_1043443.jpg

a0278809_1045117.jpg

気にいったのはこの実験地‥‥‥
a0278809_1052299.jpg

箱根の本来の湿原植物群落を回復しようという試みで‥‥‥
冬のあいだ枯れ野に火をいれて表層を焼き、春から夏、秋にかけて、自然に湿性植物の繁茂するのを見守ります。
こういった成熟した配慮が一番うれしい♪
a0278809_1054642.jpg

「湿生花園」は仙石案内所のバス停から10分かそこら。3月下旬~11月末まで開園しています。
a0278809_10651.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-10-20 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)

カワセミはいなくとも

あいかわらずカワセミはおじさんたちの心をとらえてはなしません。
水辺の絵になるスポットには、休みの日ともなるとカメラの列‥‥‥
a0278809_22431939.jpg

この日はコサギを撮ろうと思ってきたのですが、目指すあたりに姿は見えませんでした。
a0278809_22503679.jpg

a0278809_22505143.jpg

かわりに葦の茂みにぬっと立っていたのがアオサギ
‥‥‥毎度思うのですが、このサギは案山子も根負けするくらい動かない
a0278809_2251631.jpg

a0278809_22541917.jpg


前日の豪雨で水はさほどきれいではありませんが、陽光が流れに踊っています。
a0278809_22585182.jpg

近くの浅瀬で子どもたちの遊ぶ声をきいていたときに、ふと目の前に現れたのが‥‥‥
a0278809_22591024.jpg

カワトンボ!
覆っていたヴェールがはらりと溶けて、気づかずにいた世界が開けてきたような気がいたしました。
[PR]
by march_usagi | 2012-09-29 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(4)

おじさんたちのアイドル

気をつけていると、身近なところに意外なものが目にはいります。
a0278809_664986.jpg

おじさんたちがたくさんいらっしゃったので、なにを待ってるんですかと訊いてみました。

答えは「カワセミ」
一日に何度か、決まったところに現れてお魚を狙うんだそうです。

a0278809_674227.jpg

それにしても、すごいカメラとレンズ‥‥‥
僕も欲しいけど、高くて手がでません。
a0278809_68887.jpg

なので足でぴょんぴょん稼ぎます。

そして枝にとまったところを、‥‥‥捉えましたっ!
a0278809_683491.jpg

カワセミは漢字で書くと「翡翠」‥‥‥宝石のヒスイと同じです。
a0278809_69998.jpg

その名のとおり背中の青のなんと美しいこと!
a0278809_6103170.jpg

a0278809_6105880.jpg

あ、飛んでっちゃった♪
[PR]
by march_usagi | 2012-07-08 05:44 | 生きものたち | Trackback | Comments(4)