子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ま..
by march_usagi at 06:44
矢張り夜景は絶品ですね。..
by otyukun at 22:49
otyukunさま ヴ..
by march_usagi at 22:44
矢張り凄い歴史の街ですね..
by otyukun at 22:58
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
アテネの街角で
at 2017-06-24 00:00
アメイジング・メテオラ
at 2017-06-17 00:00
水の都の昼と夜
at 2017-06-10 00:00
ムラーノ島のうさぎ
at 2017-06-03 00:00
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

カテゴリ:そぞろ歩き( 35 )

卯月の鎌倉

いったんもどりかけた冬でしたが、

a0278809_17532242.jpg

4月の声に、季節は春の装いとなりました。

a0278809_17531872.jpg


a0278809_17533733.jpg


a0278809_17542371.jpg


a0278809_17541449.jpg

北鎌倉にあたたかな陽ざしが舞います。

a0278809_17543909.jpg

大本山円覚寺。

a0278809_17553710.jpg

a0278809_17575747.jpg
a0278809_17561809.jpg


a0278809_17580644.jpg

同じく建長寺。

a0278809_17582557.jpg


a0278809_17584723.jpg

ウグイス、ホトトギス‥‥‥

若葉の季節がはじまります。

a0278809_17593674.jpg


[PR]
by march_usagi | 2017-04-08 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

恵比寿日和

天気もよし、高校の友だちにいただいたチケットで、山種美術館にいきました。

a0278809_22164128.jpg

恵比寿駅からだらだら坂を登って約10分、

a0278809_22170515.jpg

創業者のコレクションを中心に、ここの日本画の展示は見ごたえがあります。

a0278809_22172991.jpg

速水御舟の個展をしていました。

40歳で早世した画家‥‥‥業火に身を焼く蛾たちの「炎舞」には、心ゆさぶられます。


恵比寿では、写真美術館のリニューアルも話題でした。

a0278809_22175675.jpg

これもいただいたチケットでいってまいります。

以前は学校の文化祭みたいな個性のない展示室でしたが、

a0278809_22181643.jpg

すっかり模様替えして、ゆとりと趣のあるスペースになっています。


かつて恵比寿はお気にいりの街でした。

ガーデンプレイスは垢抜けた空間で、

a0278809_22185043.jpg

a0278809_22184958.jpg
この時期になるとバカラのシャンデリアがひときわ豪華な雰囲気を醸しだします。

a0278809_22193025.jpg

奥のシアターではよく映画を観ました。

ウェス・アンダーソンは、ほとんどここで観たんじゃないかな?

いかなくなったのは、映画館が一時閉館してしまったことが大きいのですが、


ほかにも要因がありまして、

a0278809_22195235.jpg

たしかこのあたりにあった香月というラーメン屋、

よその街に移っちまったようでとても残念。

熱いラーメンも人気高かったのですが、

a0278809_22204049.jpg

つけ麺は、濃いスープに腰のある麺がぴったりの合性でした。


もうひとつ、

a0278809_22212595.jpg

ここにあった小料理屋さん‥‥‥「善や」という小さなお店でしたが、これもなくなった!

西鉄ライオンズのピッチャーだったご主人と、きれいな奥さまがやっていらっしゃいました。

なんでもおいしかったけれど極めつけは海老しんじょう‥‥‥プリプリとした海老がサクッと揚がったところに塩をちょびっとつけて食べる‥‥‥思いだしても唾がわいてくる。

閉店となったときは、本当にがっかりしました。

a0278809_22220262.jpg

そんなこと考えながら、サッポロ直営のビアホールでジョッキを傾けています。

a0278809_22220137.jpg

とかなんとか云っても、

やっぱ、ビールはヱビスかな♪


[PR]
by march_usagi | 2016-11-12 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

YOKOSUKA海道ウォーク-2016

昨年につづき

YOKOSUKA海道ウォーク」に参加しました。

a0278809_16345303.jpg

思いのほか青空がでて、

暑くもなく寒くもなく、絶好のウォーキング日和です。

a0278809_16345478.jpg

健脚向きが18km、ファミリー向けが5km

わたしたちはちょっと日和ってスタンダードの10kmコースです。

a0278809_16373822.jpg
a0278809_16345451.jpg


a0278809_16345549.jpg

軍港横須賀がメインテーマだった昨年とかわり、

今年は開港、開国の歴史がテーマ、

a0278809_16345491.jpg

こんなところを通っていきます。

a0278809_16383396.jpg


a0278809_16390610.jpg

ペリー公園がコースの中間点、

a0278809_16393009.jpg


a0278809_16394999.jpg

日和ったコースとはいえ、まず横浜から三浦半島のほぼ突端まで結構な電車の旅、

歩けばおなかもぺこぺこです。

a0278809_16402466.jpg


a0278809_16411125.jpg


a0278809_16413101.jpg


a0278809_16345165.jpg

復元されたものですが、江戸時代から灯されていたという燈明堂‥‥‥

云ってみれば元祖灯台を見学しました。

a0278809_16345240.jpg

障子で囲った室内に巨大な燈明皿を置き、

一晩に百本の灯心を燃やしたとか。

その光は7km先からも見えたと云います。

でも嵐のときなどはどうしたのでしょうねぇ。

a0278809_16345364.jpg

コースにもどる途中で防空壕のあとを見つけました。

わたしたちの世代なら一目でそれとわかるものですが、

通りすぎる30代の家族づれには、ただの洞窟にしか見えなかったようです。

記憶も風化していくのですね。

a0278809_16345266.jpg

昼すぎて怪しくなった空模様ですが、

対岸の房総半島は最後までくっきりと見えていました。


潮風のそよぐ秋の一日でした。

a0278809_16345300.jpg


[PR]
by march_usagi | 2016-11-05 00:00 | そぞろ歩き | Trackback(1) | Comments(2)

深まる秋の戦場ヶ原

横浜の秋はまだ宵の口みたいなものですが、

a0278809_17235336.jpg

日光戦場ヶ原の秋は、すっかり深まっておりました。

a0278809_17232434.jpg

県営駐車場には7時半ごろ着いたのですが、大地は銀色の霜柱‥‥‥気温はちょうど零度です。

a0278809_17232695.jpg

おにぎりのほのかな温みがありがたい。

a0278809_17234219.jpg

空気が澄んでいるって、こんなこと云うんでしょうね、息を吸うのが痛いみたい。

a0278809_17233952.jpg


a0278809_17233199.jpg


a0278809_17233693.jpg


a0278809_17233432.jpg

湿原は一面赤褐色に染まりはじめ、

a0278809_17235190.jpg

林は紅葉にいろどられていました。

a0278809_17234429.jpg


a0278809_17241271.jpg

おそめの昼食は、昨年気にいった同じレストランで。

a0278809_17235672.jpg

ここまで運転してくれたから、もうお酒飲んでもいいよ、と云われました♪

帰りは、カミさんと娘が運転してくれます。

a0278809_17240105.jpg

クラムチャウダーに、

a0278809_17240333.jpg

カナディアンサーモンのスモークとキャベツのスパゲッティ。

a0278809_17240532.jpg

サーモンの燻しぐあい、火のとおしぐあいが抜群で、これだけでも来たかいがあったというもの‥‥‥

a0278809_17240907.jpg

ふだん食べないデザートですが、アプリコットタートなんか頼んじゃいました。


深まる秋のちいさな贅沢でした。

a0278809_17234816.jpg


[PR]
by march_usagi | 2016-10-22 00:00 | そぞろ歩き | Trackback(1) | Comments(2)

故郷はここに

故郷は変わります。


わたしの記憶の風景はこんなところ‥‥‥

平野を流れる大きな川‥‥‥左右に青い田んぼがひろがっていました。

土手には桑の木が点々と植わり、梅雨どきには紫に熟れる‥‥‥食べだすととまらなくて、真っ青になった口元で道草がばれました。

a0278809_14522018.jpg

川の名は境川‥‥‥町田から横浜を抜け、藤沢は江の島にそそぐ二級河川です。

武蔵の國と相模の國との国境の川でもありました。

子どものころ釣りにいった記憶があります。

a0278809_14532538.jpg

ほとんどなにも釣れなかったけれど、繋ぎの釣竿をかついで、土手をてくてく歩くのが楽しかった。

a0278809_14540190.jpg

かつて遊んだ一帯は、現在「境川遊水地公園」として整備され、野球場やサッカー場、川沿いにはサイクリング道もできあがっています。

a0278809_14535080.jpg

自然環境を保存するため、立ち入り禁止の広いビオトープも設置されて、サギやカワウがのんびりと羽を休めていました。

けれど、友だちと釣りに行った雰囲気はほとんど残っていない。



もうひとつ忘れられない遊び場が国立病院の裏の湿地帯でした。

中央を湧水がながれ、いったん小高い道で遮られたように見えますが、水脈となって道の下を潜りぬけ、数十メートル先に再び小川となってあらわれます。

両脇は雑木におおわれた小暗い谷で、大戦時の防空壕も残っていました。

a0278809_14550259.jpg

「コンバット」なんて番組がはやっていて、わたしたちも2Bという一種の爆竹を投げあう危ない遊びにうつつを抜かしておりました。

a0278809_14543149.jpg

60年代の後半に、この一帯は公団の団地に変貌します。

a0278809_14545185.jpg

湧水は完全に堰きとめられ、陰気な池に姿を変えました。


いろんなこと考えます。

生まれたのは他のところですが、故郷とよべるのはこの地しかない‥‥‥なのに当時の面影は残っていない。

わたしの故郷は消えてしまったらしい。

a0278809_14550351.jpg

「いいじゃないか」という声が聞こえます。


いいじゃないか、きみが忘れたわけではないんだろ?

a0278809_14545128.jpg

きっかけは、旧友たちとの旅行でした。

話せば話すほど懐かしい風景がよみがえってくる。つい先ほどのことのように。

ふと思いました。ひょっとして、ここが故郷ではないか。ふるい友だちといる、記憶の中が古巣ではないかと。

故郷って、ひとの心の中にあるのではなかったか‥‥‥

a0278809_14542162.jpg

今月は高校の同期会です。

またふるい友だちと会える。

心の故郷がもう少しひろがるかもしれません♪


[PR]
by march_usagi | 2016-10-08 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

修「職」旅行そのⅢ 甲州方面

恒例となった修「職」旅行‥‥‥甲州方面となりました。
メンバーはいつもの中学・高校一緒の仲間‥‥‥ただ今回は、F君が都合でこられなくなりました。

a0278809_1313142.jpg

心配していた天候ですが、

a0278809_1314631.jpg

談合坂のあたりからまずまずの行楽日和。

a0278809_1315983.jpg

甲州だったらワインだろうと、まずは「ぶどうの丘」にやってきました。
目路のはるかまで葡萄畑‥‥‥
なんでも1,100円だせば、地下のワイン蔵で試飲し放題‥‥‥心はうずくのですが、
a0278809_1321486.jpg

さすが運転をしてくれているK君をおいて酔っぱらうわけにはまいりません。
F君の土産を仕入れたらあとは風と陽ざしを楽しみます。

a0278809_1323098.jpg

「めしは吉田のうどん」と主張するYo君のいうままに、うどん屋にまいりました。
甲州は「ほうとう」と思いこんでいたのですが、実はもう一統うどんの系統がありまして、それが「吉田のうどん」
固有名詞ではなくて、吉田を中心にばらばらとあるうどん屋の総称です。
「富士宮焼きそば」みたいなもんかな。

a0278809_1324450.jpg

これがそのうどん‥‥‥肉とキャベツののっているのが一般だとかで、これに卵と天ぷらをトッピングしました。

a0278809_13327.jpg

a0278809_1331386.jpg

特徴は極めて硬い麺。
しこしこしている、なんて表現とおりこして、とにかく噛みにかまねば呑みこめない。
そうですね、名古屋の「みそ煮込みうどん」って硬くて腰のあるうどんがありますが、あれよりもっと硬い。
たぶんこの国最「硬」の麺ではないでしょうか。
a0278809_1333142.jpg

でも、うまいんだなぁ、これが。
すき焼風に甘辛く煮た牛肉と、素朴なキャベツが、麺の歯ごたえとタッグマッチ、
格闘するように食べ終わりましたが、その類のない満足感‥‥‥機会あればぜひお試しください。
a0278809_13343100.jpg

推薦者のYo君はここ8年、農業一筋で暮らしております。
家の近くでは資材が調達しにくいとかで、山梨で農業にシフトしたホームセンターに行きたい旨リクエストがありました。
コメリってお店があるんですね、結構その筋では有名みたい、
さがしていた資材は農協の3分の2ほどの価格でゲットできました。

ところがふと目がいったところに20kgほどつまった袋づめ鶏糞を発見、
「廉いなぁ、これも買ってっていい?」とYo君‥‥‥
a0278809_134067.jpg

聞いたとたんに、車のオーナーのK君が顔色かえて、
「絶対ダメ〜!」

「牛糞もあった、これは豚糞」とはしゃぐ皆の声を断ちきってK君は車をだしたのでありました。

a0278809_1341593.jpg

a0278809_1342761.jpg

宿につけばあとは大人の時間‥‥‥ゆっくりと流れてまいります。

a0278809_1343657.jpg

事前に用意した寝酒ですが、
翌朝ほとんど残っておりませんでした♪
[PR]
by march_usagi | 2016-09-10 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

カメラのない日々

カメラがないと落ちつきません。

べつに鵜の目鷹の目で歩いているわけではないけれど、
やはり目をひくもの、気にかかるものがあると撮りたくなります。
a0278809_1443277.jpg

スマホがあるじゃないか、という向きもあるでしょうが、
結局あれは間に合わせでしかない。

a0278809_14431484.jpg

といいながら、この季節、野山歩きたくなるのですよね。

で、
カメラの代わりに、双眼鏡を持ってでかけます。
a0278809_14432553.jpg

撮ることはできないけれど、眺めるにはとても楽ちん。
カメラのファインダーと較べて明るく見やすいし、
立体視できるのがなんとも嬉しい。

じっくり見ていると思わぬことに気づきます。
a0278809_14434099.jpg

公園で、タイワンリスの群にあいました。
カチカチ、カチカチと声をあげます。なにか気にしているみたい‥‥‥
見あげると梢にたくさんのカラスがいました。 警戒していたんですね。

a0278809_14435163.jpg

そうかと思えば、ばったりキジの雌と出会ったりして‥‥‥

なければないで、写真のほかの楽しみにであうこともできる。
なんにでも縛られちゃいけないんだな、
そんなこと思いました。
[PR]
by march_usagi | 2016-08-27 06:18 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

ちょっと、遠くへ行きたい

『遠くへ行きたい』という歌がありました。
たしかジェリー藤尾さんが唄っていらした。 鼻にかかったハスキーな唄声が、耳にのこっています。
60年代から70年代初め、
政治の季節に疲れかけたころ、現実から逃れてちょっと違う人生を味わってみたい、そんなひそかな逃避願望が託されていたように思えます。
a0278809_10205377.jpg

わたし自身、あてのない旅をした記憶があるくらい。

もっともこの歳になればかようなセンチメンタリズム、かけらものこっておらず、
a0278809_1021795.jpg

限りある人生で見残したところがあれば無性に悔しい‥‥‥ただそれだけのさもしさであちこち駆けまわるのですが‥‥‥

a0278809_10211923.jpg

ある日、降りたことのない駅に目がとまりました。
愛甲石田って、愛甲郡の愛甲だよね、
『源平盛衰記』にもそんな名の武士がいたな。
畠山重忠を射止めたのはたしか愛甲三郎だったな‥‥‥

a0278809_10213545.jpg

てな衝動で降りてはみたものの、外見はまったく面白味のない駅であります。

a0278809_10214996.jpg

ただ近くに一部大山街道の旧道がのこっていて、

a0278809_1022040.jpg

a0278809_1022975.jpg

路傍のそこここに神さまや仏さまが鎮座されている。

a0278809_10222293.jpg

菩薩のお顔の部分が欠けてしまったのでしょうか、大胆な代用です。

a0278809_10223172.jpg

支流を渡ると、南北に相模川の河川敷が伸びておりまして、

a0278809_10224049.jpg

スポーツする若者の声がひびきます。

小高い土手には草をわけた一本道‥‥‥
a0278809_10225348.jpg

こういった道、むちゃくちゃ好きだなぁ。

ぐるっと回って、相模線に乗ろうと思いました。

問題はすぐ川向こうに駅があるのに橋がない。
くだりに下ってたどり着いたのが、
a0278809_1023794.jpg

戸沢橋、
30分は歩いたでしょうか。

a0278809_10232190.jpg

見おろせばアユ釣りの竿‥‥‥
川面に夏の光が踊っておりました。

ちょっとだけ遠くに来たな、‥‥‥そんな気がいたしました。

a0278809_10233590.jpg


ところで『遠くへ行きたい』って番組、まだやっているんですね‥‥‥
[PR]
by march_usagi | 2016-07-16 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

記憶の風景

風景は変わります。

わたしの育った横浜の町は、学校と病院、商店街の一帯をはずれると一面の田んぼでした。
a0278809_2312795.jpg

田のあいだを境川と支流の宇田川が流れ、
春の土手は冬眠から覚めたヘビたちでにぎわっていました。

a0278809_23122142.jpg

いま、その面影はありません。

それはこの土地が、かつての生業を断ち、郊外の住宅地に変貌したからにほかなりません。
風景が変わったのは、土地そのものが変わったからでした。

一方で、心の風景が変わる場合もあります。

a0278809_23123419.jpg

父に負われて移り住んだ大田区の神社を訪ねたのは3つかそこらのこと‥‥‥
階段は険しく、獅子狛犬は恐ろしく、境内は無限の闇に消えていくように思えました。

a0278809_23125549.jpg

半世紀も経てたずねてみると、なんともこじんまりとしたひなびた社‥‥‥境内は猫の額ほどもありません。

意外に感じたのはたぶん、風景を見る自分の心の変化に気づかなかったからだと思います。

では慣れ親しんだ場所はどうなのか?

a0278809_231379.jpg

たとえば銀座‥‥‥

学校をでてはじめて勤めたのは銀座6丁目、
新橋、築地と勤め先は変わりましたが、いずれも銀座を庭にしたような一帯‥‥‥ショッピングも夜の徘徊も、現役のあいだほとんどここでした。

a0278809_231322100.jpg

a0278809_23133360.jpg

銀座は変わったように思えるし、

a0278809_23134519.jpg

そうでないようにも見える‥‥‥ただそれは外見からのお話です。

心のなかの銀座はどうだろうか?
a0278809_23135527.jpg

変わったのかなぁ、やっぱり。

思えばいまわたしは銀座のなかにいない気がする‥‥‥銀座をそとから眺めています、
だからなじまないなにかを感じる。

a0278809_23141185.jpg

風景は、内と外とで変わる、
それが齢を重ねるということなのかもしれません。
[PR]
by march_usagi | 2016-07-09 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)

やけっぱちのハウステンボス

ほんとうは池島炭鉱に行くつもりだったのですが、ツアーの業者から連絡がはいり、波が高くて船がだせないとのこと‥‥‥
a0278809_1627512.jpg

車を借りていざ出発、というところだったので途方にくれました。
でもそこで一日のんびりしよう、なんて考えないのが生まれついての貧乏性、

a0278809_162841.jpg

来ちゃったんですねぇ、ハウステンボス。

a0278809_16281793.jpg

a0278809_16283321.jpg

「オランダ行ったの、おとんしかいないんだからね」と娘に評価を託されましたが、‥‥‥

a0278809_16284999.jpg

そのときはアンネの隠れ家の撮影で観光どころじゃなかったし、

a0278809_1629726.jpg

オランダみたいかといわれても、‥‥‥ねぇ‥‥‥
a0278809_1629206.jpg

とりあえず、こんなのないし‥‥‥

a0278809_1629368.jpg

a0278809_16294958.jpg

「スリラーシティ」なんて一角もありまして、お化け屋敷だのモンスターハウスだのが集中しています。
娘とカミさんと3軒ばかり梯子しましたが、
少しも怖い方出てこず、さみしい思いをいたしました。

a0278809_1630567.jpg

a0278809_16302099.jpg

a0278809_16303670.jpg

にしても、どうしてこんなもん作っちゃったんでしょうね。

首かしげる思いは残りましたが、
ま、なんとなく一日は過ごせる‥‥‥そんな場所ではありました♪
[PR]
by march_usagi | 2016-03-19 06:08 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)