子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

時の消えていく日々

わたしはパンクチュアルな人間です。

いや、

であったというべきか‥‥‥

a0278809_16071544.jpg

少なくとも現役のころ、

時計をせずに外出することなどありませんでした。

会議や始業時刻、現場やスタジオの入り時間、

作業の締め切り、ひととの待合わせに、

遅れることはまずありません‥‥‥

それは癖のように時計を見、予定の時間を見計らっていたから‥‥‥

a0278809_16073635.jpg

でも定年退社の翌日、時計を身に着けるのをやめました。


「心に期して」なんて大袈裟な決意ではありません。

ただなんとなく、

のこりの人生、時間にしばられるのをやめようと思ったのです。

a0278809_16075494.jpg

無論スマホがあるし、

a0278809_16081709.jpg

街中に時計がないでもない。

大まかな世界では、やはり時間のなかに生きている。

でも針を読む回数はみごとに減ったし、

そのぶん確実にゆとりと楽しさがわいてきたと思うのです。

時間は勝手に流れていく‥‥‥それを無理して泳ぎ渡ることないじゃないか!

ま、そこまで悟りきったわけではないけれど、

a0278809_16083617.jpg

流れに身をまかせ、時計からもれていくものに目をむける‥‥‥

これもちょっとした贅沢だと思うのです。


[PR]
by march_usagi | 2017-04-22 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/23818155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-04-22 07:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by march_usagi at 2017-04-22 14:43
ターコーへ
そうだねぇ、特に金属ベルトはね。
皮だと、夏はべとべとするし‥‥‥
Commented by otyukun at 2017-04-24 21:35 x
私にとって時計を腕にはめるのは「癖」としか言い様がないですね。
暫くはめていると腕時計を見る癖が出ますが、故障して腕から離れてしまうと見る事も自然消滅。
仕事が現役なので時間に縛られ時間の制約はキッチリとあります。
細工の妙には興味ありますが、高価な腕時計には興味無し。
しかし、カルティエ等、デザインの優美さには驚かされます。
Commented by march_usagi at 2017-04-25 12:20
otyukunさま
世の中、ないならないで困らない、ってものがありますね。
そんなものを順繰りに捨てていこうと思っているのですが‥‥‥思うようにいきません。
機能とは別に、ものへの執着がある。これが厄介です。