子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
良い所がありますね。 ..
by otyukun at 21:29
otyukunさま 暗..
by march_usagi at 20:28
ギリシャの古美術は普通に..
by otyukun at 06:36
ターコーへ 畏敬の念を..
by march_usagi at 12:16
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
見慣れた日本の風景とは全..
by otyukun at 15:28
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
畑にきて考える ② あぜ道
at 2017-09-16 00:00
畑にきて考える ①
at 2017-09-09 00:00
沿線の散歩道‥‥‥小田急線
at 2017-09-02 00:00
セミの一生
at 2017-08-26 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

歳をとることの孤独と悦びと(誕生日に思うこと)

「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

なんてヴェルレーヌの言葉をひいて自殺したのは太宰治です。


わたしとしては「歳をとることの孤独と悦びと」、これなら二つわれにあるな。

a0278809_17071275.jpg

知人の亡くなるのはつらいものです。

肉親はいうまでもないけれど、

とりわけこたえるのは幼いころからの友だち‥‥‥

a0278809_17073810.jpg

そのひととともにすごした記憶が、そっくり死者の領域にしまわれてしまう。

しかも広がる‥‥‥

年寄りは日増しに孤独です。


一方で、

これは齢とってみてはじめてわかったことですが、意外に楽しい。

まずは仕事の呪縛からの解放!

a0278809_17081314.jpg

仕事は「必要」からするもののはずなのですが、

いつかそれが自己目的化してしまう。 ときに人生の意義にすらなってしまう。

ワーカホリックなんて悲しいことば、ありましたね。

あれからきっぱり自由になります。

これはとてもうれしい。


もうひとつ、

過去からの解放!

a0278809_17083460.jpg

中島みゆきさんの曲で「傾斜」という唄がありました。

「忘れっぽいのはステキなことです‥‥‥」

なんて歌詞唄っています。

そう、老人は物忘れがひどくなるのですよね。

でもそれは存外よいことなのかもしれない。

過去にしばられない‥‥‥ということは、云ってみれば過去の辛い思いから解き放たれる。

ひょっとしたら未来志向で生きていけるかもしれない!

忘却力がパワーアップするのだ、とわたしはひそかに嘯いています。


齢とることは確かにさみしく困ったことだけれど、

よいことだってなくはない。

a0278809_17093071.jpg

どちらも噛みしめながら、わたしはのこりの時間、生きていきたいと思うのであります。


[PR]
by march_usagi | 2017-03-25 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/23729669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-03-25 06:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by march_usagi at 2017-03-25 16:36
ターコーへ
残念かそうでないか知らないけれど、「あれが最後の誕生日だった」って日はいつかくる。気楽に待つことにしているけれどね。
Commented by otyukun at 2017-03-26 21:24 x
良い意味で年齢を重ねて居られる様で羨ましく思います。
いまだに現役でいるのは幸せだと言う人もいますが、可成りしんどいものです。
暇と懐がたっぷりあればやりたい事だらけですが、両方とも無縁なので。
確かに周りの人は減っていくので、次は自分の番かもと思う事も。
やれるだけやって人生を終えるのも良いかもと思っています。
Commented by march_usagi at 2017-03-26 23:19
otyukunさま
声にだせない、文字にもかけない悲しいこと、辛いこと、恥ずかしいこともたくさんあります。
酸いも甘いもこの人生ですね。