子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

大野彩さんの絵

子どものときから絵が好きでした。

小学校にあがる前、近所に仲よしの女の子がいて、

a0278809_15592116.jpg

その子の家の縁側で、いつもならんでスケッチブックを開きました。

「白いところも、ちゃんと塗らなくちゃだめよ」

と云われ、そんなものかなぁ、と思いながら白いクレヨンをとりました。


その女の子が、大野彩さんです。

今は日本のフレスコ画界の第一人者‥‥‥うっとりするような作品をつぎつぎに描いてくれます。


わたしの家にいる一枚はバラの絵‥‥‥

彩さんのアトリエで何十日も咲きつづけた切り花というのですが、なんでそんなにもったのかわかりません。

「ばらこ」と名づけ、日々その姿を描きました。

a0278809_15592009.jpg

この絵もその何日目かのもの、

a0278809_15592055.jpg

キッチンの横の、朝日のさす壁にかざりました。


もう一枚が、

a0278809_15592177.jpg

やはりバラが主役のこの作品‥‥‥

暗めの漆喰の背景に、白いバラの造形が置かれている。

a0278809_15592001.jpg

よく見ると掛け軸の表装が使われているのに気づきます。

a0278809_15592171.jpg

バラの背部には、布の箱のようなもの‥‥‥彩さんのお母さまがもっていらした古い布地だそうです。

a0278809_15592162.jpg

古い家屋の暗い床の間に飾られた一幅の絵、そこに現代的なバラが咲きだしている‥‥‥

じっと観ているとそんな感じがしてきます。

a0278809_15592120.jpg

金をまとったバラは実にゴージャスで現代的、

これは現代に生きる女性じゃないかしら?

でもそのなかには、やはり年ふりた女の系列がつみ重なっていく‥‥‥


ときの流れと輝きかな?

ふとそんなこと思いました。


西の陽と、北の反射ののこる部屋にかけて、眺めています。


[PR]
by march_usagi | 2017-03-11 00:00 | 匠のおしごと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/23699330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2017-03-15 08:37 x
上の薔薇は透明感のある水彩画の様ですが、手慰みの絵ではないですね。
下は現代アートの様な趣。
古布と立体的な造形がモダン。
縁側で一緒に絵を描かれていたとは何とも羨ましい限りですが、三月うさぎ様のイラストも見事。
幼少時の手慰みは後の人生を変える事がある良い例です。
Commented by march_usagi at 2017-03-16 14:29
otyukunさま
ながく映像やクリエーティブの業界にいると、ごくごく稀ですが「このひとはただものではない」と思わせる方にであうことがあります。天があたえた力としか云いようがない。
そんなひとと巡りあえるのは、とても幸せなことだと思っています。
伝統工芸の世界でも、そのようなことはないでしょうか?