子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 暗..
by march_usagi at 20:28
ギリシャの古美術は普通に..
by otyukun at 06:36
ターコーへ 畏敬の念を..
by march_usagi at 12:16
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
見慣れた日本の風景とは全..
by otyukun at 15:28
otyukunさま 謎..
by march_usagi at 22:04
矢張り屋根はあったんです..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 途..
by march_usagi at 12:31
素晴らしい高原ですね。 ..
by otyukun at 23:40
otyukunさま 柱..
by march_usagi at 15:05
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
憑きものおちて夏休み
at 2017-08-05 00:00
ギリシアの博物館で考えたこと
at 2017-07-29 00:00
デルフィーは世界の中心
at 2017-07-22 00:00
古代アゴラでとける謎
at 2017-07-15 00:00
雲のうえの花園 霧降高原
at 2017-07-08 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

サルタヒコの不思議

先日の「YOKOSUKA海道ウォーク」の道すがら、

a0278809_15441161.jpg

住吉神社を見かけたので立ち寄りました。

摂津は住吉がご本家の神さまで、関東ではそれほど多くない。

a0278809_15443441.jpg

でも主神の筒男三兄弟は、イザナキが黄泉國から生還後 禊しつつ産んだ水の神ですから、

三浦半島の海沿いにあって少しも不思議ではありません。

気になったのはこちら、

a0278809_15454211.jpg

境内のひと隅にずらりとならんだサルタヒコさん‥‥‥四基もあります。

付近に由来書のようなものもなく、そばの石にわずかに「安政」の文字が読みとれましたが、

安政といえば1854年から59年で明治維新のちょっと前。

もっともそれがこのサルタヒコさんたちの建立年かどうかはわかりません。

a0278809_15454239.jpg

サルタヒコといえば、ご存じ天孫降臨の途上でニニギの一行を出迎えた神さまです。

もちろん国津神でありまして、『書紀』の一書によればニニギに

「天神の子(あまつかみのみこ)は、當(まさ)に筑紫の日向の高千穂の槵觸峯(くじふるのたけ)に到りますべし」

なんてことを教えます。

ただこの神格は、もともと衢神(ちまたのかみ)すなわち「賽の神」でありまして、

とすれば境を守る元祖道祖神みたいなもの。

a0278809_15454222.jpg

文字を刻んだ塔の横にこんな像がありました。

風雨にさらされておよそ原形をとどめていませんが、

しみじみ眺めると鼻のおおきなサルタヒコのようにみえないこともない。

a0278809_15460112.jpg

根拠はまるでありませんが、

ちかくの海域にあらわれる異国の船に恐れをなした人々が、

「賽の神」の親分たるサルタヒコを祭り、浦賀の海域を安堵しようとしたのではないか、

なんてこと、勝手に思い描くひとときでした。

a0278809_15460166.jpg


[PR]
by march_usagi | 2016-11-20 00:00 | わたしのお寺と神社 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/23361360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 鴉の独りごと at 2016-11-20 08:00
タイトル : 明神さんの狛犬たち ~Yokosuka海道ウォーク 20..
このこたちは、ちょっとわきによけられていました。背景もなにもあったもんじゃないけど、とてもいいお顔です。現役世代は、正面でお迎え。 祭神は、中筒男命。 旧くは、栗濱大明神といわれたそうです。庚申塚。 右の四基は猿田彦大神と刻まれています。街も、海も近いのにみどりが多いですね。ふしぎなことに、この神社はなぜか水平がずれる。腕だけのせいかなぁ。Google mapでみる社殿の奥の森。横穴古墳があるそうな。体調不良のため、回れ右。 ウォークに戻ります。鳥居の外側、いまは人家になっていますが、大正初期は海だ...... more
Commented by otyukun at 2016-11-23 22:39 x
住吉神社は大阪摂津の住吉大社の神様を勧請した神社でしょうが、住吉大社の神様は祇園祭でも祭神の一人になっている神功皇后と男の三神がご祭神ですね。
男の三神は一体として「すみのえのおおかみ」と呼ばれていたと聞いた事があります。
京都にある猿田彦神社は小さな祠の様な神社ですが、観光バスが横付けで観光していた事を憶えています。
秦氏が住んだという太秦に入る道すがらにあるので道祖神として祀ったのかも。
猿田彦の末裔も残っているとか。
神様なのか会ってみたいものです。
Commented by march_usagi at 2016-11-24 12:27
otyukunさま
サルタヒコは、アメノウズメと結婚させられ、その子孫は代々サルメノキミと呼ばれていました。
宮中行事では、歌舞を担当していたと思います。
その末裔なんでしょうかね、