子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

記憶の風景

風景は変わります。

わたしの育った横浜の町は、学校と病院、商店街の一帯をはずれると一面の田んぼでした。
a0278809_2312795.jpg

田のあいだを境川と支流の宇田川が流れ、
春の土手は冬眠から覚めたヘビたちでにぎわっていました。

a0278809_23122142.jpg

いま、その面影はありません。

それはこの土地が、かつての生業を断ち、郊外の住宅地に変貌したからにほかなりません。
風景が変わったのは、土地そのものが変わったからでした。

一方で、心の風景が変わる場合もあります。

a0278809_23123419.jpg

父に負われて移り住んだ大田区の神社を訪ねたのは3つかそこらのこと‥‥‥
階段は険しく、獅子狛犬は恐ろしく、境内は無限の闇に消えていくように思えました。

a0278809_23125549.jpg

半世紀も経てたずねてみると、なんともこじんまりとしたひなびた社‥‥‥境内は猫の額ほどもありません。

意外に感じたのはたぶん、風景を見る自分の心の変化に気づかなかったからだと思います。

では慣れ親しんだ場所はどうなのか?

a0278809_231379.jpg

たとえば銀座‥‥‥

学校をでてはじめて勤めたのは銀座6丁目、
新橋、築地と勤め先は変わりましたが、いずれも銀座を庭にしたような一帯‥‥‥ショッピングも夜の徘徊も、現役のあいだほとんどここでした。

a0278809_231322100.jpg

a0278809_23133360.jpg

銀座は変わったように思えるし、

a0278809_23134519.jpg

そうでないようにも見える‥‥‥ただそれは外見からのお話です。

心のなかの銀座はどうだろうか?
a0278809_23135527.jpg

変わったのかなぁ、やっぱり。

思えばいまわたしは銀座のなかにいない気がする‥‥‥銀座をそとから眺めています、
だからなじまないなにかを感じる。

a0278809_23141185.jpg

風景は、内と外とで変わる、
それが齢を重ねるということなのかもしれません。
[PR]
by march_usagi | 2016-07-09 00:00 | そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/22968634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2016-07-10 07:07 x
そう言えば京都も変わりました。
古いまま綺麗になったところもあれば、荒れ地が結構あったのに全て消失。
高さ制限と派手な看板除去で京都の雰囲気も元に戻っています。
生まれた町内の風景はあまり変わっていません。
良い事なんでしょうね。
Commented by march_usagi at 2016-07-10 14:38
otyukunさま
高さ制限と派手な看板除去というのは東京に住む者にとってはとてもうらやましい措置です。
景観を大切にしない行政は、歴史を将来に伝える義務の放棄だと思います。
また京都に行きたくなりました♪