子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

文明は廃墟をつくる‥‥‥軍艦島遠景

a0278809_1235213.jpg

長崎で楽しみにしていたのは、「軍艦島」‥‥‥端島の探索でした。
もちろん「世界遺産」に指定されてしまったし、勝手に歩きまわれないのは承知です。

でも40年前に突然放棄された人工島を、この目と足で確かめることができる‥‥‥わくわくしておりました。
a0278809_1251950.jpg

結果は残念ながら上陸できず、

a0278809_1253295.jpg

うねりが強く、遊覧船を接岸できないというのです。

a0278809_12552100.jpg

まぁ、判断するのは船会社ですから、こちらは従うしかありません。

かわりに、島の周囲を右舷側、左舷側、両サイドから周遊することになりました。
a0278809_126594.jpg

a0278809_12264453.jpg

最盛時、この島には5,300人の人々が住んでおりました。
面積6haそこそこですから人口密度は83,000人/㎢‥‥‥世界一過密な町だったそうです。

a0278809_12105271.jpg

人々の暮らしを支えたのは石炭‥‥‥三菱の炭鉱からはきわめて良質の強粘結炭が豊富に掘りだされました。

a0278809_12111295.jpg

日本ではじめてつくられた高層コンクリートの学校。

a0278809_1212391.jpg

同じく日本ではじめて建設された鉄筋コンクリート製集団住宅。
家賃はただ、
水道、電気、風呂などのインフラは60年当時月10円しかかからなかったので、島民の暮らしは豊かでした。

その島が突然捨てられたのは国と資本のエネルギー政策が変わったからです。
豊富で良質な石炭を捨て、海外に依存する石油にすべてのエネルギーを転換しました。

a0278809_1213357.jpg

           (『シリーズ20世紀の記憶』1957-1960 毎日新聞社)


子ども心に憶えているのは、炭鉱の町でおこった大きな争議の数々‥‥‥
このあいだご紹介した「常磐ハワイアンセンター」(スパリゾートハワイアンズ)も、こうした閉山の結果うまれたものでした。
a0278809_12132255.jpg

島は1974年、いっぺんに放棄されます。
わずかな波で孤立してしまう島ですから、時間をかけておもむろに、というわけにはいかなかったのでしょう。
a0278809_12145886.jpg

残ったのは、かつてヒトが旺盛に生活を営んだその幻影だけ‥‥‥

a0278809_1215169.jpg

a0278809_12153090.jpg

消えていった島影を、日本資本主義の残影とするのはまだ早すぎるかもしれません。
けれど文明はかならず滅びる。
その廃墟のまぼろしを、波のあいまに垣間見たような、そんな気のした午後でした。

                    (資料『軍艦島入門』黒沢永紀・実業之日本社)
[PR]
by march_usagi | 2016-03-12 00:00 | そぞろ歩き | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/22567050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 鴉の独りごと at 2016-03-16 19:49
タイトル : 軍艦島 ~往って 還って~
船は、へさきをめぐらしました。旅行の計画を立て、手配をした娘は、船酔いで目を回しています。もはや、観察どころではない。ここまできて・・・・ いや、それはない! しがみつくようにして、階段をのぼります。 みえた! つかまれるものすべてにつかまって、そろそろと前進。 船べりに空きをみつけました。 娘が元気なら、どやされるところです。雨と波しぶきからカメラをかばいつつ、シャッター乱射。水平線が傾いているのは、船の揺れと、風切り音。 船が、転回しました。  一瞬のぞいた青空も かき消えて 端島は、遠ざかって...... more
Commented by otyukun at 2016-03-19 22:49 x
上陸出来ずに残念でした。
アメリカ映画のロケに使われて有名になったと聞きました。
時代の流れは非情です。
人間は波に漂う木の葉。
しかも一瞬で大波に。
誰のせいでもないけど政府や会社にしか訴えらえないもどかしさも。
店を開いていると何故か分からない人の流れがあると気付きます。
Commented by march_usagi at 2016-03-20 13:01
otyukunさま
話では、年間上陸できるのはせいぜい100日位だとのこと‥‥‥残念ですが、また機会はあるかもしれません。
栄枯盛衰‥‥‥栄えたものは必ず滅びます。
なんとか傲慢さから遠ざかりたいものですね。