子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
ヴェネツィアは水の都
at 2017-05-20 00:00
ちょっとお出かけ
at 2017-04-29 00:00
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

免許の更新

免許証更新がせまってきました。
あらためて見る免許の交付日は
a0278809_1515199.jpg

(平成23)2011年3月11日‥‥‥そう、あの日です。
午前半休で試験場に寄り、真新しい免許証を手に会社に着いたその午後に、震災が起こりました。
ここで思い出話をするつもりはありません。
被害は甚大だったし、復興は途上に過ぎない。わたしたちがやるべきことは、まだ無数に残っています。

とはいえ、地震と津波の被害はやがて乗りこえられていく、
失った生命はもどらないにしても、ひとの悲しみは癒されていくでしょう。
自然と時間の復元力は、やはり強靭なものだと思うのです。
a0278809_1515386.jpg

ただし、そうでないものがあります。
原子力発電です。いえ、「核」発電とよんだほうがいい。
平和利用の皮をかぶっていたけれど、本当は誰ひとり制御できない「核」の恐ろしい本性‥‥‥
a0278809_15155415.jpg

5年たっても福島原発は大気と海洋を汚染しつづけています。
膨大な汚染水、汚染土、汚染物質はもはや置き場すらありません。

それなのに政府と電力会社は原発の再稼動を急いでいる。
なんという恥知らずなひとたちでしょう。

a0278809_15161086.jpg

一方で、抗議を押しつぶす危ない動きも目だってきました。
改憲草案「緊急事態条項」‥‥‥
ふたたび震災や原発事故が起きたとき、あるいは戦争や「秩序の危機」がせまったとき、ときの政府が戒厳令を布告する‥‥‥国民の権利は停止され、政府を批判する集会や行動は禁じられる。
そんなことをもくろんでいます。

関東大震災では無数の朝鮮のひとびとが殺されました。
同じとき、無政府主義者や若い共産主義者たちも殺されました。‥‥‥治安維持を口実として。
災害と混乱を口実に、権力が暴虐をほしいままにする歴史をわたしたちは体験しているのです。
戦前の悪霊がこっそり舞いもどろうとしている‥‥‥そう危惧するのは、わたしだけでしょうか。
a0278809_15181436.jpg

年齢も重ねたことだし、免許の更新はひょっとして今度を最後にするかもしれません。
けれど3月11日の記憶と、それを契機に起こったさまざまな事態とのかかわりは、生きている限りつづくでしょう。
そんな思いにかられながら、免許証の日付を眺めています。
[PR]
by march_usagi | 2016-03-05 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/22535391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2016-03-06 11:25 x
免許の更新日が大震災と同じ日なんて、原発破棄の申し子みたいですね。
免許もゴールド、流石です。
原発は地震国日本ではやってはいけない発電設備。
国土がずっと動き続けているのですから。
ただ、廃炉費用は税金を使われる可能性が大。
間違いなく安全な原発は再稼働し、その利益を廃炉費用に積み立てる厳格な法律を打ち立てるべきだと思います。
卑しい官僚や政治家に横取りさせない監視組織の元に。
屁理屈をつけてむしり取るのがオチかもしれませんが。
40年を過ぎた高浜原発なんて言語道断。
早速停止していましたよ。
Commented by march_usagi at 2016-03-06 14:54
たぶん、「間違いなく」安全な原発はないのだと思います。
同時に、今までの原発政策を(悪意でないにしても)支持してきたのは他でもない国民でした。
わたし自身の自己批判もふくめて、国民の責任で、すべての原発を廃炉にすべきだと思っています。
そうした国民の立場に立とうとしない「卑しい官僚や政治家」は原発とともに、立ち去っていただきたいものです。