子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

申年の悩み

年賀状って、うきうきしますね。
だされた方の個性が、直に語りかけてくる気がします。
メールやフェイスブックにはないそのひとの「味」なのでしょう。
a0278809_1695723.jpg

そろそろ年賀状を‥‥‥と思いたつのは11月の後半です。
郵便局で買ったその日から苦悩の日々が待っている!  ってのは大げさですが、毎年図案と詞を考えるのにそれなりのエネルギーが必要です。
皆さまもそうですよね。

東アジアには「干支」なんてものがありまして、その年のキャラクターが決められている。
なので、まずは干支の獣の図案化ってことを考えます。
a0278809_16101097.jpg

これは一昨年の午年に描いたイラストですが、
干支でも 馬、虎、龍、牛、蛇 なんてのはわりと楽勝。ちょっと工夫すれば、さまになるデザインがつくれます。

一方でむつかしい動物もおりまして、例えば羊‥‥‥なんかこう動きに乏しくパンチがない。迫力に欠ける。
(未年の皆さまごめんなさい)

a0278809_16102677.jpg

賀状に羊の絵を使ったことがありません。

そんなやりにくい方々の筆頭にくるのが‥‥‥今年の干支、サル!
(申年の皆さま、さらにごめんなさい!)

a0278809_16104070.jpg

なにもサルが悪いわけではないのですよね。 ただ絵にしにくい、絵にならない。
たぶん近しいからでしょう、どう描いてもヒトのカリカチュアのようになってしまうのです。

a0278809_16105541.jpg

もっともだからこそ面白い、と思う方もいて、
a0278809_1611654.jpg

絵ではありませんが、ポーの『モルグ街の殺人』もそうしたカリカチュアの代表作であった気がします。

a0278809_16112814.jpg

動物園にいけば、やはり立ちどまって観てしまうし、

a0278809_1611428.jpg

運動能力には目をみはる。

a0278809_16115849.jpg

わたしたちの親類なのに、囚われちゃってかわいそうだな、なんてことも思います。

a0278809_16121573.jpg

でもやはりこう生々しいんですよねぇ‥‥‥どうしてもイラストには描けません。

a0278809_1612271.jpg

なので、
巧みにモチーフ化された賀状を拝見すると、ひたすら感心してしまう新春の日々でありました♪
[PR]
by march_usagi | 2016-01-09 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/22063107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2016-01-13 07:09 x
確かに猿は絵にし難いかも知れません。
工房の行灯もお正月用に素描で描かせました。
いつもならブログなので公開するのですが、人の元の姿に見えて載せるのが躊躇う事に。
近しいけど我が身を見る事になるからだでしょうね。
悪いものが去る良い年になるよう頑張りましょう。
Commented by march_usagi at 2016-01-13 10:03
otyukunさま
サルのモチーフで、よいものを見かけません。
三猿なんてほんと陳腐だし‥‥‥
それにつけても「鳥獣戯画」はたいしたものですね。