子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
ヴェネツィアは水の都
at 2017-05-20 00:00
ちょっとお出かけ
at 2017-04-29 00:00
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

負けて悔しいサンマ・パーティー

秋の晴天に、友人たちとサンマ・パーティーをひらきました。
a0278809_17233943.jpg

「戦争法案」通されちゃったし、ぼくらの反省会もかねて呑もうね!

a0278809_17235032.jpg

a0278809_172427.jpg

まずはお疲れさま!
悔しいのはほんとに悔しいのですよ。
a0278809_17241695.jpg

「でもさ、がんばったよね」と友だち‥‥‥
「結果は最初から決まってたけどさ、こんだけひっぱったじゃん」
「若い子もいっぱいきてくれたしさ」
そう、一番勇気づけられたのは、若い世代の参加でした。
「だって始めたころってジジババばっかりだったぜ」とわたし。
a0278809_17243246.jpg

はじまりは11年、震災の年の7月にひらかれた「原発ゼロをめざす緊急行動」でした。
明治公園にあふれるほどのひとが集まったけれど、見わたせばみんな年上!
還暦直前だったわたしが、どうやらその最年少です。
これって40年前とおんなじ顔ぶれじゃん!‥‥‥世代が途切れているのです。
a0278809_1724499.jpg

果敢にデモ行進もしたのですが、足取りがおぼつかない。
かつて楯と乱闘服をならべて威嚇した警察官に、「そこ足元危ないですよ、お気をつけて」なんて労わられちゃったりして‥‥‥

変わってきたのが、金曜日の官邸前行動を主導した「首都圏反原発連合」の登場でした。
a0278809_1725147.jpg

ミサオ・レッドウルフさんをはじめとした次の世代の人たちが、ようやく声をあげ始めた。
a0278809_17251210.jpg

デモも変わります。

a0278809_17252641.jpg

a0278809_17253947.jpg

そして学生たちの登場‥‥‥ここまで4年かかりました!

「心配だったのよね」とカミさん、
「あたしたちが死に絶えたら、政権の好きになっちゃうじゃない‥‥‥」
その心配が薄れてきたような気がします。
思えばこの国の「平和と民主主義」は、60年、70年世代のか細い腕でささえられてきました。
かつて深紅にひるがえっていた旗も長い年月に色あせて、カーキ色のぼろ布みたいになっていた。
これ以上かつぎきれないな、と思いはじめたその矢先に、若く力強い腕が受けついでくれたのです。
a0278809_17255677.jpg

これが喜ばずにおらりょうか♪

a0278809_1726767.jpg

ちょうどサンマも食べごろに‥‥‥「ひとり三匹は食べてね!」

a0278809_1726173.jpg

「イカもあるからね」

a0278809_17263124.jpg

もうひとつ、これはほんとによかったと思うことがあります。
味方同士の争いがなかったこと‥‥‥
党派闘争にあけくれたわたしの若い時代‥‥‥不毛で凄惨で、ときにいのちすら奪われてしまったあの争い‥‥‥
「タコツボにこもって、勝手に銃を撃っていた。ときに味方に」‥‥‥亡くなった恩師が、ご自身の反省もこめて痛切に批判された言葉です。
それが、なかった!
a0278809_17264797.jpg

政権のひとたちは勝った勝ったと喜んでいるでしょうが、あのひとたちの気づかないうちに、大きな協同の輪ができてしまっています。

だから、悲しむことなどない!
頑張った甲斐はあったのです。
a0278809_1727689.jpg

さすがに連夜、国会前に行くのは疲れましたが。

a0278809_17272471.jpg

おまけに雨ばかりで‥‥‥

でも今日は晴天です。
a0278809_17273465.jpg

話がはずんでいるうちに、いつかお月さんが顔をだしていました。
[PR]
by march_usagi | 2015-09-26 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/21665629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-09-27 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by march_usagi at 2015-09-27 11:47
ターコーへ
絶対加担は致しません!
BBQは楽しいね。良い天気であることを祈っちょります。
Commented by otyukun at 2015-09-29 13:12 x
最近東京でもさんまを食べる大イベントがあったとか。
秋のさんまは美味しいですね。

私の学生時代、大学は大荒れでした。
セクト同士の殺し合い迄。
あのエネルギーは結局就職した会社に注ぎ込まれ日本の発展を助けた事に。
消滅した筈の学生の正義感が少しは復活した様ですね。
どちらを向くかは別にして、良い事だと思います。
Commented by march_usagi at 2015-09-29 16:39
otyukunさま
炭火で焼くと、なんでこんなに美味しくなるのでしょうね。
小ぶりでしたが、堪能しました。

おっしゃるとおり、戦闘的な活動家ほど有能な社会人となり、結果的にこの国の成長に寄与しました。皮肉にも思えます。
ただあの時期、真剣に考え、行動したことは人生として無駄ではなかったと思っています。
otyukunさんとは、少し違うところにいたみたいですが、いまこうして落ちついて話せるのも、共通した時代に育てられたからかもしれません。