子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

昼と夜 もしくは明るすぎる都会の夜について

昼と夜の顔が異なるのは、あたりまえのことです。
a0278809_17184931.gif

昼の活気に満ちたベイエリアも、

a0278809_17191953.gif

夜になればなにやら艶めいた世界にはまりこんだよう‥‥‥。

a0278809_12313872.gif

東京駅だって、

a0278809_1232655.gif

こんなに感じが変る。

都会で生きてきたわたしにとって、
人工の光でいろどられた街は、ごく日常の世界、
野卑で乱雑な昼間の景観を、夜の灯火は調和ある夢の空間に作りかえてくれます。
a0278809_12322433.gif

ただ、ときどき思うのです‥‥‥では暗いのはいけないのだろうか?

a0278809_1233367.gif

当然のことながら、ビルや人家から離れるほど灯りは乏しくなってきます。
夜空に浮かぶ立木はなにか意識を持ったもののようにも思える‥‥‥

a0278809_12331586.gif

だいぶ前ですが、伊那の観察小屋で、深夜 梟の現れるのを待っていたことがあります。
撮影用にごく弱い照明を焚いていましたが、谷間はほとんど闇のなか‥‥‥上手の深い森の奥から、「ホ、ホッホホー」と梟の声がします。近づいてきた‥‥‥だいぶ近くにきている

と、突然谷間が真昼のように明るくなりました。
一瞬、照明のスイッチを間違えて、全山てらしだしてしまったかと思いましたが、そんなことがあるわけがない。
山に満月が昇ったのでした。
谷は煌々と照らされ、木々の枝葉がくっきりと地に影を落としている。

闇に慣れた目には、月の光がまぶしいくらいに明るい‥‥‥そんな当然のことを忘れはてていたのでした。

a0278809_12333119.gif

画質はよくありませんが、大震災直後の品川駅です。
灯りはたぶんふだんの半分以下、
電気がないんだから仕方ない、これだって別に困りはしない‥‥‥そのときみんなそう思ったはずでした。
なのにいつか街には光があふれかえっている。
a0278809_12383172.gif

むろん街は映えるけれど、
盛り場にはひきつけられるけれど、
でも、もう少し暗くしたっていいのかもしれない。

a0278809_1234135.gif

ひとの灯りのない世界を楽しむ‥‥‥これだってちょっとした贅沢だと思うのです。
[PR]
by march_usagi | 2015-02-28 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/20918325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2015-03-01 13:49 x
月の光だけで照明が灯された様な雰囲気を味わったそうですが、貴重な体験ですね。
満天の星を見られるのも灯りがない所だけです。
以前、吉野の山奥「洞川」へ行った帰り、国道に灯りが全く無く、対向車も無かった時結構気色悪かったのを憶えています。
宇宙から見ると日本の灯りは多すぎる様ですが、殆ど灯りのないのは全く発展のない国だそうです。
何事も適度が良いですね。
Commented by march_usagi at 2015-03-01 14:50
otyukunさま
子どものとき、少し遊びすぎると星がみるみる増えてきたような記憶があります。あれは本当にそうだったのか、それとも空想だったのか‥‥‥?
光もそうですが、音も普段の騒音が消え去ると、聞こえなかったものが聞こえてきますね。一番うるさい音が自分の耳鳴りだったりします。
わたしたちは多分「過剰な」光と音の世界に棲んでいる‥‥‥それに馴らされてしまったんでしょう。