子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
良い所がありますね。 ..
by otyukun at 21:29
otyukunさま 暗..
by march_usagi at 20:28
ギリシャの古美術は普通に..
by otyukun at 06:36
ターコーへ 畏敬の念を..
by march_usagi at 12:16
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
見慣れた日本の風景とは全..
by otyukun at 15:28
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
畑にきて考える ② あぜ道
at 2017-09-16 00:00
畑にきて考える ①
at 2017-09-09 00:00
沿線の散歩道‥‥‥小田急線
at 2017-09-02 00:00
セミの一生
at 2017-08-26 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

忘れない

ひとは多くを忘れます。
a0278809_8592264.gif

たとえば1年生のときの集合写真‥‥‥このなかで、何人の名を云えるだろう‥‥‥自分の顔さえ心もとないというのに。

でも、あの日のことは忘れない。
そう、あの3月の底冷えのする金曜日の午後のこと。椅子が勝手に滑りだすほどの激しい揺れに思わず立ちあがったそのあとのこと‥‥‥
壁に罅(ひび)のはいった、凍りつくような社内で帰宅をあきらめ‥‥‥
しばらくして続々と入ってくる恐ろしい映像‥‥‥押し寄せる津波、炎上するプラント、そしてまた津波、津波!
余震はつづき、回線はつながらず、夜遅くまで家族の安否は知れませんでした。
それから数日して、さらに恐ろしいことを知らされました。
原発が大事故を起こした‥‥‥メルトダウンしているというのです。
爆発によってまきちらされた放射性物質は福島を襲い、原発の周囲をヒトの住めない土地としました。

a0278809_8594677.gif
 
震災から2年半たった昨年9月、2020年のオリンピック開催地が東京と決まりました。
最終選考の席で、わたしたちの国の総理大臣は、原発事故は制御されている。開催にまったく問題ない、と言い放ちました。
原発事故によって福島にさえもどれない人々が5万人もいる前でです。

いつかわたしたちの周囲から、事故を語ることが減ってきたような気がします。
株価もあがり、好況感がこの国を覆います。
辛いこと、いやなことは忘れよう‥‥‥なかったことにしてもいい‥‥‥と。
件の大臣は、事故を経験したわが国の技術は世界最高だと自ら原発のセールスマンを買ってでました。
でも、その「最高」の技術ですら、事故を防げなかったのではないか。

a0278809_90618.gif

こうしているあいだにも、世界の原発から使用済み燃料や廃棄物が続々と産みだされています。
これらが危険でなくなるまで、ものによって数万年かかるとか。
でも考えてみてください。
人類が原子の火を使いだして半世紀‥‥‥そのわずか50年のあいだに、3回も破局的な事故が起きたのです。
それを安全に何万年も保管しろというのですか、ヒトという「種」さえ変わってしまうような歳月を‥‥‥

わたしの母は長崎で生まれ育ちました。
a0278809_902532.gif

わたしもこの町が大好きです。
でも70年前の夏の朝、たった一発の原爆で町は跡形もなくなり、7万におよぶ人々の生命が失われました。
祖父も、祖母もそのひとりです。

福島第一原発の4号機に残る燃料には、広島型原爆の14,000倍の威力が秘められています。
広島の犠牲者は、概ね長崎の倍‥‥‥14万人。
こんな計算に意味があるとも思えませんが、その14,000倍といえば20億、この国を15回、無人にすることができる計算です。
それがたった一つの原子炉に保管されている‥‥‥
なんといえばよいのでしょう。

いいえ、断じて忘れるわけにはまいりません。
あの事故が起こるまで、その危険に目をふさいでいた自分に対する告発をふくめて、断じて忘れるわけにまいりません。
原発と人類とは共存できない。絶対にできません。

a0278809_904511.gif

ただその想いを、多くのひとと共有するすべをわたしは知らない‥‥‥だから黙々と歩きつづけるしかないのだと思います。
[PR]
by march_usagi | 2014-03-01 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/19492580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 柚豆 at 2014-03-03 20:42 x
ショックでした!福島原発の4号機は広島の14000倍だなんて気が変になりそうです。どうして日本人は広島長崎に学ばなかったのでしょうか?一度だけですが広島に行きました。忘れることはできません。今でもはっきり覚えています。みんな行くべきです。勉強しに。
私たちができることはなんだろう   いつも考えています。
福島の農家から月一ですが野菜を送ってもらっています。
いろんなものが入っていて楽しみです。作り手の方の近況報告もあります。放射線量も記入されています。

この三月うさぎさんの記事をたくさんの人が見てくれますように!
Commented by march_usagi at 2014-03-03 22:47
柚豆さま 見ていただいて、ありがとうございます。わたしたちの愛するものを、なんとしてでも守りたいと思います。
人間ひとりのできることは限られていますが、やれるかぎりのことはしたいですね。でなければ子どもや孫、後世の人々に顔向けができない‥‥‥そんな風に思っています。