子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
otyukunさま 名..
by march_usagi at 16:56
良い所がありますね。 ..
by otyukun at 21:29
otyukunさま 暗..
by march_usagi at 20:28
ギリシャの古美術は普通に..
by otyukun at 06:36
ターコーへ 畏敬の念を..
by march_usagi at 12:16
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
畑にきて考える ② あぜ道
at 2017-09-16 00:00
畑にきて考える ①
at 2017-09-09 00:00
沿線の散歩道‥‥‥小田急線
at 2017-09-02 00:00
セミの一生
at 2017-08-26 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

背広が似合わん!

「背広が似合わなくなった」‥‥‥そう云われました。
a0278809_6522022.jpg

背広はビジネスマンの甲冑、戦いの現場に欠かせない‥‥‥そう思って35年間着てきました。
いつかそれは肌のようなものになっていたと思います。
背広が鎧ならネクタイは刀‥‥‥丸腰では歩けません。
a0278809_6523839.jpg

だから現役のあいだは、真夏もネクタイをはずしませんでした。
世間でクールビズだとか云っても、それはお上や会社が勝手に喧伝しているだけ‥‥‥武装解除はいたしません。
第一、背広でネクタイ無しは見た目もよろしくない
a0278809_6525257.jpg

定年からいつか半年‥‥‥
再雇用制度をえらんで職場には通っていますが、やはりそこはなにか変わったらしい。
もちろんまかされた仕事はきちんと掌(たなごころ)に載せています。
わたしはプロなのだから‥‥‥
でも、仕事を支配し、ねじ伏せたいという気持ちは嘘のようになくなりました。
つまり、プロであればよい。それだけでよい。
a0278809_653938.jpg

背広は「肩で着る」と云われます。 たぶんその肩の力がぬけたのでしょう。
だから背広が似合わなくなった。
でもわたしはそれでよいと思っています。
肩の力をぬき、のびのびと残りの人生を楽しんでゆけばよい。
a0278809_653245.jpg

わたしはわたし‥‥‥ようやく見つけられたような気がしています。
[PR]
by march_usagi | 2013-12-07 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/19071541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ippoippoiku at 2013-12-08 11:42
はじめまして。一歩と申します。
家庭の事情で休職しており背広とネクタイから
遠ざかって一年になりますので共感する記事でした。


Commented by march_usagi at 2013-12-08 12:14
一歩さま 読んでいただいてありがとうございます。どこにいても自分に対する敬意を失わないこと、‥‥‥そんな生き方をめざしたいと思います。
ご事情分かりませんが、ご健闘を。
ブログも拝見しました。ちょくちょく寄らせていただきたいと存じます。
Commented by otyukun at 2013-12-11 06:04 x
良い人生ですね。
ほれぼれする様な。
死ぬ迄のたうち回るであろう私の人生と違って憧れます。
Commented by march_usagi at 2013-12-11 09:23
otyukunさま
のたうちまわるのは変わらないかもしれません。たぶんわたしもすると思います。
ただ、組織のためにのたうちまわるのはやめました。
半世紀近く組織の中でだけ生きてきたわたしにとって、それはかなり大変なことです。(ちょっと真面目になっちゃいました)