子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
ヴェネツィアは水の都
at 2017-05-20 00:00
ちょっとお出かけ
at 2017-04-29 00:00
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
卯月の鎌倉
at 2017-04-08 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

帷子川をくだる

せっかく水源までたどったのだから、今度は反対に河口までたどろうと思いました。
a0278809_923829.jpg

といっても、終着点はいうまでもなく横浜港で、何本かの運河となって海と溶けあいます。

a0278809_9232120.jpg

ですので、水源を探すような心細さはありません。

a0278809_928765.jpg

a0278809_9282154.jpg

a0278809_9303371.jpg

西谷のあたりは流れが早いせいか、セキレイやカルガモが活発に川面をあさります。

a0278809_9341386.jpg

a0278809_9342913.jpg

気持ちよいのは、護岸工事をしていても自然の景観をのこそうとしているところ‥‥‥

a0278809_9375140.jpg

a0278809_938787.jpg

途中でいくつもの支流が流れこみ川は次第に水量を増しますが、

a0278809_9392451.jpg

洪水の際にはこの水門からトンネルの分水路を使い、直接横浜港に水を逃がすのだとか。
「暴れ川」の異名をとった帷子川も、これですっかり落ちついた流れとなったそうです。

a0278809_9431292.jpg

わたしの行く床屋さんのご主人は、子どものとき和田町のあたりで水泳をしたとおっしやいます。飛びこむこともできたと云うのですが、どうみても不可能‥‥‥水量が当時と大分変ったのですね。

a0278809_9474636.jpg

a0278809_9475984.jpg

a0278809_9481424.jpg

相鉄線とJRとの乗り入れ工事がすすむ星川のあたりから、流れは澱みはじめます。海が近いからです。
a0278809_9512461.jpg

a0278809_951394.jpg

川上から撮っているのですが、川をさかのぼってくる潮の波がご覧になれるでしょうか?

a0278809_9515568.jpg

海ガモのホシハジロも姿を見せました。

a0278809_9573527.jpg

視界にランドマークタワーがはいるようになると、横浜はもう目と鼻の先‥‥‥

a0278809_9575117.jpg

そして終着点が姿をあらわします。

a0278809_9581253.jpg

振りかえれば、かすむような横浜の小高い丘‥‥‥あそこからずっと歩いてきたのだ。
あとひとふんばり!


とは思ったのですが、わたくしこの日はここで力尽きることにしました。
a0278809_1012416.jpg

近くに角平があるからです。
社会人になって間もないころ、上司のMさんに連れてきてもらったお店ですが、個人的な意見を云わせてもらえば日本で一番うまいと思うお蕎麦屋さん‥‥‥
a0278809_1014027.jpg

おなかぺこぺこだったので、奮発して海老が2本付きの「種もみ」の大を注文します!
つけ天の元祖はここだと云う話ですが‥‥‥腰があって癖がない。お供の海老も絶品です。
a0278809_101538.jpg

もちろんこの方たちもご一緒♪

やれやれ、いい一日でした。
a0278809_102112.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-07-13 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/18052193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2013-07-17 21:51 x
お疲れさま。
可成りの距離だった様ですね。
鳥の中に鵜がいました。
こいつには京都や滋賀が泣かされています。
抜群の遊泳力と食欲で小魚を根こそぎ食い荒らしてしまいます。
鵜が出現するとその川の小魚は消滅の危機に。
残るのは鯉などの大型魚だけになります。
琵琶湖の竹生島ではその糞害で木が枯れる被害も。
鹿もそうですが、どこかバランスが崩れるととんでもない害獣になります。
人間が蒔いた種かも知れませんが。
Commented by march_usagi at 2013-07-17 23:33
otyukunさま
鵜は京都では害鳥なのですね。関東では、上野不忍池と三浦半島城ケ島あたりのほかはメジャーな鳥ではありません。そうですか、そういった問題もあるのですね。とても参考になりました。
鹿と云えば、丹沢のあたりでは大変問題になっています。
こういうと顰蹙を買うのはわかっているのですが、個人的にはオオカミを再導入すべきだと思うのですが‥‥‥