子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

インドが好きかときかれたら

インドにきたひとは、この国を
夢中になるほど好きになるか、
大嫌いになるか、
どちらかしかないと云われます。
a0278809_1716248.jpg

a0278809_17164262.jpg

わたしはどちらだろう?

a0278809_17171394.jpg

インドのひとは美しい‥‥‥男も女もはっとするような顔だちのひとをそこここで見かけます。
だからと云ってこの国が好きになるわけではない。

a0278809_17173273.jpg

街はどこも汚い‥‥‥よごれているし、乱雑だし、
a0278809_17175679.jpg

牛の糞だらけ‥‥‥
a0278809_17181246.jpg

列車の時間はでたらめだし、
a0278809_17182920.jpg

街では怪しい「案内人」がつきまとう。
だからと云ってこの国が嫌いになるわけでもない。

考えてみれば、わたしが子どもだったころ、日本の国土は荒れていました。
ハエが飛び、野良犬がうろつき、子どもたちはみな洟をたらし、寺や神社の入り口には傷痍軍人が物乞いをしていました。
半世紀のタイムラグだと思えばなんでもない。

でも、確かにインドには嫌なところがある。
見えるところではなく、見えないところに‥‥‥わたしたち異邦人には隠されているけれど、でもやはり肌で感じてしまうなにか
a0278809_17185313.jpg

インドではいたるところで所持品検査と金属探知を受けさせられます。
空港でやられるような検査を、観光地でも、ホテルの入り口でも、ショッピングモールでも、
どこでもやられる。
テロがあるから、‥‥‥と云うのだけれど、
待ってください。
テロを怖れるのはその身にやましさが潜んでいるからではないか、
暴力や死をもってしても抗議されるなにかがあるからではないでしょうか。

a0278809_17371192.jpg
早めに目が覚めると、朝の陽光がホテルの庭に豊かな色彩をもたらしていました。

a0278809_17192738.jpg

小道を歩いていたら、園丁の方に会いました。
片言の英語で、庭の植木や花々の説明をしてくれます。パパイヤやハイビスカス、薔薇の花園を案内してくれました。
a0278809_17194233.jpg

a0278809_1720047.jpg

a0278809_1720196.jpg

とても奇麗に育てられている、立派な仕事ですねと云うと、とても嬉しそうな顔をして、わたしたちに薔薇の花を一輪ずつ、手折ってくれました。
a0278809_17205088.jpg

a0278809_17203447.jpg

ホテルをでるとき気がついたのですけれど、彼はこのお米で描く絵を毎日新しい花で飾っている。それも彼の仕事でした。
客やカウンター係やショップの支配人、わたしたちのガイドなどは、彼がかがんで働いていても、まるでそこにいないかのように行き来します。

ふとこれがカーストなのだな、と気づきました。


でもわたしには彼の姿が見える。

わたしは薔薇の花を手折ってくれた彼の優しさを忘れない!


インドが好きか嫌いかときかれたら、
わたしはこの園丁の話をしたいと思います。

彼のインドが好き、
彼を無視するインドが嫌い。

a0278809_1721850.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-05-14 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/17770903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 柚豆 at 2013-05-16 13:17 x
こんにちは、インドの写真を座ったまんまで、見させてもらってありがとうございます。インドを、知っているかと聞かれたら、全く知りませんというしかありませんが、うさぎさんの写真と文章でとても勉強になります。前回の象さんと手をつないだ絵には大笑いしちゃいました。
Commented by march_usagi at 2013-05-16 15:55
柚豆さま 楽しんでいただいて光栄です。わたしの書くものは、たぶんあまり一般的な紀行文ではないと思います。偏ったところをむしろ味わいいただければ、と存じます。
動物のたくさんいる国なので、キャラクターのアイデアはちゃかちゃか浮かびました。