子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま ま..
by march_usagi at 06:44
矢張り夜景は絶品ですね。..
by otyukun at 22:49
otyukunさま ヴ..
by march_usagi at 22:44
矢張り凄い歴史の街ですね..
by otyukun at 22:58
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
アテネの街角で
at 2017-06-24 00:00
アメイジング・メテオラ
at 2017-06-17 00:00
水の都の昼と夜
at 2017-06-10 00:00
ムラーノ島のうさぎ
at 2017-06-03 00:00
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

愛欲のカジュラホ

a0278809_8484246.jpg

どうしてこうも過剰なのだろう!

話には聞いていましたが、カジュラホの寺院を飾る彫刻群のすさまじさには、文字通り圧倒されます。
a0278809_9142946.jpg
a0278809_8523955.jpg

特に目をひくのは過激な性愛のミトゥナ像‥‥‥
a0278809_9154340.jpg

a0278809_9155859.jpg

a0278809_9151256.jpg

これでもかというようにたたみかけます。

禁欲的な方ですと卒倒してしまうような表現が、白昼の屋外に延々と露出します。
いったいこれは何なのか?
a0278809_9174235.jpg

ガイドのMさんは、
「国を富ませるためには、たくさんのひとが必要。産めよ増やせよとセックスを奨励したのですよ」
とおっしゃるけれど、
きっとそんな単純な話ではないと思います。
一般的な解釈としては、性の呪力、魔力、生産力、邪悪なものから世界を守る力、あるいは破壊力としての性、‥‥‥なんてことが云われるのでしょうが‥‥‥
a0278809_9214428.jpg

ふと思いだしたのが、宮本常一さんの『忘れられた日本人』でした。
1960年に出版されたこの書のなかで、宮本さんは明治の終わりころまで、対馬や南河内では「歌垣」の風習が残っていたと記録しています。
お若い方に「歌垣」と云ってもピンとこない方が多いと思いますが、一年のうち限られた日の夜、男女が歌を詠みあい、自由な恋愛をする祭りのことで、それは当然奔放なセックスをともなったものでありました。
a0278809_9262125.jpg

a0278809_9263754.jpg

同書を解説した本の中で、網野善彦さんは、さらに中世の文学にもよく出てくる寺院への独り身の女性の「参籠」と云う儀式にも言及し、
神仏の前では世俗の縁が切れ、日常では許されない性の営みが公然化されたと推測します。
a0278809_93213.jpg

a0278809_927102.jpg

ひょっとしてアジアでは、限られた条件ではありましょうが、神仏の前での男女の自由な交合が儀式として存在していたのかもしれない‥‥‥
妄想めいた思念が浮かんでくるのも、熱帯の暑熱のせいでしょうか。
a0278809_9322032.jpg

それにしてもこのセクシーな曲線‥‥‥1000年を経たものとはとても思えない。
a0278809_9384292.jpg

                   <アンコールワット テヴァタ>

時代的には、カンボジアのアンコール遺跡群とそれほど変わらない時期に建設されているはずなのですが、
a0278809_942306.jpg

神秘性は別として、写実性、彫りの技術において、こちらご本家のほうが一段高いレベルを見せているように思えます。

a0278809_9471937.jpg

a0278809_9493046.jpg

上村勝彦さんの著作によれば、かつてインド神話の主役であったヴァルナやミトラは次第にその姿をかくし、やがてヴィシュヌとシヴァの両神がヒンドゥーのもっとも主要な神の座にのぼってゆくのだとか‥‥‥
ここカジュラホは、そのヴィシュヌとシヴァ両神の相並ぶ寺院群でもありました。
a0278809_9534165.jpg

猪は、ヴィシュヌ神が水中から大地を救いあげたときにとった姿‥‥‥
a0278809_9535526.jpg

ナンディとよばれるこの牛は、ご存じシヴァ神の乗り物です。
a0278809_1025327.jpg

a0278809_1023125.jpg

a0278809_10134068.jpg

それにしても日本の寺社を見慣れたわたしには、このヒンドゥーの聖域はひどく荒々しい。
「聖なるもの」とはそもなんなのか、
なにかひどく根源的な問いがかけられたような‥‥‥そんな気がした一日でありました。
a0278809_101559.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-05-01 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/17695598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2013-05-06 18:12 x
凄まじい彫刻ですね。
時々旅行記などで紹介されちらっと目にする事はありますが、随分丹念に撮影された様で。
やはりこういったものには興味津々、年齢を問わずですね。
日本でも明治以降の西洋文化の影響で性に対するダブーが性道徳として広がりましたが、元々は夜這い等性に対してはおおらかだった様ですね。
昔、小学校高学年の時、有馬温泉へ町内のリクレーションで行った事あります。
男女の入口は別でしたが、中は長く繋がっている混浴でした。
恥ずかしくて前を隠すのに困ったものです。
おおらかなのが良い事なのかは判断しかねますが、男としては良い様な気がしてしまいます。
Commented by march_usagi at 2013-05-07 09:31
otyukun様
あまりに堂々と展開されると、むしろこれが普通で健全のように思えてまいります。ただ、やはり珍しい。他では観ない景観です。ヒンドゥーには「カーマスートラ」もありますし、ある意味ではこれが文化としての伝統なのかもわかりませんね。
Commented by YAGA at 2013-05-13 20:35 x
久々に書き込みいたします。
インドに行った友人から噂には聞いていましたが、すごい彫刻ですね(-_-;)
武蔵多摩の国にも「くらやみ祭り」という夜這いの風習がありましたが、ここまであけっぴろげじゃなかったですもんね。。。
お国変われば、伝統・文化(特に「性」に関しては)大きく違うというのを実感した写真でした。
Commented by march_usagi at 2013-05-14 09:26
YAGAさま お久しぶりです。
異文化ということをしみじみ味わった一日でした。
でも、観ているひとたちはみんなあっけらかんとした感じで、かえって健康的な空間でもありました。日本のその手のものは必ず隠されたところにあって、かえって淫靡ですよね。