子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

タジ・マハル幻想 sanpo

インドへ行ってきました。

やはりタジ・マハルからご紹介することになると思います。
a0278809_1345616.jpg

はじめ、それほど期待していませんでした。
世界遺産には指定されているし、観光案内にはでてくるし、それはもちろん美しいのでしょうが、結局きれいな建物だね、本で見たとおりだね、で終わるような気がしていたのです。
写真もいやというほど見たし、新たに撮るようなものなどあるかしらん‥‥‥
a0278809_1382615.jpg

でも予想は裏切られました!
a0278809_1311026.jpg

たぶんそれは第一に質感の問題‥‥‥半透明な大理石でつくられた巨大なマスの存在感を肌でイメージできていなかった、ということにあると思うのです。
a0278809_13151749.jpg

a0278809_13153796.jpg

a0278809_131755.jpg

それと関連してその大きさ!‥‥‥ひとが蟻のように見える‥‥‥
a0278809_1319279.jpg

a0278809_1323474.jpg

背後が大河なので、背景となるものがインドの空しかない、ということも間違いなく有効です。
空のグラデーションに勝てるとしたら、ほかには大海原しかあり得ない。
a0278809_13284898.jpg

a0278809_1330710.jpg

国の内外から、人々が列をなして訪れるのもうなずける気がいたしました。
a0278809_1339754.jpg

a0278809_13392372.jpg

a0278809_13393658.jpg

このおふたりは、アフガニスタンから来られたというお爺ちゃんとお孫さん‥‥‥お父さんがぱちぱちとシャッターを切っていらっしゃいました。
a0278809_13405422.jpg

この方たちもそうかなぁ‥‥‥
a0278809_13492462.jpg

建物の全体だけでなく、細部まで綿密に仕上げてあるのも驚きです。
a0278809_13494145.jpg

a0278809_13501137.jpg

亡き王妃をしのび、国力を傾けてまで築いたという愛の聖廟‥‥‥確かに一度は訪れる価値のあるところでした。
a0278809_13524365.jpg

[PR]
by march_usagi | 2013-04-06 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/17558957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]