子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
「残響」ってことばがふさ..
by march_usagi at 12:43
見慣れた日本の風景とは全..
by otyukun at 15:28
otyukunさま 謎..
by march_usagi at 22:04
矢張り屋根はあったんです..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 途..
by march_usagi at 12:31
素晴らしい高原ですね。 ..
by otyukun at 23:40
otyukunさま 柱..
by march_usagi at 15:05
堪能しました。 昔から..
by otyukun at 17:16
otyukunさま ま..
by march_usagi at 06:44
矢張り夜景は絶品ですね。..
by otyukun at 22:49
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
デルフィーは世界の中心
at 2017-07-22 00:00
古代アゴラでとける謎
at 2017-07-15 00:00
雲のうえの花園 霧降高原
at 2017-07-08 00:00
アクロポリスの丘
at 2017-07-01 00:00
アテネの街角で
at 2017-06-24 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

還暦とマトリョーシカ

古来十二支と木火土金水=五行の兄弟(えと)を掛けあわせ、60になったらまた元にもどるというのが干支の数え方でした。
極東固有の暦年表示法ですが、つまり60進法なのですね。
その変わり目が還暦です。
あまり認めたくないのですが、わたくしついにその還暦にいたってしまいました。
ありがたくも恥ずかしくも、まさに夢のようであります。
a0278809_16295125.jpg

40のころ、極東ロシアのサハリンで、このマトリョーシカを手にいれました。
でっぷり肥った愛嬌のあるお顔と、深い青の衣装が気にいったから。
a0278809_1630967.jpg

わが家自慢のお人形さんです。
a0278809_16302338.jpg

爾来、食器棚の隅っこから、ずっと謎めいた微笑みでわたしの歳とるところを眺めていらっしゃった。

20年たって、ふと気になってとりだしてみましたら、
a0278809_16303727.jpg

いつの間にかこんなに増えていましたっ♪
[PR]
by march_usagi | 2013-03-22 00:00 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/17439977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2013-03-23 22:57 x
ご無沙汰です。
いろいろご心配をお掛けし申し訳ありませんでした。
還暦おめでとうございます。
私は還暦より六歳の誕生日を病院で迎えています。

四十代にサハリンへ行かれたとか。
ロシアへ旅行とは珍しいですね。
私の周辺では皆無。
姫達磨の様なマトリョーシカは可愛いのですが、これは全て中にしまわれていたのでしょうか?
大きさに余り差が無いので可成り薄く仕上げないと収まり切りません。
とすると大変な工芸品かも。
しかし、可愛いですね。
Commented by march_usagi at 2013-03-24 19:09
otyukunさま
ご闘病中の折、おそれいります。
サハリンに行ったのは、千島最北端の島・占守島での遺骨収集取材の帰りでした。ソ連崩壊の直後で、街もひともすさんでいました。とんでもないインフレの最中で、ロケには分厚い札束を持参しなければなりませんでした。
このマトリョーシカは、数少ない土産物屋で見つけました。よく出来た工芸で、全部体内に入れ子になってはいっています。かわいいのと、よくできているのとで、我が家のお宝です♪
まずはお大事になされてください。