子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
otyukunさま 写..
by march_usagi at 12:29
のどかですね。 静かに..
by otyukun at 22:18
otyukunさま 今..
by march_usagi at 17:26
箱根へ行かれたそうで、春..
by otyukun at 14:46
otyukunさま 声..
by march_usagi at 23:19
良い意味で年齢を重ねて居..
by otyukun at 21:24
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
卯月の鎌倉
at 2017-04-08 00:00
春をよぶ水芭蕉‥‥‥箱根
at 2017-04-01 00:00
歳をとることの孤独と悦びと(..
at 2017-03-25 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

スズメが減った

a0278809_964794.jpg

雀が減ったという話をききます。確かにそうかもしれない。
あのちゅんちゅんと親しみのあるさえずりがめっきり聞かれなくなりました。
a0278809_971859.jpg

田んぼが少なくなったのも、もちろん影響あるでしょう。
a0278809_973475.jpg

マンションや近代的な家屋で「軒先」がなくなったせいだ、巣をかける場所がなくなったからだという説もあります。
a0278809_975259.jpg

反対に鳩はふえました。
昔は‥‥‥わたしの云う昔とはわたしが子どもだったころ‥‥‥つまり半世紀ほどさかのぼることになるのですが、鳩は一部の神社で群れているか、伝書鳩競技の愛好家が2階の物干し場や庭の隅の鳩舎で飼うものと相場が決まっておりました。
a0278809_981112.jpg

それがまぁどうでしょう、ハトトノトラブル‥‥‥わたくし、これは明らかに語彙が不足している、鳩に餌をあげることの良しあしに関するトラブル、つまり「鳩をめぐるトラブル」と書くべきだと主張したのですが、
息子に言わせればこれでよいのだとか。
最近、公園などでひとがお弁当をひらいていると、鳩ががやがややってきて直接ついばもうとするのだそうです!
‥‥‥う~ん、確かに鳩とのトラブル。
a0278809_983110.jpg

同じような異常接近は、鳶との間に頻発しています。
a0278809_985418.jpg

神奈川県の海岸には、最近鳶の被害に注意するような看板がそこかしこにみられるようになりました。
件の息子は大学のキャンパスで、菓子パンを奪われております。
a0278809_991219.jpg

なんだか、ひとと生き物との関係が変わってきたような気がいたします。

a0278809_992823.jpg

烏も都心や郊外の生活を謳歌しています。
a0278809_994055.jpg

わかりにくいかと思いますが、これは昨年電柱のうえにかけようとした烏の巣‥‥‥ですが、完成前に大風にあい、あえなくこの試みは放棄いたしました。
a0278809_995763.jpg

結局向かいの桜の古木に移転してことなきを得たようです。

ただ今年はこの桜の木が坊主にされてしまい、このままではたぶん営巣はむつかしい。
a0278809_9101623.jpg

烏の夫婦になりかわりまして、気をもんでいる今日この頃です。
[PR]
by march_usagi | 2013-03-07 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/17404662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]