子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 農..
by march_usagi at 12:49
二十年余り前、山科に工房..
by otyukun at 15:45
otyukunさま コ..
by march_usagi at 00:10
食料自給率は頭の痛い問題..
by otyukun at 21:26
otyukunさま 植..
by march_usagi at 14:19
野菜作りは天候以外お返し..
by otyukun at 06:57
otyukunさま 針..
by march_usagi at 13:00
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
鴨の祟りのカモ隠れ
at 2017-11-18 00:00
畑にきて考える⑥‥‥‥田と畑
at 2017-11-11 00:00
畑にきて考える ⑤ そもそも農業
at 2017-11-04 00:00
畑にきて考える④ 手間と工夫
at 2017-10-28 00:00
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

芒ぼうぼうと

二つに裂けて傾く磐梯山の裏山は
険しく八月の頭上の空に目をみはり
裾野とほく靡いて波うち
芒ぼうぼうと人をうづめる
‥‥‥後略

高村光太郎  『山麓の二人』の一節です。
a0278809_9214759.jpg

    (『智恵子抄』高村光太郎‥‥‥草野心平編『高村光太郎詩集』角川書店)


磐梯山ではありませんが、この詩に詠まれたような風景が観られるかなと、箱根は仙石原を訪れたのは昨年の9月のことでした。
a0278809_9283040.jpg

a0278809_10122650.jpg

確かに見渡す限りの芒の原‥‥‥「芒ぼうぼう」なのは間違いありません。

ただ残念なのは、この原を周遊できる道がないこと、
a0278809_931314.jpg

一直線の道が200メートルほど延びているだけ‥‥‥
a0278809_9312653.jpg

行き止まりでUターンしてそのまま引き返すしかありません。
ほんとはあてもなくふらついてみたかったのですが、それはここでは許されていないみたい。
a0278809_107836.jpg


いささか欲求不満で帰りの道をたどっていたら、「箱根湿生花園」の案内を見つけました。
なにやら湿原植物が観られるらしい‥‥‥
試しにはいってみたら、これがちょっとした秘密の花園でした。
a0278809_104044.jpg

a0278809_1041839.jpg

a0278809_1043443.jpg

a0278809_1045117.jpg

気にいったのはこの実験地‥‥‥
a0278809_1052299.jpg

箱根の本来の湿原植物群落を回復しようという試みで‥‥‥
冬のあいだ枯れ野に火をいれて表層を焼き、春から夏、秋にかけて、自然に湿性植物の繁茂するのを見守ります。
こういった成熟した配慮が一番うれしい♪
a0278809_1054642.jpg

「湿生花園」は仙石案内所のバス停から10分かそこら。3月下旬~11月末まで開園しています。
a0278809_10651.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-10-20 00:00 | 生きものたち | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/16577390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2012-10-21 22:27 x
芒一面の野原がいいですね。
奈良には曽爾高原という大きな芒一面の高原があります。
カメラマンで一杯。
夕陽を待つカメラマンに混じって撮影した事があります。
良く似ています。
実験地は興味深いですね。
何とか成功して欲しいと思います。
破壊した自然が元に戻る事は稀、貴重な体験資料として後世に生かして欲しいものです。
Commented by march_usagi at 2012-10-22 09:10
仙石原平原では米や作物がとれないので、なんでも茅葺き屋根の原料のために芒の原にしたといいます。
需要がなくなった今は、目を楽しませてくれるだけになりましたが‥‥‥