子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

ヴェトナム、心のふるさと

a0278809_5485936.jpg

ハノイを案内してくれたクンさんには北爆の記憶がありません。35歳くらいにお見受けしましたから、そうであれば77年以降の生まれ、ヴェトナム戦争は終結していました。なくて当然です。わたしに東京大空襲や原爆の記憶がないのと同じことです。

「北爆の傷跡は残っていないのでしょうか」としつこく聞いたのですが、「確かここに爆弾が落ちました」ときれいな庭を案内してくれただけでした。
a0278809_5522436.jpg

考えてみれば戦争から40年近い歳月が過ぎています。ドイ・モイ政策で急速に経済成長を遂げているこの国には、過去の戦禍を今さら強調する意図も必要もないのかもしれません。

街は活気にあふれています。
a0278809_614952.jpg

a0278809_62493.jpg

a0278809_621875.jpg

車やバイク、自転車が河のように流れてきて、わずか10メートルほどの道路でもよほどの決心がないと渡れません。

嬉しいのは、働かされている子どもをひとりも見ないこと‥‥‥
a0278809_652514.jpg

クンさんに言わせれば、ヴェトナムは今教育ブーム。日本と同じく学校が終わるとみな塾通いが普通で、クンさんのご家庭でも最後に帰宅するのは塾帰りのご子息とか‥‥‥いやはや大変です。

若いころ、この国のひとびとの闘いに心をよせたことを、わたしはひそかに誇りにしていました。思いいれもありました。
だから現実の旺盛で、むしろしたたかな暮らしぶりをみたときに、少し戸惑ったことは事実です。
でも考えてみれば、あのとき勝利したからこそ現在のヴェトナムはあるのだし、今日の姿は、あの闘争のまごうことなき成果といえるのかもしれない。
だからわたしは、普通の旅行者として普通にこの国とひとびとを眺めていればよいのだと‥‥‥そういうことなのかもしれません。

観光地は盛況です。
a0278809_6262554.jpg

a0278809_6442492.jpg
 
a0278809_6263973.jpg

                          〈ハロン湾〉

街もソフィスティケイトされてきました。
a0278809_6335913.jpg

                          〈オペラハウス〉

a0278809_6345885.jpg

この地にはもう戦火の跡は見当たらない。


ところが帰国後、思わぬ記事を見つけました。
わたしたちのとまっていたホテルは、国営だったものをフランス系の資本が買い取り、全面的に改装したもので、施設もサービスもいかにも現代風なしゃれたところでした。
a0278809_637573.jpg

ところがこのホテルの地下に、北爆時の防空壕跡が発見された。 平和への記念碑として、一般に公開されるというのです。
当時このホテルには多くの国からひとびとが訪れ、会議や交歓が行われました。 防空壕は、客と従業員とを守るために掘られたものでしょう。
ジョーン・バエズもここで、爆弾の投下されているあいだ、ギターをひき、歌をうたい、ひとびとを勇気づけたのだといいます。
a0278809_640271.jpg

もう少し前にわかっていれば、見ることができたのでしょうが、でもわたしたちが眠っていたその下に、ひとびとの勇気と希望の記念碑が埋まっていたこと‥‥‥それを知っただけで、なにか心が熱くなったのも事実でした。

そう、ヴェトナムは、今も心のふるさとなのかもしれません。
[PR]
by march_usagi | 2012-09-22 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/16206755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]