子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

戦争の残したもの

内戦が終結してから、ようやく国の復興がはじまりました。
とはいえそのペースは決して順調とはいえません。
隣国タイはもちろん、対外的にははるかに大きな戦禍をこうむったヴェトナムからも大きく水をあけられた感じです。
a0278809_11244827.jpg


疲弊した国土に、アンコールの遺跡群は外貨獲得の確実な収入源となりました。
a0278809_11285250.jpg

a0278809_11291453.jpg


近隣アジア諸国から、また遠くは旧宗主国フランスから、多くの観光客が訪れます。
a0278809_11403524.jpg

a0278809_11405598.jpg

a0278809_11411018.jpg


荒廃そのものすら観光資源となっている感があります。
a0278809_11454811.jpg

                     〈ベン・メリア遺跡〉

かつてポル・ポト派がたて籠ったというクバル・スピアンの山岳地帯。急勾配に巨石の転がる一帯は、確かにゲリラ戦に好適な地形に思えます。
a0278809_11522933.jpg

a0278809_11524245.jpg

a0278809_11525340.jpg

息を切らして登りきった渓流のなかに、ヒンドゥーの神々が端坐していました。
a0278809_1201836.jpg

a0278809_1204261.jpg

a0278809_1205868.jpg

a0278809_1211597.jpg

                    〈クバル・スピアン遺跡〉

さすがにこの一帯はまだあまり知られておらず、
a0278809_1233381.jpg

レストランもないので、お弁当持参となりました。
a0278809_12695.jpg

a0278809_1262759.jpg

このお弁当をいただいているあいだ、年の頃なら15、6のもの売りの少女に付きまとわれました。
特にほしいものがあるわけでなく、知人にお土産にするような品物でもないので、断りつづけたのですが、
少女は「わたし貧乏、あなた金持ち、買って」とくりかえします。業を煮やして、「わたしも貧乏だ、買えない」と言いかえしました。
とたんに彼女の態度がかわりました。血相を変え、大きな声で「あなたは貧乏ではないっ!」と叫ぶのです。

わたしは定年直前のごく普通のサラリーマンです。今まで自分が金持ちだなどと思ったことはありません。ツァーの資金もあれこれ工夫して捻出したもの。日本でわたしを金持ちだというひとは絶対にいません。
でも‥‥‥ここではそうだったのです。彼女たちにしてみれば、わたしは遠い国から飛行機でやってきて、ガイドを雇い、車をチャーターし、立派なホテルに泊まり、豪華な食事をし、きれいなものだけ観て帰る富裕な外国人なのです。

学生のころは、まだヴェトナム戦争の真っ盛りでした。
わたしは数え切れないほどたくさんのデモに参加しました。ヴェトナムとインドシナ人民に連帯して、反戦平和を闘いとるのだと、わたしは真剣に考えていました。
ヴェトナムが勝利し、プノンペンが解放されたとき、わたしたちは文字通り踊りあがって喜んだものです。
しかしご存じのように、わたしたちの支持したはずのクメール・ルージュは政権をとったのちに未曽有の恐怖政治をおこないました。わずか1500万の人口しかないこの国で200万近くの人々が殺されたといいます。
a0278809_1211333.jpg

カンボジアにくるのにはこだわりがありました。わたしにはやはり見届けたいという気持ちがあったのだと思います。
a0278809_12144850.jpg

a0278809_12151562.jpg

今もこの国には、学校にいけない子どもが大勢いる‥‥‥それが厳然とした事実です。
働かなければ食べていけない子どもが無数にいる。
a0278809_1219542.jpg

少女の売る笛は、ぽうぽうと悲しい音で響きます。
a0278809_12191918.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-09-15 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/16145373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2012-09-15 06:07 x
昔は社会主義=正義、資本主義=悪という風潮が吹き荒れていました。
論理的に正しいと思われた社会主義も、突き詰める程抹殺される人間が増えると言う現実に社会主義は泡の如く消え去りました。
沢山の命を奪ったこの思想を煽動してきたアジテーター達はどう思っているのでしょうか。
渓流に残された神々達は悲劇から国民を陰ながら解放しようとしたに違いないと思える雰囲気があります。
こんな場所に遺物があるとマルローだけでなく持って帰りたくなりますね。

貧困期の東南アジアでは必ず小さな子供が物売りして家計を助けようとします。
時には犯罪集団と化する事も。
単に買ってあげたり、教育施設を作っただけで解決しないのは歴然。
安価な労働力を当てにする企業進出が無ければ前へ進まないのも釈然としませんね。
Commented by march_usagi at 2012-09-15 23:27
ソ連や東欧でおこなわれた体制、あるいは中国や北朝鮮で敷かれている現体制が社会主義の名に値するものとは、わたくし自身考えていません。
一方で、人々がより平等に、かつ自由に連帯できる社会の理想は決して捨ててはならないとも思っています。
笑われるかもしれませんが、基本はやはりモラルなのではないでしょうか。
今回痛烈に感じたのは、自覚するしないにかかわらず、わたくしたち自身が収奪者であるかもしれないという疑惑です。彼女の批判はこたえました。
Commented by otyukun at 2012-09-19 22:53 x
確かにあらゆる事の基本を制御するのはモラルだと思います。
世界の中で最も社会主義が成功したのが日本だという人も居ます。
それは「絆」に代表される日本人の持つモラルがそうさせたのではないでしょうか。
平等は有り得ないけど、それを目指し続ける事は社会の目的であるべきだと思います。
変な悪平等は御免こうむりますが。

後進国に産業を起す事は彼の地に利益と収奪の両面をもたらす事を念頭に置かないといけませんね。
Commented by march_usagi at 2012-09-20 13:37
個人にできることは、悲しいほど限られていますが、あきらめることなく積み重ねるしかないようです。
賽の河原にいるのは鬼だけでもないと思いますし‥‥‥♪