子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

忘れられた王国

アンコール王朝がシャム王パラマラージャⅡ世に敗北したのは14世紀末のことといわれています。
日本では室町時代の初期にあたるころでしょうか。
滅亡後、王朝の記憶は急速に失われていきます。
a0278809_1051495.jpg

                        〈タ・ケウ遺跡〉

わずかにアンコール・ワットと少数の寺院が宗教施設としての命脈を保ちますが、それ以外の何十とない遺跡群は密林のなかに沈みました。そこに住むクメールの人々でさえ、強大な王国の記憶を失ったといいます。
a0278809_10151277.jpg

a0278809_10201177.jpg

a0278809_10174346.jpg

                       〈ベン・メリア遺跡〉

アンドレ・マルローの『王道』には、奥地に辿りついたクロードがアンコール・ワットの参道でペルケンと会話する情景が描写されています。いかにもとりのこされた文明の諦念と荒廃とがにじみでています。
彼はようやく小さな炎を消した。夜がふたたび、厚く壁面を塗りこめ、その闇は二人の頭の上のところでかすかに微光(たぶん仏陀の前にともされた線香だろう)によってかき乱され、空の星は半ば二人の前にある巨大なくずれた石の堆積によって隠されていた。その山は眼には見えなかったが、闇のうちに存在すること自体によって、あたりを威圧していた。
「泥か?きみにも臭うだろ‥‥‥」

          『王道』アンドレ・マルロー著 滝田文彦訳 新潮社


内戦後、日本をふくむ多くの国際機関が遺跡の発掘と修復に取り組みはじめました。
アンコール・ワットの参道修復には、上智大学を中心とした多くの日本人の貢献がありました。
a0278809_1035110.jpg


熱帯の地ではわが国ではおよそ考えられない破壊と荒廃がすすみます。
その大きな要因は旺盛な植物の繁殖と成長によるもの‥‥‥
a0278809_1045848.jpg

a0278809_10452359.jpg

a0278809_10454547.jpg

                        〈タ・プローム遺跡〉

ガジュマルの大木が、楽々と積み石を覆していきます。

このような環境で、それでも多くの遺跡が生きのびてきたことの方が、むしろ奇跡だったのかもしれません。
a0278809_1049485.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-09-08 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/16078589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2012-09-11 16:36 x
確かに日本では考えられない植物の強さ、インターバル撮影ができればSFの様な絵になりそうです。
映画のロケにも使われるだけの驚きの樹木達ですね。
池の向こう側に見えるのは観光客でしょう、やはり多いですね。
こちらの岩の彫刻群は馬鹿でかいそこにあった岩を削るのではなく集めてきた岩で建物を作り乍ら彫っていた様ですね。
大変な作業、見てみたかった。
Commented by march_usagi at 2012-09-12 09:21
日本の植物には、静的で平和な生きものという印象がありますが、熱帯の植物はとんでもなくエネルギッシュで獰猛です。
「まつろわぬ」どころではありませんね。
彫刻は、地上でそれぞれに彫ったうえで積み木のように組んだものと思われます。本当に大変な作業だったと思います。
あんな高いところにどうやって持ち上げていったのか、しかもきちんと合わせていったのか、興味は尽きません!