子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
京都でも広葉樹は増えてい..
by otyukun at 11:36
otyukunさま ひ..
by march_usagi at 21:29
野菜も奥が深いですね。 ..
by otyukun at 14:19
otyukunさま 我..
by march_usagi at 12:35
秋は何故郷愁を誘うのでし..
by otyukun at 07:48
ターコーへ まったくだ..
by march_usagi at 11:09
otyukunさま 齢..
by march_usagi at 22:17
お仲間で旅行出来るなんて..
by otyukun at 23:03
otyukunさま い..
by march_usagi at 12:27
学校は姿を変えました。 ..
by otyukun at 21:47
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
ブログパーツ
最新の記事
木を憶える
at 2017-10-21 00:00
スルメのぬか漬け
at 2017-10-14 00:00
畑にきて考える ③  ジャガイモ
at 2017-10-07 00:00
この秋
at 2017-09-30 00:00
今年は日光‥‥‥定年少年の修..
at 2017-09-23 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

マルローと『王道』

アンコールを訪ねたのは、たぶん40年前に読んだこの本のせいでした。
a0278809_1772340.jpg

フランスから遺跡調査にきた青年クロードが、自己の影にとりつかれた冒険家ペルケンとインドシナの密林を、毒虫や害獣、恐ろしい部族たちの襲撃をかいくぐりながらも走破し、何百年も前の王たちのつくった都アンコールで、法外な価格で取引される彫刻像を盗掘するという話‥‥‥
もちろん行為そのものはクメールの遺産を盗みとるという不届き千万なものですし、作品を貫くヨーロッパ人優越のオリエンタリズムもいま読みかえせば我慢できないほど鼻につく。
けれど文明をひと飲みにするような圧倒的な生命の氾濫のなかで、人間の「生」の意味をつかむために自分の命さえ賭けてしまうペルケンの おぞましいといってもいいほどの執念と存在感には深く心を揺さぶられたものでした。
a0278809_17112551.jpg

作者アンドレ・マルローが実際にカンボジアの密林にわけいり、遺跡のレリーフを盗みだそうとしたのは今から90年ほど前のこと‥‥‥

その後第2次世界大戦、フランスからの解放と独立、ベトナム戦争、恐怖政治につぐ内戦と クメールの地は激動にさらされつづけます。
a0278809_10595581.jpg

恐ろしい歴史は今日ようやく終末をむかえましたが、国土と人々の心に刻まれた傷跡が消え去るにはまだ長い年月がかかることと思われます。

a0278809_17305580.jpg

a0278809_1757495.jpg

a0278809_1756566.jpg

a0278809_17501987.jpg

不思議な笑みをたたえたこの浮彫こそ、若き日のアンドレ・マルローが盗みだそうとした女神像‥‥‥彼はこれを「東洋のモナリザ」と呼びました。
a0278809_1834898.jpg
a0278809_182399.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-08-25 00:00 | 海の外そぞろ歩き | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/15995139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by otyukun at 2012-08-28 06:22 x
良いですね、アンコールワットへ。
三十年余り前には社員旅行で東南アジアへ何回か旅行しましたが、ここへは行った事がありません。
アンドレ・マルローが遺跡を盗み出そうとした話はこの本から出ていたのですか。
下職さんが行った時撮影した写真を見て、いつかは行きたいものだと思っていました。
何時の事やら。
Commented by march_usagi at 2012-08-28 09:29
30年前ですと内戦がはじまり、地獄絵図となっていた時代です。一般の日本人は立ち寄れなかったことでしょうね。
先日の海外旅行の「満足度調査」ではアンコール遺跡群が堂々の一位でした。ちなみに2位はペルーのマチュピチュだそうです。
あと何回かブログでご紹介するつもりです。見てくださいね。