子どものとき、道ばたの神さまはどこの辻にもいらっしゃった。 年を経て探してみたら、ずいぶんお仲間が減っていた。 小さな生きものと同じ‥‥‥そう、でも、負けないよ♪
by march_usagi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
アウシュビッツの沈黙

アウシュビッツの沈黙

カテゴリ
全体
海の外そぞろ歩き
そぞろ歩き
道ばたの神さま
わたしのお寺と神社
生きものたち
まつろわぬ草木
ちょっとこだわり
おいしいもの好き?
秘密の本棚
匠のおしごと
そのほか
未分類
わたしの好きなブログさん
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
最新のコメント
otyukunさま 潮..
by march_usagi at 16:31
ご無事で帰って来られた様..
by otyukun at 13:59
otyukunさま あ..
by march_usagi at 09:51
お気を付けて。 行って..
by otyukun at 23:43
otyukunさま 世..
by march_usagi at 12:20
私にとって時計を腕にはめ..
by otyukun at 21:35
ターコーへ そうだねぇ..
by march_usagi at 14:43
otyukunさま ほ..
by march_usagi at 15:51
矢張り食べられてますね。..
by otyukun at 11:44
ターコーへ 本文中で、..
by march_usagi at 16:45
最新のトラックバック
かたくりの花 ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
ミズバショウ ~箱根湿性..
from 鴉の独りごと
一夜明けて
from 鴉の独りごと
ノートルダム大聖堂とラテ..
from dezire_photo &..
湿生花園 復元区火入れ3..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ2..
from 鴉の独りごと
湿生花園 復元区火入れ1..
from 鴉の独りごと
仙石原植生復元区 火入れ..
from 鴉の独りごと
明神さんの狛犬たち ~Y..
from 鴉の独りごと
燈明堂跡より ~Yoko..
from 鴉の独りごと
検索
タグ
ブログパーツ
最新の記事
残照のヴェネツィア
at 2017-05-27 00:00
ヴェネツィアは水の都
at 2017-05-20 00:00
ちょっとお出かけ
at 2017-04-29 00:00
時の消えていく日々
at 2017-04-22 00:00
なつかしい不味さ‥‥‥インス..
at 2017-04-15 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
オヤジ
歴史
画像一覧

大江健三郎さんのこと

大江健三郎さんは、わたしたちの時代の旗手でした。
a0278809_2284852.jpg

60年代から70年代、むさぼるように大江さんの本を読んだものです。

94年のことだったと思いますが、広島の原爆ドームを撮影する仕事がありました。
川沿いのドームの対岸にカメラを構えて、朝日が印象的にさしこむ瞬間をねらっていました。首尾よく太陽がのぼり、監督が「さあ回すぞ」とカメラマンに合図しようとしたときに、ドームの裾のあたりでひとの動いている気配が目にはいりました。
よく見ると、せっせと撮影用のレールを敷設しているようです。わたしたちとは別の撮影隊がはいってきたのですね。
そのままでは、撮影できないので、少しのあいだだけ先方に待ってもらうよう交渉することにしました。向こう岸へは、川沿いに100メートルほど下流の橋を渡っていかなければなりません。ぐずぐずしていると太陽の位置が変わってしまいます。全力で橋まで走り、渡り、Uの字にまた100メートル戻ってドームの前につきました。
NHKの撮影隊の方たちでしたが、事情をお話しすると快く機材をひきあげてくれました。対岸のクルーに手ぶりでOKの合図を送り(当時携帯は持っていませんでした)、また全力で200メートル走りはじめました。
途中川沿いのベンチにちょこんと座った人影が目にはいりました。たぶん番組に出演される方たちだと思いました。お待たせしてしまうのでご迷惑がかかります。直前で会釈をし、また走りだしたのですが、20メートルほど行ったところではたと思い当たりました。大江さんです。
あわててまたとって返し、ベンチの前で「失礼ですが、大江先生ですか?」と声をおかけしました。大江さんはあのお顔で「そうです」とうなずかれます。隣にいた青年は、ご子息の光さんでした。「対岸で撮影しています。すみません、お時間をおかけして申し訳ありません」と頭をさげるとにっこり微笑まれ、「いいえ少しもかまわないのですよ」とおっしゃってくれました。やさしい笑顔が心にのこりました。

大江さんと言葉をかわしたのはその一度だけですが、その後何度か大江さんをむかえたフォーラムの現場でお見かけしました。大江さんのアテンドを担当するスタッフから、「大江先生に往復の御車代を渡そうとしたら、『わたしは電車できますから、必要ないのですよ』ってうけとられないのよ」と、愚痴のように言われたこともありました。

a0278809_22204173.jpg

a0278809_22211724.jpg

その大江健三郎さんが、7月16日の「さよなら原発10万人集会」の演壇で語りかけています。わたしの位置からは小さくて見えないし、17万人の人々のなかで、か細い大江さんの声はあまり聞こえません。でも言いたいことはわかります。見あげると何機ものヘリコプター‥‥‥

a0278809_22213893.jpg

爆音でますます聞きとりにくくなりますが、お話は途切れることなく続きます。


インテリゲンチャという言葉をきくことがなくなりました。ひとによってなにか上からの物言いに感じられるのかもしれません。けれどわたしは知の力を信じているし、その信仰は寸時も揺らがない。人々の理性とそれを表明する勇気こそが現実の闇をはらう光だと思っています。
大江さんは、インテリゲンチャの旗をおろしません。より高く、高く掲げていらっしゃる。

子どもや、孫たちにわたさねばならぬもの、もしそんなものがあるとすれば、それはわたしたちが積み重ねた知性と勇気の他にない‥‥‥わたしもまたそう信じています。
a0278809_22215927.jpg

[PR]
by march_usagi | 2012-07-20 22:30 | ちょっとこだわり | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sannusa.exblog.jp/tb/15806287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-07-23 03:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by march_usagi at 2012-07-23 09:10
ご連絡ありがとうございます。早速検討いたします。
Commented by otyukun at 2012-07-26 21:39 x
過日の十万人集会の写真の様ですね。
アメリカは開拓魂に溢れる正義の国ではありますが、その独善たる正義は往々にしてピントがずれています。
今世紀の世界の大事件はそのズレが大きく現れたものばかり、全てアメリカが原因です。
我国の原発もアメリカの戦略にまんまと乗せられた一部の新聞と政治家のお陰で充実してしまいました。
なるほど安価に電源が確保出来るのは間違いなかったのですが、地震大国の日本である事、廃炉にとてつもなく費用が掛かる事を頭の奥底に追いやっていました。
大江さんはずっと前からその事を指摘し続けられてきました。
今思うとずっと毛嫌いしてきた大江さんの言行が正しかった訳です。

このブログで大江さんの人となりの一部を知る事が出来ました。
有難うございました。
Commented by march_usagi at 2012-07-27 09:26
この集会で瀬戸内寂聴さんも発言されていました。
瀬戸内さんにも何度かお会いしているのですが、とても生き生きとしたかわいらしい尼さんです。
さまざまな経験を積まれたうえで、やはり言うべきことは言おう、という境地になられたのだと思います。